« July 2009 | Main | September 2009 »

August 31, 2009

民主党政権で自殺率や失業率は急速に悪化するだろう、だがそれが隠されていた本当の数値なのだ

 選挙も終わったので久しぶりに政治ネタ。
 以前から日本の失業率や自殺者数は本当の値よりも良くなるように改ざんされていると言う話がある。例えば失業率ならば、政府の失業者の条件は「調査期間内に1時間以上の仕事をせず、求職活動に励み、仕事が決まればすぐに働ける」と言うものだ。つまりまったくの無収入でも、エネルギッシュに求職活動をつづけることができる、恵まれた状態の人だけが政府の言う失業者に成れる訳である。
しかし実際には完全な無収入で就職活動をするのは難しい、しかし1時間以上のバイトをすればその時点で失業者では無くなってしまうのだ。ちなみにアメリカの計算方法では就職先が決まって自宅待機中の者や一時解雇の者も失業者に含まれる。日本でアメリカ方式で計算すれば今も失業率は10%を超えているとさえ言われている。

 また同様に自殺率もうさんくさい。何より最大の問題は死因を判定するための「監察医」が日本では非常に少ないことだろう。どのくらい少ないかというと監察医制度のある都市での法医学の専門家は東京50人 神奈川3人 愛知8人、大阪 33人、兵庫11人で全国で150人しかいないのである。そのため自殺や犯罪性が疑われた死体でも法医学者の目に触れることなく、適当な病名をつけられ火葬されてしまっているのが現状だ。ちなみに変死体の解剖率はアメリカ12%、イギリス24%に対し日本ではわずか4%である。さらにこれには行方不明者が含まれてない。行方不明者のうちの何割かは自殺者と言うのが定説だが、それを含めると日本の自殺者数は現状の年間32249人を超え10万人の大台に達し、人口10万人あたりの自殺者数は23.7人(これでも既に世界8位)をはるかに超え世界一位のリトアニア(38.6人)以上になると言うのである。
 そして粉飾されていると噂されている数値はこれだけにとどまらない、年金問題を初めとした社会保障費の実情や国の財源、更に数値ではないが核持ち込みに関するアメリカとの密約のような隠された負のデーターは山のように存在するのだ。

 さすがに自民党政権も今回の選挙の前から隠しきれないと思ったのだろうか、核持ち込みなどいくつかの項目については非公式な形でその存在を認め始めた。
 これから民主政権に変わることでこうした数値や密約は今後次々と明らかになるに違いない。その時自民党は「民主党政権に変わってここまで数値が悪化した」と言うのだろう。だがその悲惨な数値こそがこれまで自民党政権が育んだ日本の本当の姿なのである。


参照:
「完全失業率」ってなに:1998年5月7日付「しんぶん赤旗」
殺人天国日本:変死体の監察医

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2009

銀座自転車事情

Bycycles_in_ginza

 銀座で働くようになって気づいた意外な発見の一つは自転車が多く止めてあることだ。確かに銀座は道路が碁盤の目状で平坦な割に、人も車も混雑しているので移動には自転車がもっとも快適なのは判るのだが、何となく高級そうな街のイメージから自転車があるとは思えなかった。
 だが実際には写真にあるようにちょっと路地裏に入ると至る所に自転車が止めてある。それも意外(?)にもママチャリも多いのだ。しかも土地柄メッセンジャーが多いのは当然として、結構普通のサラリーマンなどが通勤や移動に自転車を使っているみたいなのだ。確かに都内は自転車で移動すると判るのだが実は都内は結構狭い。電車で30分程度なら(渋滞や迂回しない分)自転車でも十分通える距離なのだ。
 ネットでググるとこうした都内近郊から自転車通勤をしている人は結構な数がいるらしい。これまで新宿や渋谷などの大都市で普通に自転車に乗っている人を見て、どこから来たのか結構不思議に思っていたが、電車から見ると結構遠そうな所から自転車で来る人も多いのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2009

定例の自転車日記(橋本で迷う編)

