« ヤクザ化するルミネのテナント対応 | Main | 昨日の自転車ログ »

November 28, 2009

日暮里の豊田屋に行く

Ikasasi

Agesashi_tofu

Potato_cheese_packing_fry

Suiton_2

Houbou


 またもせんべろ路線で日暮里の「豊田屋」に行く。とはいえここはこれまでのせんべろ(千円でべろべろになるまで酔える)店とはちょっと違う。メニューを見れば判るのだが、劇的に安い訳ではないからだ。しかし、頼んでみると何故この店がせんべろ店に挙げられたのか納得する。とにかく圧倒的にコストパフォーマンスがいいのだ。例えば鰺差しなら驚くほど生きが良く、盛りつけた後にもぴくぴくと身が動いている。よく料理漫画では活きの良さを表すネタとして書かれるが、本当に動いているのを見たのはこの店が初めてだ。
 そんな訳でこの店、全てのメニューが圧倒的に美味いのだ。揚げ出し豆腐はいまそこで揚げたてのものが出てくるし、魚貝類はとにかく鮮度がめちゃくちゃ良い。なるほどよく見ると店の奥の生けすには魚がいる。たいして多くの魚がいるわけでは無いものの、これが逆に魚を弱らせず鮮度が高い理由だろう。
 良い素材をきちんと料理する分、確かに注文から料理が出るまで若干時間がかかるが、それをさしおいても素晴らしい店には違いない。
 そしてこの旨さとボリュームから考えれば、会計の時に「確かにこの店はせんべろだ」と誰もが納得することだろう。

|

« ヤクザ化するルミネのテナント対応 | Main | 昨日の自転車ログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/46883055

Listed below are links to weblogs that reference 日暮里の豊田屋に行く:

« ヤクザ化するルミネのテナント対応 | Main | 昨日の自転車ログ »