« March 2010 | Main | May 2010 »

April 29, 2010

フリーランスが増える本当の理由

 何カ所かで最近フリーランスとして働く人が増えていると言う話を聞く。それ自体は自分の実感とも合っているのだが、ちょっと違うと思うのはそれを巡る考察だ。様々な理由が挙げられているが、基本的に最近フリーになった人は別に自ら希望してなったというよりは会社が潰れたり縮小したりしてやむなく独立した人が多いのに、自ら志望してなったように見られているようなのだ。確かにじり貧になって行くのを座して待つよりは独立した方が良いという人も多いだろう。だがこうした人達とて景気が悪くなければ独立を選択したかは怪しいものだ。

 その点、アメリカの分析は明白だ。米『CNN Today』紙に“Freelance is the new full-time”と題したフリーランスに関する記事が2009年5月4日付で掲載されているが、ここでは不景気でフリーランスが総労働人口の26%に増加していると書かれている。
 多くの仕事がアウトソーシング化している米国と違い、日本ではフリーランスの替わりに派遣やバイトが替わりになっているケースが多いが事情は似たようなものだろう。皮肉なのはアメリカではフリーランスと言う働き方をする人たちが多く、またフリーランスに対しても社員と同等以上に扱う文化があるのに対し、日本ではこうした社外の人を社員より下に見る文化があると言うことだ。米国の労働文化が日本よりも良いと言う気は無いが、こうした点はもっと向こうを見習って欲しいものだ。
 とにかく、今後は日本でもデザイン・IT・マスコミなどの分野を中心にますますフリーランスが増えてくるに違いない。だが勘違いして欲しくないのは独立した人の中にはやむなくそれを選択せざる得なかった人もいると言うことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2010

5年後の婚活をブラックユーモアとして考える

 既にネットでは後ろに(笑)の記号付きで語られるようになった「婚活」だが、このままこの国の景気の悪化と貧困層の拡大が続けば冗談抜きで旧ソ連やイランや東南アジアで起きたような「外国に逃げる手段としての結婚」が流行るかも知れない。その時はきっと女性誌に以下のようなフレーズが上がるだろう「日本にはもうお金持ちはいない、中国なら富裕層だけでも1億人です!」「婚活の為の語学教室」「日本女性は世界中でモテモテ」。
 かくしてソ連崩壊後のロシアや、革命とイラクとの戦争時のイラン、未だに経済成長から取り残されている中国農村のように、女性の間ではお金持ちの外国人と結婚して国を出る事がステータスとなるのだろう。そう60年ほど前の日本のように…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2010

中国茶館で飲み食いしまくる

Sauteed_vegetables

Gyoza

Caterpillar_fungus

 池袋の中国茶館が2,625円で食べ放題と言う情報を教えてもらったので襲撃する。普通、食べ放題と言うと普通のメニューに比べしょぼかったり一品当たりの量が微妙に少なかったりする所も多いが、素晴らしいことにここは普通のメニューから好きなように選べるのだ。もちろん味もボリュームも普通のメニューと同じである。しかもここは他にもランチ限定だが点心食べ放題があったり、飲み放題も含んだコースもあるのである。さらにメニューには日本では珍しい冬虫夏草の料理があったり、10種類以上の中国茶(しかもお茶っ葉キープも出来る!)もあるのが素晴らしい。店員の人は向こうの人が多いのでサービスがいまいちだと評している人もいるが、現地や完全中国系のお店を知っている自分たちにとっては十分日本的なサービスに入ると思う。
 あと料理の他にここの中国茶も素晴らしい。種類が多いのはもちろんながら、注文すると本場の中国茶の入れ方でその場で入れてくれるのだ。値段は少々張るものの味は値段に応じたものがあるので、これならお酒が苦手な人でもお酒の替わりに中国茶を飲んでも十分いけると思うのだ。
 今回は大食い大酒飲みの面子だったので2人で十分元が取れたが、出来れば多くの面子を集めて行ってみることをお勧めしたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2010