 先週、津久井湖に行ったせいかそれとも仕事で疲れたのか、どうも疲れが抜けない気がしたので野猿街道を相模原方面に進み、多摩美の先で16号経由で多摩ニュータウン通りを戻るはずが、案の定またもや橋本周辺で道に迷ってしまった。
 本来、そのためにGPSを付けているはずなのだが重度な方向音痴の私はそれでも地図を読み違えてしまうのだ。そんな訳で橋本周辺を延々と迷った末、ようやく多摩ニュータウン通りに入ることが出来て戻ってこれたのだが、暑さのせいか距離の割にはえらく疲れてしまった。やはり500mlのペットボトル1本では夏には足りないようだ。
 それにしても毎日、自転車通勤やトレーニングで毎日何十キロも走っている人たちはいったいどうやって疲労回復しているのだろうか。


今日の自転車ログ

移動距離:56.0km
全体平均速度:22.4km/h
移動平均速度:27.8km/h
最高速度:52.7km/h
合計時間:2:30
移動時間:2:00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2009

韓国料理を作りまくる

Boild_beef_and_bean_sprouts

 最近、短い記事ばかり書いているので質を量でカバーすべく(笑)夕食を晒す。
月末でお金が無かったので安くて旨いをモットーに夕食を作っているのだが、今回は韓国料理を作ってみた。賞味期限が近くて40%オフになった食材を使ってはいるものの、これ全部で500円以下に抑えていると言ったら驚くだろうか。
 メニューは「牛肉ともやしの重ね煮」「韓国冷や奴」そしてお味噌汁とご飯。ポイントはタレを使い回せることで醤油+胡麻油+みりん+粉唐辛子+すり胡麻のタレを多めに作り、冷や奴と重ね煮の味付けに使っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マニフェストマッチ

 速水さんのTwitterで知った、Yahoo!がやっているマニフェストマッチが面白い。各政党のマニフェストを覆面で表示した中から選ばせて、先入観抜きで自分の希望する政策を目指す政党を選べると言うものだ。
 自分も早速やってみたが、予想に反して自民・民主以外の党が並んでしまった。だが現在の小選挙区制だと、たとえ政策が支持できても議席が取れそうもない政党への票は死票になってしまう可能性が高い上、自分の選挙区に目的の政党の候補者がいないと言う可能性もある。
 結局、自民・民主の競争になってしまうのだろうか。残念だがそれでも選挙権だけは行使したいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2009

危険なフランスパン

 最近口の中を怪我することが多い。歯を磨こうとしたり、うがいをしようとしたときに想像時用の出血があってびっくりして調べると、いつの間にか口の中を切っているのだ。
 最初は何故だか全く判らなかったのだが、何度も同じ目に遭ううちにどうやら朝食のフランスパンを食べるときに切っているらしい。確かに日が経ったフランスパンはとても堅く、下手をすると人を撲殺できるのではないかと思う事もあるが、まさか本当にパンで切っているとは思わなかった。しかし、確かに朝食の後よく調べると確かにあちこち切っているのだ。
 以前、ブッシュ大統領がプレッツェルを喉に詰まらせて死にかけた(とネタにされた)事があったが、まさか自分も同じくらい間抜けな目に遭うとは思わなかった。もっと落ち着いて食べろと言うことだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2009

何故自分はロードに乗るのだろうか

 どんな趣味でもそうだが、人から何故それをやっているのと聞かれると意外に答えられない事がある。まあ、単純に当人が楽しいのが一番の理由だろうが、スポーツ系の趣味などはよく考えるときついは危険やらで何故やっているのかよく考えると判らない時もあるのではないだろうか。
 そして最近の自分がまさにその状態になっている。自転車に乗っていると確かにそれなりに爽快なのだが、疲れるし夏は暑いしよく考えると自分でも動機が判らない。始めた理由は太りすぎ防止で明確だったのだが…
 まあ今でもそれが最大の理由なのは確かだろう。このBlogを読んでれば判るように、最近は自転車と食べ物ネタが大半だ。だが好きなだけ食べたければその分をどこかで消費しなくてはならないのは当然だ。しかも私は更に酒も飲むのだ。(あくまで食べる量を減らすと言うのは選択肢には無い)そうした点では自転車はカロリー消費に優れたスポーツだからありがたい。(後、効率がいいのは水泳らしいが、やれる場所が限られているのが問題だ)
 そんな訳で自分にとって本格的に乗っている人のように、レースに勝つためにウェイトコントロールをして食べる量を減らすなどと言うことはあり得ない。ただ最近は調子にのってえらく食べる時があるので、更に乗る量を増やさなければならないと言う事態になっているだけである。
 うーむ、こうして考えると十分運動して筋肉を付けるため十分食べるという案外正しいトレーニングの道に進んでいるのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2009

