« 飲んだ翌日はやっぱりタイムが出ないようだ | Main | ちょっと気に入った曲の動画 »

January 17, 2010

小沢幹事長の側近が逮捕された件についてのメモ

 小沢幹事長の側近が逮捕された件だが情報が混乱している上に、例のごとく壮大な政治闘争の様相になっていて、さまざまな怪情報が溢れかえっているのでちょっと自分の覚え書きとして興味深い情報を貼っておく。
 今のところ情報源として使えると感じているのはtwitterのフリージャーナリスト関連の人達のTL。特に佐々木さん(@sasakitoshinao)が精力的に流しているので参考になる。


立法府と行政府が司法機関に挑戦状を叩きつけた民主党大会 - かなろぐ
どちらが正義かは別にして、壮大な政治闘争の様相になっているのは事実。検察vs民主党。マスコミは検察サイド。じゃあ有権者の判断は?

朝日新聞東京本社編集局、謎の取材源:誰も通らない裏道
朝日新聞が今回の逮捕劇で逮捕された石川衆院議員が政治資金収支報告書への虚偽記載について、故意だったことを認めたと言うが、ソースが不明(弁護士が接見出来ない以上、検事しかこの情報を知らない筈だが、もし検事が漏らしたならそれは違法行為となる)だと言う指摘。
(案の定そのことを亀井静香に指摘されてしどろもどろになっている記者のやりとりも流れていて笑える)

大手新聞社は「説明責任」などといえる立場にない:稲荷町の長屋から
記事中のコメント「「疑惑をはらせ」「実態を明らかにしろ」っていうが、その疑惑や実態(?)がどんなものであるかを、まず新聞社こそが証拠を見つけてきて、それを権力者である小沢一郎に突きつけるのが、新聞ジャーナリズムのやるべき事ではないだろうか?」に深く同意する。

ネットゲリラ:政治家になりたい御方について
石川衆院議員逮捕劇周りで蠢くうさんくさい連中の話。そう言えば今回の件で小沢一郎に抗議するとしてデモをしていた連中の写真を見たが、皆黒ずくめの格好で日の丸を掲げていて見るからに怪しかったがやはり極右政党新風の連中だったのか。

東京新聞:『小沢疑惑報道』の読み方
当事者本人か捜査当局しか知り得ないような情報が出所不明なままリークされ事実上、検察による情報操作となっているという指摘。

Twitter / 堀江貴文(Takafumi Horie): 最悪なのが俺の押収されたPCの...
ホリエモンの取り調べ時の打ち明け話。この調子では女性の被告相手にセクハラやパワハラしてそうで恐ろしい。

|

« 飲んだ翌日はやっぱりタイムが出ないようだ | Main | ちょっと気に入った曲の動画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/47318432

Listed below are links to weblogs that reference 小沢幹事長の側近が逮捕された件についてのメモ:

« 飲んだ翌日はやっぱりタイムが出ないようだ | Main | ちょっと気に入った曲の動画 »