これからの賃貸住宅事情(小ネタ)

0.6坪アパート 家賃3500円
日本の話かと思ったら中国の話だった。でもスレッドの後半で似たような物件が既に日本にもあることが紹介されているのが面白い。(それにしても日本だとそれでも家賃3万もするのか…)
 デフレで給料も下がり、あらゆるものの値段が下がる中で住宅はどうなってるのだろうと常々思っていたが、どうやら都市部ではルームシェア可能物件とゼロゼロ物件、そして上記の極小低家賃物件が増えてきているらしい。
 確かに私の狭いリサーチだが都市部の不動産屋を回っていると確かにこれらの物件が増えている気がする。
と言うか以前は仮にあってもそれは不動産側としては大して扱う気もなく、借り手の方も多少生活が苦しくても最低ワンルームの一人暮らしと言う暗黙の了解があったのが、住宅に高望みをしてもしょうがないと言う風に互いの意識が変化していったのか、今ではおおっぴらに不動産屋の店頭にこれらの物件が掲載されるようになっているからだ。
 それでも極小賃貸物件の間取りが不動産バブルの中国とさほど大差ないのは変な話だ。既に日本では住宅は余りつつあり、借りても年々減ってきているのにまだ不動産や賃貸の金銭観は変化し切れてないのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2010

特撮やアニメにおけるビームとミサイルのスピード

 ちょっと仕事で昔のアニメや特撮を見て、昔の話に出てくるミサイルやビームの速度が目で追えるほどゆっくりしている事に驚いた。よく昔の音楽のテンポやドラマの展開は今だとまどろっこしくて耐えられないと言う話を聞くが、何とビームやミサイルの速度までテンポが遅かったのである。
 確かに思い返してみれば、宇宙戦艦ヤマトのドリルミサイルも命中したらさっさとドリルをフル回転させて爆発させていれば、真田さんに逆回転させられることも無かったし、コンバトラーVの敵のミサイルは何故か当たるまでに妙に間があるせいで回避されてしまう。ウルトラセブンのマゼラン星人の地球破壊ミサイルに至っては何光年と離れている距離から撃たれている所を見ると、光よりも早く飛べるみたいなのに、何故か地球の側に来ると減速しまるまる一話分かかって接近し、最後はセブンに壊されている有様だ。
 まあこれらは演出とも言えなくもないが、それでもちょっとしたビームでさえ見て遅いのは明らかだ。そう言えば子供心にも「なんでスペシウム光線はあんなにゆっくり飛ぶんだろう」と疑問に感じていたものだ。
 不思議なのは外国(主にアメリカ)の映画やドラマではビームやミサイルは昔から早かった事である。今、見直してもスタートレックのフェーザーは今よりは若干遅い気がするものの、それでも明らかに同時代の日本のアニメや特撮よりも早いスピードで放たれるし、時代が進めば進むほど更に速度は速くなる。
 思うにこれは銃が身近にあり、弾丸の早さを日常的に実感している彼らと、それらが想像上のものに過ぎない我々との違いから来るのでは無いだろうかと思っている。本当の所どうなのか気になるところだ。だれか検証したり考察していないものだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2010

仕事と出費(ちょっと一言)

 ようやく仕事が入ってきてこれで金欠から抜け出せそうだと思ったら、5月にはAdobe製品のバージョンアップと修理に出した腕時計が戻ってきて、6月ぐらいにはiPhoneの新型が出るので当分金欠が続きそうだ。
 それにしても仕事でも出費でも何でも固まってやって来すぎる。さらに問題なのはいつ固まってやって来るのかあらかじめ予想できないことだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

