« 日本のアニメや漫画におけるソ連について(中編) | Main | 夕食を晒す »

October 15, 2009

書評:東京千円で酔える店

51zqju1t3l_sl500_aa240_

 最近、すっかり「せんべろ(千円でべろべろになるまで酔える)」の店にはまっているが、同じ好みの人たちに圧倒的な評価を受けているガイドブックをついに私も買ってしまった。
 それがこの「東京千円で酔える店」である。内容は紹介するまでもないが、都内近郊にあるコストパフォーマンスに優れた飲み屋を70軒取り上げ、しかも写真・地図・お品書きも載せている、まさに飲兵衛必携のガイドブックと言えるだろう。しかもここに取り上げられている店の多くは安いだけでなく、独自のこだわりがある店が多いのも素晴らしい。単に値段が安いだけでは無いのである。
 それにしてもこれを読むと想像以上に東京近郊には隠れた名店があることに驚かされる。(なんと私の住んでいる場所の近くにさえあるのだ)
 お金がないけど旨い摘みのある店で飲みたいと思っている人こそ、チェーン店に行く前にこの本を買って開拓して欲しい。

|

« 日本のアニメや漫画におけるソ連について(中編) | Main | 夕食を晒す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/46488117

Listed below are links to weblogs that reference 書評:東京千円で酔える店:

« 日本のアニメや漫画におけるソ連について(中編) | Main | 夕食を晒す »