« 久しぶりに自転車で走る | Main | 「非実在青年」都条例案周りの記事のサルベージ »

March 15, 2010

時計(バブルバック)を修理に出す。

 休日にも関わらずロゴデザインの仕事が入ったり、うっかり時計を落として壊してしまってそれを修理に出したりして慌ただしい休日だった。そんな訳でネタはあったのだがそれはまたの機会にして、つらつらと雑記風に書く。

・以前買ったバブルバックをうっかり腰ぐらいの高さから落として壊してしまった。最近の時計ならまず壊れない高さだが、既に50〜60年以上経っている上に元々当時の時計には対ショック機能は付いてないこともあり、テンシンが逝ってしまった。仕方がないので以前買った所などを当たってみたが、この不景気のせいか潰れていることが判明orz。そんな訳でネットでぐぐって割と評判の良いダイワ時計店に持って行くことにした。実はその他にもいくつか候補があったのだが、ロレックス修理認定店ではサポートが切れた時計を扱ってくれなかったのだ。何でもこれはロレックス本社の指示に因るものらしい。いくら純正のパーツが無いからと言ってまだ直せるものを直してはいけないと指示するとはばかげた話だ。
 そんな訳で思わぬ出費になってしまった。幸い修理が立て込んでいる上に一部のパーツを作り直す必要もあることから、納期が大分先なのでその時までに修理代を用意すれば良いので助かった。
 実はオーバーホールをした方が良い時計は他にもある。機械式腕時計は維持していくのにお金がかかるのは覚悟の上だが、さすがにこの不景気で仕事が減っている時にはつらいものだ。

|

« 久しぶりに自転車で走る | Main | 「非実在青年」都条例案周りの記事のサルベージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/47814156

Listed below are links to weblogs that reference 時計(バブルバック)を修理に出す。:

« 久しぶりに自転車で走る | Main | 「非実在青年」都条例案周りの記事のサルベージ »