自転車で津久井湖まで行く

In_tukui

In_tukui2

 昨日ネットで見つけた「4つのサイクリングロードをつないで日本海へ」を読んでテンションが高まってしまったので、今日はちょっとだけ早起きして少しだけ遠くまで行ってきた。
 とはいえへたれロード乗りの自分は既に8:00に起きた時点で負けている。結局、いつもの定番コースの尾根幹道経由で国道413号を通り津久井湖まで行ってきたに過ぎなかった。津久井湖さらにその先の相模湖はロード乗りの定番のトレーニングコースだが、確かにロードも多かったものの橋本や町田周辺からだろうか、結構クロスバイクなどで来ている家族連れの人などもいてもっと気楽なサイクリングコースであることを実感する。また車などで来た人も多かったようだ。
 結局起きるのが遅かったこともあり、うだうだしているとお昼までに帰ることが出来ないので早々に引き返し正統派(?)トレーニングらしく津久井湖を後にする。行きも帰りも時々ロードに乗った人たちと出くわすが、微妙にコースが違うのか大して併走することもなく家にたどり着く。とはいえ下手に併走しても年甲斐もなく無意識のうちに競争モードになってしまうのでこれで良かったのだろう。
まだ昼過ぎだが、今日の夕ご飯はビールが美味しく飲めるに違いない。


恒例のLog

移動距離:64.1km
全体平均速度:22.3km/h
移動平均速度:26.8km/h
最高速度:56.6km/h
合計時間:2:52
移動時間:2:23

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2009

アソスのグローブを買う

Assos_glove

 ある程度本格的に自転車に乗るならグローブは必需品だ。ちょっと手をつくときに怪我や汚れを防げるし、なにより事故らなくても手をつく事なら自転車では日常的にあるからだ。
 そしてこれまで使っていたグローブがとうとう寿命なのか裂けてしまった。夏用のグローブはガンガン洗濯する上に生地が薄く、ちょっと引っかけた穴がいつの間にか大きくなってしまうのだ。そんな訳で次のグローブは有名なブランドもののASSOSのものにしてみた。以前は国内品と倍以上の価格差があった外国製のウェアも、円高のおかげで最近だと結構安くなってきたので手を出しやすくなったからだ。
 使ってみてのインプレだが、結構高いだけのことはある。昔はグローブやソックスなどの小物は有名ブランドも手を抜いていて値段ほどの価値はないというのが定説だったが、最近は改心したのか少なくともASSOSのものは色々工夫が凝らされている。まず感じるのは見た目の小ささに反し生地の伸縮性が非常に高いせいで窮屈な感じが無いというのがある(ただし付けるまでが面倒だが)。それとASSOSお得意の立体裁断のおかげでハンドルを握ったときに握りやすい(ただし普通に手を広げていると、窮屈な感じがあるが)。後は手のひら側まで通気性が高そうな素材を使っているおかげで結構涼しく汗が乾きやすい事だろう。
 はたしてグローブまで投資すべきかは微妙な所だが、通販などで安くなっていたら試してみるのは悪くないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2009

低コスト生活への憧れ

 いつも仕事に追われる事が多いせいか、それとも根が怠け者なのか、実はのんびりした生活に憧れている。そもそも日本人は働きすぎるのだ、以前書いた「本当は豊かな、あるいは怠け者の楽園だったソビエト連邦」ではないが一日3〜4時間の労働で過ごすのが理想なのだ。
 しかし現実問題としてそれはなかなか難しい。見渡してみれば不動産や株などで不労所得で食べている人もいるのだが、そう簡単には成れないのが現実だ。
 そんなわけで生活コストを切り詰めつついかに快適な生活を送れるかを最近は考えている。幸い料理を作るのは苦にならないので、食費だけは以前に比べると飛躍的に安くすませることに成功した。それでも何故か給料日前にはいつも綱渡り状態だ。いったい何に消えているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2009