ピントビーンズのカレー

Dall_curry2

 以前、ひよこ豆のカレーを作ったが今度はピントビーンズ(うずら豆)でカレーを作ってみた。作り方は単にひよこ豆のカレーのひよこ豆をピントビーンズに変えただけだ(レシピはひよこ豆のカレーの方を見て欲しい)。
 単に豆を変えただけなのに明らかに味が違うのが面白い。ピントビーンズと言うと甘煮やチリコンカンのイメージが強いが、意外にもカレーにも合っていた。ひよこ豆に比べ味にコクがあるのでこちらの方が好きな人も多そうだ。ピントビーンズも常備しておいても良いかと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の自転車ログ7

 ばたばたしていて今日の自転車ログを記録し忘れていた。
最近、忙しさにかまけて平日のローラー台に乗る時間が大分減っているのだが、その割には数字が落ちてないのはありがたい。
今日は道路が空いていて大分走りやすかったのだが、やはりコンディションよりも交通状態の方がタイムに影響するのかも知れない。

今日の自転車ログ

移動距離:44.6km
全体平均速度:25.5km/h
移動平均速度:28.9km/h
最高速度:53.6km/h
合計時間:1:44
移動時間:1:32

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

ネットの規制は既に外堀が埋め立てられた状態だ

 ネットの規制強化に繋がる動きが強まっている。こう書くと「非実在青少年」などを思い浮かべるかも知れないが、実はそれ以前に多くの裁判でネットの規制に繋がる判決が下され、ちゃくちゃくと判例が積み重なっているのである。
 例えば大分前にラーメン花月とカルト教団との関係がネットで話題になったが、その後その主張をしていたサイトの持ち主に対し最高裁で「ほかの表現手段と比べ、より緩やかな要件を適用すべきではない」としたうえで有罪判決を出している。しかも判決文では

商業登 記簿謄本,市販の雑誌記事,インターネット上の書き込み,加盟店の店長であった者から受信したメール等の資料に基づいて,摘示した事実を真実であると誤信して本件表現行為を行ったものであるが,このような資料の中には一方的立場から作成されたにすぎないものもあること,フランチャイズシステムについて記載された資料に対する被告人の理解が不正確であったこと,被告人が乙株式会社の関係者に事実関係を確認することも一切なかったことなどの事情が認められるというのである。以上の事実関係の下においては,被告人が摘示した事実を真実であると誤信したことについて,確実な資料,根拠に照らして相当の理由があるとはいえないから,これと同旨の原判断は正当である。
とまで書かれている。つまりそうとう本格的に資料や情報を当たって裏をとって書かない限り、誹謗中傷ととられたらアウトと言う事である。しかも今やこうした損害賠償の金額は膨大で個人に対し数百万の請求も珍しくないのが現状である。ネットのちょっとした書き込みで今や数百万の損害賠償の請求が来るのがとうとう最高裁のお墨付きで決定してしまったのだとも言えるだろう。

 もう一つの事例は医薬品ネット販売への規制に対し、ケンコーコムらが国を相手取って提起した損害賠償請求が棄却された判例だ。しかし問題はそれだけではない。Link先にも書かれているように、これにより「ネットではなく対面で、確認しなければならない」と言う判例を元にあらゆるネット上の売買に対し制限を掛けることが出来ると言う事なのだ。リンク先の日経ビジネスオンラインの記事を引いて具体例を挙げてみよう。

今後、今回の「判例」に倣って「ネットでの成人確認は不十分。対面によって確認すべし」との規制が関係省庁の「省令」によってなされれば、ネットでの酒類販売は不可能になる。
 酒など成人向け商品だけの話ではない。例えば金融商品を販売する場合、想定されるリスクを十分に購入者に告知しなければならないが、「ネットではなく対面で、相手が理解したかを把握しながら話を進めるべし」との横槍も十分に成り立つ。
 酒類を未成年に販売してはいけない。金融商品を、リスクを説明せずに販売してはいけない。そして、顧客が拒否しない限り、副作用のリスクが高い医薬品を十分な説明なく販売してはいけない。これらの精神は「法」にうたわれており、是非もない。
やっかいなのは既にこれらは判例として世に出てしまっていることだ。通常、法的判断は過去の判例の解釈を元になされる事を考えればいかにこれらが重大な問題なのか判るだろう。
 ネットはペテン師や嘘つきが跋扈する劣悪な場所であり、これらは法により些細な表現も含めて管理しなくてはならないというのが恐らく日本の司法や行政がネットに対して向ける視線なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2010

単なる覚え書きとメモなど

自分向けのメモ

一家につき2軒?「家余り」日本を管理放棄不動産が襲う
なるほど、高齢化などで住宅が余っていくはずなのにどうして供給過剰にならないのか判った気がする。

・媒体は忘れたが、何でも最近は高級品が再び売れるようになってきたらしい。例えばデパートの高級腕時計は前年度より30%以上も売り上げが増しているという。記事ではこれを消費の回復の兆候(富裕層だけかもしれないが)ととらえていたが、私はちょっと違うのではないかと思っている。日本の財政悪化や先行きの不安から貴金属の値段が高騰しているように、換金しやすい資金の逃避先も兼ねて高級腕時計などが売れていると思うのだ。そう言えば不動産も立地のいい高額物件は意外にもよく売れていると聞く。
換金性の低い高額商品も売れているのか調べれば判ると思うのだが、どこかに資料はないものだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2010

桜・タンポポ

Sakura_2010_1

Dandelion1

 ようやく天気が良くなりそうだったので、先週末は久しぶりにカメラを持って写真を撮る。夜は花見をする予定だったのでNOCTILUX-M 50mmf1.0を付けていったのだが、残念ながら昼は絞り込むには明るすぎ、夜はピントが甘かったりブレたりして真価を発揮出来なかった。このレンズを使いこなすにはまだまだ修行が必要なようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

誤解ハンターの報われない戦い

 Twitterをやっていてマイナーなジャンルや専門的なジャンルの人が嘆いている事の一つに、世間では明らかな間違いや誤解が大手を振って横行している事がある。しかもちょっと調べれば判るはずなのに、多くの人がそうした誤解や間違いを元に意見を言ったり、無邪気に他人に広めたりするのである。
 ただネットの普及によりこうした誤解が広まる早さも広まったが、逆にそれを正す機会も増えてきた。そして多くのジャンルでプロアマ問わない専門家達がこうした誤解を解くために「誤解ハンター」として戦い続けている。自分もいくつかのジャンルで同じ事をしてきたこともあるからこうした気持ちはよく判る。
 だが最近はこうした戦いは報われない気がしてならないのだ。なぜなら当然、意見を言われた方は当然ながら面食らう。大抵は悪気があって言っている訳ではないので「あっ、よく判らないけどそうなんですか。ただそう聞いたから言っただけでも駄目ですか? ごめんなさい。」とその場は収まったように見える。だが多くの場合、言われた方はその内容を調べる気もないし、単にうるさそうな人が来たから黙っとこうと思っただけで、理解を得たかは怪しいものなのだ。そして言われた方ではこうしたテーマは「文句を付けられそうな話題」にタグ付けされる。そしてその後は単に面倒を避けるため、そのテーマ自体を話さなくなるのである。
 本当は彼らに判るように優しく解説してあげるのが一番なのだろうけど、難しいことを興味のない人に教えるのはとても難しいものなのだ。かくして多くのジャンル(軍事・医療・科学etc)が語られなくなってしまうのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も自転車で走る9

土日は土日で別の仕事があるのだが、あまりに天気がいいので自転車でちょっと走ってきた。
コースはいつもの尾根幹-多摩ニュータウン通りだが、この時期は所々に桜があるのが気持ちが良い。しかし、もっと桜があった気がしたのだがどうやら勘違いだったようだ。花見に最適なサイクリングコースはどこだろう。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:24.3km/h
移動平均速度:27.7km/h
最高速度:49.9km/h
合計時間:1:49
移動時間:1:35

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

再び時間がない話し

 いよいよBlogの更新頻度が落ちてきた。TwitterをやってるとBlogの更新が減るという話を聞くがどうやら自分もそうらしい。だが本当の理由はなによりも仕事が忙しいことが原因だ。
 確かに忙しさだけならもっと忙しかった時期はある。ただ以前に比べると一日に仕事以外でやりたいことがはるかに増えてしまったこともあるだろう。朝はローラー台を漕ぐし、ラジオ講座も聴かねばならない。そして食費を抑え美味しい食事をするために自炊をする時間も必要だ。(まさか料理を作るのが楽しくなるとは思わなかった)
 かくしてしわ寄せは睡眠時間に押し寄せて、5時間ちょっとが普通になってしまった。これでは体にも良くないし、第一長くは続かない。どこかで生活の見直しが必要なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

思うことを箇条書きに書く

 Twitterの副作用かまとまりのない事ばかり思いつくのでそれらを箇条書きに書く。

・今度は仕事がえらく忙しい。パチンコ向けの映像制作の仕事の他にロゴデザインの仕事とWebの仕事、あとちょっとしたITコンサル(と言うほどたいしたものではなくビジネスソフトの使い方の相談レベル)が入っている。おかげで世の中の事に疎くなりすっかり浦島太郎状態だ。こんな時これまではネットがニュースの代わりになっていたのだが、最近はニュース本体は知っている事を前提に感想やら、ひどいのになるとそのニュースの一部やコメントを転載しているだけの所が多くて困る。これもネットの大衆化のせいなのだろうか、感覚的にはスポーツの試合をTVで見ながらヤジや素人解説や床屋談義をしている乗りなのだ。まあ、私のBlogも人のことは言えないだろうが…

・仕事といえばここ数年以上ずっと考えている事にキャリアの問題がある。メインのゲーム向けの映像制作の仕事で50・60歳になった時の姿がまるで見えないからだ。一部の人はディレクターや管理職などになるのだろうが、全ての人がなれる訳ではない。かと言って現場に残れたとしても一日12時間労働が良くあるこのハードな業界でその年になってまで働けるとはとても思えないからである。ふと、周りを見るといつの間にか違う業界に移っていたり、いつの間にかいなくなっている人が多いが、そうそう行く当てが簡単に見つかるとも思えない。割合としては専門学校などの講師やネットワーク・Web系に移る人が多いようだが、これらもこれから安泰だとは思えないし悩むところだ。

・ネットなどで外国、主に中韓に対して排他的な言動をしている人達にとって「日本は…」といった大きな物語以外にちゃんとした動機はあるのだろうか。自分が納得できると思ったのは、大家さんや基本的に客を選べない接客業の人達が言葉が通じにくく、日本人なら通じる暗黙の了解が通じない彼らが来ると困ると言うものぐらいだ。だがネットでヘイトスピーチしている人々を見ると得てして女性蔑視なコメントが散見され連帯の兆しは無さそうだ。

・ココログのBlog編集メニューが更新された。Nifty曰く機能向上だそうだが正直使いにくくなり、宣伝臭が増しただけにしか見えない。今更引っ越すのも面倒だが今では無料でもっと使い勝手の良い所はいくらでもあるし、どこか探しておいた方がいいのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホヤを食す

Ascidiacea1

Ascidiacea2

 近所のスーパーで何を思ったのか殻付きホヤがそのまま売られていたので買ってきた。酒飲みにとっては魅力的なつまみだとはいえ、さすがにまるまる殻付きは抵抗があったのか半値近くになってたからだ。
 実は買った時点では捌き方などまるで判らなかったのだがそこは困ったときのGoogleだ。直ぐにホヤを売っているオンラインショップに載っている捌き方を見つける事が出来、美味しく頂くことが出来た。
 ちなみにさばいた後の写真を見るとものすごく嵩が減っているように見えるが、やり方が間違ってなければこれが正しい分量だ。実はホヤは大きな袋状の作りになっていて中身の大半は海水だからである。
 とはいえだまされたと思ったことは内緒である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »