« サバイバルゲームの思い出 | Main | いまが買い時なのかも知れないが »

July 08, 2009

未来のカメラとしてのiPhone

 iTunes StoreでiPhone用のソフトを調べると判るのだが、今iPhone用のカメラアプリが面白い。顔自動認識機能を持つもの微速度撮影機能を提供するもの、料理の写真を美味しそうに変換するもの、トイカメラ風の写真が撮れるものなどおよそ思いつきそうな機能は一通りあると思うほどだ。
 こうしたことが可能なのも、iPhoneのカメラがソフトから制御できかつネットワークとも繋がっている事による。実は最近のデジカメもクローズドながら実際はほとんどソフトによって動いている。シャッターや露出のコントロールはもちろん、それ以前のCCDからどうやってデーターを取り出し、圧縮しそれを画像にするかといったフィルムに当たる部分さえ、大部分はソフトによって決まるのだ。
 だが普通のカメラはこうしたプログラムがいじれない為、ユーザーがコントロールするのは難しい。もちろんデーターをRowなどの形で取り出して現像ソフトでいじることでだいぶ自由度は増すものの、カメラ本体を制御する事は無理だろう。実はこうした機能を全てコントロールできるオープンソースのカメラも存在するのだが、これはこれで敷居が高い。
 だがiPhoneの場合、ソフトのアクセスに対する敷居はそれなりに高くてもユーザー数が多く(iTunes Storeで販売できるなどの特典により)参入意欲を高めてる事により、こうしたツールを作る人を増やすことに成功している。iPhoneのカメラ機能はそれほど高くは無いものの、案外次世代のカメラの方向性を形作るきっかけになるのではないだろうか。

|

« サバイバルゲームの思い出 | Main | いまが買い時なのかも知れないが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/45569612

Listed below are links to weblogs that reference 未来のカメラとしてのiPhone:

« サバイバルゲームの思い出 | Main | いまが買い時なのかも知れないが »