中堅どころから始まる新しい仕事の形

 最近中堅クラスのゲーム(パチンコ)開発会社で仕事をするのだが、意外なのは人件費の安い地方にもオフィスを置き、SkypeやPS3でTV会議システムを構築して仕事を進めている所が多い事だ。PS3がTV会議に使えるのは知っていても実際に使っているのはなかなか無いものだが、いざ体験してみると(光回線以上であれば)想像以上に使えるものだった。なによりマイクが良いせいだとおもうが、普通に会話をする感じで声が通るのがいい。
 その他に知り合いの方のソフトハウスの話だがSkypeを使って週の大半を在宅勤務可能にしている所もある。意外に縛りの少ない中堅どころから、新しいワーキングスタイルは始まっているのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2009

上野で飲みまくる

Motuni

Motuyaki

Kuziraziru

Daisann

 上野の有名な居酒屋「大統領」に行ってきた。このお店はいつの間にか観光名所化して上野の居酒屋で最初に名前が挙がるお店になっている。もちろん味・値段からそれだけ有名になるだけのコストパフォーマンスを誇っているが、正直混雑を押して行く気にはならなかった。
 だが、お盆の最終日にいったおかげでなこか16:00に行っても入れないと言う事態は避けられ、無事にお店に入ることが出来たので、すっかり幸せな気分を満喫できた。なるほど人気店だけのことはある、メニューは300円前後のつまみが多いのだが、頼んでみると他店で500円台のつまみに匹敵するものも少なくない。これなら夕方には行列が出来て入れないのも不思議ではない。特筆すべきはくさややフグ、馬肉など他店だったら珍味扱いのものが普通にメニューにあることだろう。もちろん値段も他のものと変わらない。おかげで我々は日頃は口にすることのない様々な珍味を満期できたのだ。
 2件目は同じく上野の「大山」に行く。ここは立ち飲みながら絶品のコロッケ・カツレツなどが100円前後である上に、ホッピー・ハイボールなどが飲めるのだ。もちろんつまみは絶品でテイクアウトも可能である。コストパフォーマンスから言えば最高の部類に入るだろう。
 おかげで自省したにも関わらず結構飲み過ぎてしまい何度も電車を乗り間違え、なかなか家にたどり着けなかったのは内緒である。
 それにしても素晴らしいコストパフォーマンスだった。典型的な大衆居酒屋なので猥雑な雰囲気が駄目な人には勧められないが、とにかく値段に比べて上手い酒とつまみが欲しい人にはお勧めのお店と言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お台場ガンダム再び

Odaiba_gm_2

Odaiba_gm_3

 一昨日、再びお台場ガンダムを見に行った。前回、行ったときはそれなりの人出だったので噂で凄い人出だと聞いていたものの高をくくっていたのだが、ゆりかもめの台場駅に着いた時点で何故か入場規制が行われているではないか。その時点ではこれがお台場ガンダムを見る人のせいだとは夢にも思わず「フジテレビで今なんかイベントでもやってたっけ」などと会話を交わしていたのだった。
 しかし潮風公園に近づくにつれ人混みは増え続け、ようやくこれがお台場ガンダムを見に来る人だと言うことに気がついた。気がつくのが遅れた理由の一つはてっきりガンダムを見に来る人はいわゆるオタク層やアニメ・漫画好きに違いないと思っていたのが、そこら辺を歩いてそうなごく普通の人々(子供連れも多かった)だったからである。
 写真を見てもらえれば判るようにそれにしても凄い人出だ。ガンダムは広く人気があるとは言われているが改めてそれを実感する。しかし、それでもここまで人が来るとはいったいなんだろう。お祭りの一つと認識されているのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2009

ロシア語の移動に関する動詞の話

 前にもちょっと書いた気がするが、ロシア語の移動に関する動詞は難関の一つだ。特に困るのはある場所に移動するときに同じ「歩く」でも2つの形を持っていることだ。「定動詞」と「不定動詞」と言うのだがこの違いは以下のようになっている。

・定動詞:一定方向に向かって移動している。
・不定動詞:繰り返し通う。あちこち(寄って)いく。

しかもこれにロシア語の動詞のやっかいな変化である「完了体」と「不完了体」の変化も加わるから大変だ。おまけにロシア語では日本語以上に「〜へ行く」動詞が細かく分かれているから堪らない。
まあ「定動詞」と「不定動詞」の区別は不完了体のみにしかないのだが、かえってこれが完了体と不完了体の区別が判らないうちは混乱の元になりかねない。

 そんなわけで例えば「行く」を例に取ればこんな感じの区分になる。



不完了体定動詞不定動詞
歩いて行くидтиходить
乗り物で行くехатьездить
完了体定動詞不定動詞
歩いて行くпойти無し
乗り物で行くпоехать無し

さらにこれはほんの序の口で、更にこうした区分は「走る:бежать/бегать」「飛ぶ:лететь/летать」など数多くの移動の動詞で存在する。

 そしてこれらを使って文を作る場合、当然行き先を示す必要があるわけだがこれもいろいろめんどくさいのだ。単純に前置格と言う英語のtoやforなどに当たる語を使って示せば良さそうだが、ロシア語の場合この前置格に合わせて後に来る語が変化するのだ。
 例えば単純な行き先なら前置格вを使って表すが、вの後ろには対格に変化させなくてはいけないし、その他の場合には以下のように変化する。
・ある範囲を移動して回るならこれが「по+与格」
・複数のお店など範囲ではなくて何カ所かを回るなら「по+複数与格」
・外国へのような「〜の向こうに」だと「за+対格」
・「〜の方へ」などのような方向だと「к+与格」
・「車で・自転車で」など移動手段を付け加えるときは「на+前置格」

まあざっと書いただけでもくらくらしてきたが、そんな訳で単に「これから新宿に行きます」と言う文でもロシア語だと「えーと、徒歩じゃないからехатьかな、でもこれから行く近未来だから完了体を使って(*1)поехатьになるから"Я поеду в Синжуку."か?」と言うふうに試行錯誤する羽目になるのである。

*1:完了体は「〜した」と言う終わったことを示すので、現在形で使うと(まだ終わってないので)近未来を示すことになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の自転車ログ

 最近、ロードバイクで路上を走ることが増えてきた。今回も恒例の尾根幹道を通り相模原の手前の町田街道で右折し多摩ニュータウン通りを経由して戻ってくるコースだ。
 思うに路上を走るのが楽しくなったのは良いコースを開拓したのもあるのだろう。道が広く車が少なく歩道と路肩が整備されていて走りやすい道と言うのは走っていて気持ちの良いものだ。しかも帰りのコースにあたる多摩ニュータウン通りは理由は分からないが結構すいてて、さらに緩やかな下りがずっと続いているので帰りの足取りもはかどるというものだ。
 それにしても最近はロードバイクを見かけることが多くなった。以前、ハテナブックマークで初心者向けロードバイクの記事がブクマを集めていたが、未だに実感はないもののこういうのを見るとやっぱり流行っているのだと思う。ただ問題なのは路上で同じロードバイクを見かけるとついつい意識して競争っぽくなってしまうことだ。別にレースを目指している訳でもないし、第一危ないのは判っている。友人には年を考えろとさえ言われてしまったのだが、やっぱり前を走っていると抜きたくなるのは人間の性なのかも知れない。


恒例のLog

移動距離:44.3km
全体平均速度:24.4km/h
移動平均速度:27.8km/h
最高速度:50.9km/h
合計時間:1:48
移動時間:1:35

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2009

夏野菜と牛肉の蒸し焼き

Jalkoe

 以前も書いたような気がするがネタ切れ(と言うか忙しくてBlogを更新する暇がない)なので、またもや作った料理の話を書く。
 今回はロシア料理の一つ「夏野菜と牛肉の蒸し焼き」ЖАРКОАだ。作り方は簡単で夏野菜をざく切りにし塩・胡椒を振ってバターで炒めた牛肉と共に鍋に入れ、ローリエを入れ、塩・胡椒で味を付け、少量の水を加えて蒸し焼きにするだけである。
 できあがったらハーブ(ディル・パセリ)とすり下ろしたニンニクを混ぜて出来上がりだ。野菜たっぷりでしかもビール・ウオッカにも合う夏のおかずのお勧めである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2009

銀座食事事情(格安編)

 銀座でランチというとどんなイメージだろうか。多くの人は高いと思っているに違いない。確かに私も以前休日に銀座でお昼を食べようと、飛び込みでそこら辺のレストランに入ったら5000円以下のメニューが無いと言う恐ろしい経験をしたことがある。さらにその後、喫茶店でも一杯のコーヒーが千円だったりして、その思いは深まるばかりだった。
 だが現在仕事で一時的に銀座の会社で働いているのだが、意外に銀座でも安く済まそうと思えば結構安く昼食が食べられることが判明した。それは「お弁当」を買うのである。お弁当というとコンビニやチェーン店のイメージが強いかも知れないが、意外にも銀座では結構立派な見てくれのお店が500円程度のお弁当を売っていたりするのである。それどころか探せば立派な中華料理屋が350円でお弁当を売っていたりして、想像以上にコストパフォーマンスは悪くない。
 もちろん値段が値段なので立派な中身を期待してはいけないが、それでも私見ではコンビニ弁当よりも悪くないと思う。しかも店によってはこの値段でお味噌汁がついていたりするである。これまで銀座で働いているサラリーマンもみな高給取りでは無いはずなのにどうしているのだろうと思っていたが、これで謎が氷解した。実際、安くて美味しいお店はいつもサラリーマンやOLが行列を作っていてあっという間にお弁当も売り切れてしまうのだ。そんな訳で安くて美味しいものを食べたければ昼休みになったらダッシュで店に向かわなくてはならない。
 残念ながらこの方法、休日は使えないし食べる場所の問題もあって地元で働いている人以外は使えないかも知れないが、それでも知っておいて損はしないと思うのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2009

自転車トレーニングコースを修正する

 以前、自転車トレーニングコースを開拓した話を書いたが、今更ながら当初思っていたのとは全然違う道を走っている事が判明した。これまで尾根幹線だと思っていたのは多摩ニュータウン通りで尾根幹線では無かったのだ。
 そんなわけで今日になって始めて本来意図した尾根幹線を走ってみた。今月のBiCYCLE CLUBで紹介されていたせいだろうか結構多くの自転車が走っている。それも本格的なロードが多い。だが雑誌では適度なアップダウンと走りやすさが人気だとあるが、想像以上に車は多いし、自分にとってはアップダウンがきつすぎる。どちらかといえばこの前走っていた野猿街道の方が快適な感じだ。
 ところでこの道、高千穂遙氏は一日おきに2往復しているそうだが、たまたま当人と思われる人が走っているのに遭遇した。と言っても反対車線をすれ違っただけで、しかも恐ろしく早いので確認出来た訳ではない。ただ雑誌に載っていた写真と同じ格好で同じ自転車だったので多分そうじゃないかと思うのだ。
 それにしても今日はコースを変えたせいか、やたら同じように走っている人に遭遇した。やっぱり自転車が流行っているというのは本当なのかも知れない。

恒例のLog

移動距離:40.3km
全体平均速度:23.5km/h
移動平均速度:27.9km/h
最高速度:53.4km/h
合計時間:1:43
移動時間:1:26

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2009

今日も自転車で走る2

 今日は曇りで湿気は多いもののそれなりにしのぎやすそうだったので、南大沢経由で休日恒例のコース(野猿街道→尾根幹線)を自転車(ロードバイク)走ってきた。
 途中、結構早そうな人と会ったのでしばらくついて走ってみたのだが、ハンドサインの出し方やペダルを回す速度など自分の走りと比べると色々と参考になって面白い。特に感じたのはスピードを決めるポイントはやはり平地を走る速度だと言うことだ。大体、平均速度は40km/hに近かったのではないだろうか。だいたいこの速度は自分にとっては平地の上限速度に近い速度だ。数キロ程度しかついて行けなかったが、これで巡航出来るようになればかなりレベルアップが出来そうだ。
 今回は電池切れでGPSが落ちまくったのであまり当てにはならないが一応恒例のログも載せておこう。

今日の自転車ログ

移動距離:39.2km
全体平均速度:23.3km/h
移動平均速度:28.5km/h
最高速度:54.5km/h
合計時間:1:41
移動時間:1:22

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2009

アラブ風ピーマンの肉詰め

Stuffed_pepper_1

Stuffed_pepper_2

 挽肉が安かったので、その一部を使ってピーマンの肉詰めを作ってみた。本当は肉詰めの具にはハンバーグ宜しくパン粉や玉子を混ぜるのだろうが、あいにく切らしていたのでアラブ料理のドルマのように玉ネギやハーブ(ディル)を混ぜてみた(ドルマだったらあと米も入れる)。
これに塩・胡椒で下味をつけ、本当はトマトスープやマリネで煮込むところをそのままフライパンで焼く。
こうして出来たのが2枚目の写真である。多国籍風のアバウトな作り方にしては味は結構いけていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2009

近況など

 最近、仕事が忙しいこともあってもっぱらtwitterにばかり書いている。Blogだとある程度きちんとした内容を書かなくてはいけないと言う気負いを感じるのに対し、twitterだとお気楽にかける上に電車の中やちょっとした空いてる隙間でも書けるからだ。
 そんな訳でしばらくBlogの更新が途絶えた時は、twitterの方で生存確認して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2009

凄い物件を見つけた

 もともとインテリアデザインの仕事をして、今も(ほとんど閑古鳥状態なものの)建築写真を生業にしている関係で時々不動産広告をチェックしているのだが、最近の不景気のせいか凄い物件が増えてきた。
場所は荒川の先や埼玉よりになってしまうものの、300万円台の中古一戸建ての物件さえ見つかるのである。もちろん内見した訳ではないのでいわゆる「訳あり物件」なのかもしれないが、それにしても安すぎる。しかも600〜700万まで広げればかなりの物件が出てくるのだ。
 下げ止まったと言われる景気だが、有効求人倍率などを見る限りまだまだ悪い状況には事欠かない。おそらく今年の末頃にはローン破綻などにより、さらに安い物件が出てくるのだろう。
 残念ながら私自身も不景気のあおりを受けてとても住宅どころでは無い状況だが、幸運にも元手があり真剣に住宅購入を考えている人にとっては今年の末以降は結構いいチャンスなのかも知れない。

追記:なおこの300万円台の物件だが、実は私も見つけたその日に問い合わせの連絡を入れたのだが、案の定掲載したその日に現金で売れてしまったそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2009

最近の映像制作の仕事がほとんどパチンコ関係しかない気がするのだが

 6月の有効求人倍率が過去最悪0.43倍になったそうだが、それに関連してかCGなどの映像制作の仕事も激減し最近はほとんどパチンコ関係しか無い気がする。いや気がするではなく、求職系サイトなどを見てみれば判るが、本当にそれしか無いのが現状だ。
 私の場合も最近は昔からつきあいのある所からの仕事を除けば、ほとんど作る映像はパチンコ関連のものになってしまった。しかも最近は過去に経験のある事が仕事を振る前提になっているので、一見多そうなパチンコ関連の映像制作の仕事でさえ新規で取るのは難しい。ある程度のキャリアのある人たちは昔からある仕事先からそれでも仕事は来るだろうが、そうでない人はどうしているのだろう。
 これからすぐに景気が回復するとはとても思えない以上、今後どうやって生き残るか真剣に考える必要がありそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2009

怠け者同盟の理想と破綻(面白いページの紹介)

 月末に仕事の〆切があったせいでしばらく間が空いてしまった。ついでにその打ち上げで飲みすぎたおかげでせっかくの自転車日よりなのに走ろうとする気力が沸かない、ちょっと飲み過ぎたのかも知れない。
 そんな訳もあって小ネタを上げてお茶を濁すことにする。

怠け者同盟の社会は人類の未来
 過剰な競争を抑制することを社会全体が選び、その結果として全員が必死に働かなくとも、今と経済的にほとんど変わらない生活が出来て、競争以外に使う時間がある社会を目指すと言うフランスの社会のありかたについての話。
 以前書いた、「本当は豊かな、あるいは怠け者の楽園だったソビエト連邦」に通じるものがあるが、内部で競争を抑制しても西側諸国との競争の結果破綻したソビエト同様、問題は国際間の競争が残る中どうやってこのシステムを維持していけるかがポイントとなるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »