« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

みんなのうた「魔法の料理」を聞いて思い出す事

昼のNHKラジオ「英語5分間トレーニング」を聞く前に最近いつも流れているのがこの曲だ。ずっと気になっていたのだが、たまたまTVで見る機会があってすっかり曲と映像に惹かれてしまった。

なんだろう、YouTubeのコメントなどを見ると歌詞に込められた深い意味に共感している大人達が多いけど、自分の場合は他にもいろんな想いが引き出される気がする。それはイラストレーションや絵本と言う媒体で一時期仕事をしたからかも知れない。そう、この曲に付けられたアニメーションは昔、自分が憧れ目指したタッチや世界観だったからだ。
 イラストレーションでも漫画でも絵を描く人間は皆それぞれの作風を持っている。だがその作風は当然ながら自分の目指すタッチと100%一致するものではない。技量の問題や、仕事の媒体の性格などからどうしても制約は出てしまうし、またあるタッチや作風を極める時間を考えると、そうとう器用な人でも無い限り複数の作風を使い分ける事は難しい。
 この曲の世界観やアニメーションはそうした自分が身につけられなかった、あるいは切り捨ててきた世界観を思い出させるのだ。それでも10年程前に一度、作風の幅を広げようとこうした世界観に挑戦してみた事がある。たまたま小説の表紙の仕事を頂けたり絵本の仕事が来たからだ。だが結局それはうまく次の仕事につなげることは出来なかった。ある雑誌の仕事では楽しそうなあるいは幸せそうなイメージを求められたが「なんか苦しそうなんですよね」と編集の人に言われてしまった事もある。
 それが能力の問題だったのか、たまたまタイミングでそうした方向の仕事に繋がらなかったのかは判らない。だが時々こうした方向の作風が描けたらどうなっていたのだろうと今でも妄想するのである。

 案外それはこの曲にも歌われている子供への想いにも繋がるのだろう。昔読んだ漫画「BM ネクタール」の中に登場した大佐(カーネル)が、主人公達子供を守って最後の戦いの最中に「これまで考えたことも無かったが案外、子供を持つのも悪くなかったかもしれないな」と言う台詞を吐くのだが、独り身の自分も何故かひどく共感を覚えるからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2010

解雇規制緩和論の嘘

 未だに定期的にビジネス誌やネットで解雇規制緩和論をよく見かける。これらの論調は基本的には世代格差や失業率、劣悪な労働環境が改善されないのは解雇規制で人材の流動化が無いからで、解雇規制を緩和すれば流動性が高まって労働条件が悪い所から良いところに人が移動でき、また人材の流動化で転職のハードルが下がるので企業も気軽に人が取れるし、労働者も転職のハードルが下がるので失業率も改善されると言うものだ。
 だが私に言わせればこの議論は空論だ。例えばNYTimesの今年2月20日の記事によれば、労働者の流動性が高い筈のアメリカでも長期失業者が630万人にも達しており、これは過去30年間で最大の数字だと言うのである。(図参照)(関連:米国を苦しめる途方もない雇用喪失
21unemployed_graphicpopupe126678118

 また労働条件の改善で言えば、いわゆる「ブラック企業」の人材流動性は極めて高い(要は数年で辞めてしまう分、中途でもばんばん人を取っている訳だ)が、こうした会社の労働条件は劣悪だ。逆に人材の流動性は特に高くないものの一時期は超長時間労働で有名だった医師や看護師の労働条件は最近改善が進んでいるという。(参照)理由は簡単な事で「求人>求職」のバランスによって労働条件を良くしないと人を集めることが出来ないからだと言う。

 これらの事から判るのは解雇規制の緩和は世代格差や失業率、劣悪な労働環境の改善にはあまり関係なくただ企業が人を切りやすくなる事に繋がると言うことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

21世紀のTVの見方

TVを持たない生活になって大分経つが意外と不便を感じてない。元々、TVを見る習慣がないというのもあるが、意外とネットを探すと大抵の映像が見れるからだ。
もちろんドラマやアニメなどのコンテンツは映像自体が売り物なのでなかなか見れないし、しかも違法だったりするのでこれらは除くが、今やニュース映像や古い映像はいろんなところで公開しているものなのだ。
 また海外の映像ともなれば更に敷居は低くなる。昔はそれこそマニアックな店でビデオを買ったりするしか無かったのが、今や大抵の国のテレビが居ながらにして見れるのだ。TouTubeを初めとした投稿映像サイトは似たようなサイトが各国にあるし、また等のTV局が今や自ら番組を配信していたりする。
 そしてTwitterで同好の士を見つければどんな映像メディアでもニコニコ動画のように皆でコメントしながら鑑賞できるのである。
 思えば凄い時代になったものだ。

参考:
RuTube:ロシア版YouTube
Youku.com:中国版YouTube
ロシアテレビ:ロシアの番組が見れるリンク集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

日本の村社会の解体は案外ファシズムに繋がるのかも知れない

なぜ日本人は自由競争も所得再分配も嫌うのか? - Baatarismの溜息通信

が面白かったのでそこからちょっと考察。
自分もここに書かれている「日本人は相互監視と相互制裁のしくみの元では集団主義的な行動を取るが、そのようなしくみがなくなると個人主義的な行動を取る(いわゆる「旅の恥はかき捨て」)傾向がある」と言う部分には深く同意するのだが、20年続いた不況で企業・地域コミュニティが壊れ、いわゆるここに書かれている「内集団」が解体されつつある今、日本人の行動はどう変化していくのだろう。この理屈で行けばますます利己的な個人主義的な行動に向かうようにも思えるが、それが自由競争や所得配分を認める方向に結びつくとは思えないからである。
 かと言って不平等な競争の元、セーフティネットも無いなかで暮らしていくのは難しい。ましてやその中で自己の利益を最大化するために利己的な行動をし続ければ社会はぎすぎすし、治安も確実に悪化する。そうなったときに大衆は果たして自由競争を受け入れ、所得配分を認めるだろうか。むしろこれまでの生活を守るため万人に対して相互監視と相互制裁の徹底を望むのではないだろうか。
 その先にあるものは恐らく全体主義に繋がる全国的な相互監視と相互制裁の実現とそれを可能にするハイテク化した権力システムの承認だろう。兆候は既に出ているような気もする。監視カメラはあらゆる所に設置されつつあるし、携帯電話の位置情報やナンバープレート読み取りシステムなど個人の動きを追跡する技術は着々と完成しつつあるからだ。
 グローバリズムによって日本の閉鎖的なシステムは解体されると言う論調はよく聞くが、案外上に書いたようなディストピアの方が実現する可能性は高いのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

リアルタイムCGの水面を作り続ける

 仕事でリアルタイムCGの水面を作り続けている。昔から水面はCGにとって難関の一つだっただけあって、案の定手こずっている。
 リアルタイムCGにおける水面の表現についてはマイコミジャーナルのコラムで西川善司氏が書いている「3Dグラフィックス・マニアックス」がよくまとまっていて参考になるが、ここに書かれているようにハードの性能が低いなら低いなりに、高いなら高いなりに水面の表現はさまざまな試行錯誤が行われてきた。
 やっかいなのは今の時代でもパチンコや携帯ゲーム機などハードの能力が低い機種向けに素材を作る時で、昔ならハードの性能が低い分ユーザーも表現が稚拙でも許してくれたのが、今では皆目が肥えているのでこうした機種であっても極力見栄えの良いものを作らなければならなくなった。そんな訳でいろんな工夫をしつつ素材を作っているのだがこれがなかなか難しい。特に大変なのがリアルタイム3DCGと言う性質上、どんなアングルで見られてもつじつまが合うものを作らなければならないことだ。ほんの数メートル手前から水平線が見える程の遠景まできちんと見えるようにするのは難しく、しかも水面は常に動いている上にさらに反射や透明度などの要素も絡んでくる。
 そんな訳で予想通り、ある角度だと格好いいのに別の方向からだと変だったりする問題が続出するわけだ。最近の映像ではこうした問題を解決するため殆どの水面ではプログラムで自動生成させているがこれはこれで大変だ。プログラムと言う性質上どんな絵が出てくるかは事前に予想できにくい上に、条件によってはとんでもない絵が出てきたりする可能性がどうしてもぬぐえないからである。PIXERなどのハリウッド相手の大手CGプロダクションでは水面なら水面を専門に作る開発部隊がいるそうだが、それだけの労力をさく理由もよく判る。
 そんな訳でしばらくは延々と水面と戦う羽目になりそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2010

口蹄疫騒動について一言

 時事ネタについてはあまり書かない主義なのだが、口蹄疫に関する報道などを見るとあまりにひどいので一言。せめてちょっとでも良いから調べてから書くなり質問して欲しい。それとこれを口実に政局に絡めたり特定の勢力を叩くのではなく、今は正しい知識と宮崎の支援をすべきだろう。
 だがマスコミは犯人捜しやセンセーショナルな映像や話題ばかりを取り上げ、ネットではこれを口実にデマや特定勢力の批判に明け暮れるのだった。
 とはいえ同じ穴の狢になってしまうが、さすがに今回の宮崎の要請や自民党の申し出を受け止めてこなかった政府や「3月時点で宮崎で初期発生を見逃していた」という話ばかりクローズアップするマスコミの対応には心底自分も愛想が尽きたのは事実である。

最後にノイズが多い中、訳に立ちそうな情報の書いてある所をいくつかピックアップして貼っておく。

口蹄疫
Wikipediaの記事。病気についてはまずはこれが参考になる。

口蹄疫は問う
日経ビジネスオンラインの連載。情報が錯綜する中現場の声を中心に纏められているこの記事は胸を打つ。

口蹄疫関連で少しだけわかった事
「新小児科医のつぶやき」より、ここに書かれている親戚の獣医からの情報が専門家の意見が少ない現状ではとても興味深い。コメント欄のやりとりも注目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2010

池袋の「帆立屋」で飲み食いする

Goya_namuru

Hotate

Hamukatu

 今回は池袋の立ち飲み屋だけど着席して飲み食いできる24時間年中無休の居酒屋「帆立屋」で飲む。ここは何故か話題には上るのに行く機会を逃し続けた店なのだ。
 と言うのは通常24時間営業しかも無休でしかも安いとなると、味がいまいちだったりサービスが悪かったり店が小汚いと言う先入観をどうしても持ってしまうが、ここもそうした先入観からずっと足を運ばなかったのである。しかも食べログの口コミを見るとそれを裏付けるかのように良い評価に混じってサービス面で結構辛辣な意見も見聞きする。
 そんな訳でちょっと不安を持ちつつ言ったのだが、結論から言えばそれは全くの杞憂だった。店は古くからある居酒屋風の内装ながら掃除が行き届いてる感じだし、お店の人も中国の人だがきちんと注文は通るし仕事もてきぱきしてるし、これなら下手な学生バイトよりもしっかりしているレベルだろう。
 味の方はさすが飲み屋の激戦地池袋で8年前からあるだけあって、店名の帆立を始めどれも素晴らしい。だがここの醍醐味は料理もさることながら別メニューである本日のお勧めの日本酒だろう。居酒屋には珍しく田酒を初めとした他ではなかなか飲めない地酒が置いてありしかもかなり安いのだ。もちろん居酒屋の普通のお酒に比べれば値は張るものの、高級日本料理屋などでしか置いてない酒がそこよりも安く飲めるのだからありがたい。
 残念ながら本当に人気のある地酒は結構早く品切れになってしまうものの、それでもうまい日本酒を飲みながら居酒屋の値段で飲み食いできるのだから日本酒好きの飲兵衛ならば是非とも足を運ぶべきだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2010

画像の翻訳の話

 映像制作の仕事をしているとよくあるのだが、ある画像を別の媒体に置き換える作業と言うのが発生する。広義にとらえればラフやコンテから完成画像を作る作業も入るので、それこそ全ての作業が当てはまると言っても良いだろう。
 ところで最近は映像制作ツールの進歩によって、コンテ段階でも完成品レベルのものだったりする。また良くあるコンバート作業、例えばあるゲームをPS3からxBox 360に移植したりするときは一見するとほぼ同じクオリティの表現能力なので、画像を置き換えるときもほぼ同じクオリティで移す作業になってくる。
 ところが実はこれが難問なのだ。一見すると同じ表現能力を持つ媒体同士でも絵を出す仕掛けは全く異なっていたりするので、単に素材を移し替えただけでは全く違う仕上がりになることも少なくない。だが発注者側から見れば一見同じような絵が出せるハードからハードに移し替えるだけなのに、どうして絵が変わるのだと言う話になってくる。ましてや時間もお金もかかると言われればなおさらだ。
 そんな訳で元の素材がそのまま使えそうな仕事程、後でもめる可能性が高くなる。

 同じような表現能力を持っていても日本語から英語に翻訳するとニュアンスが変わるように、映像も媒体が変われば同じ素材から作ったも見た目が変わる。そして翻訳が単に単語を入れ替えただけでは出来ないように、映像もまた素材を入れ替えるだけでは済まないことを判って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2010

世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」


(「恋は戦争」オリジナル日本語版)


(英語バージョン)


(ロシア語バージョン)

以前、「 金星探査機「あかつき」に初音ミク絵を搭載する署名」に見るTWITTERの力」で2010年度打ち上げ予定の金星探査機「あかつき」に初音ミクのイラストを載せようと言う運動の手伝いをした話をちょっと書いたが、たまたまググって気付いたが日本のサブカルチャーの一翼を担うミクも全世界的にユーザーがいるらしい。
上はオリジナルタイトル「恋は戦争」の各国語版の制作状況の一部。上の中には入ってないがきっと中国語版もあるに違いない。


おまけ:違う曲だが中国語で歌っている曲をみつけたので貼っておく。
初音未來(初音ミク) 甩蔥歌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

皮肉として語る意外と安泰な日本の財政の話

 日本の財政破綻寸前だと言う言説を最近よく耳にする。またそこまで行かなくてもこれからの少子高齢化で社会保障費は削らざる得ないと言う話は聞いたことがあるだろう。
 ところで政府の側からすれば社会保障費というのは国民の反発を招くのでなかなか削りにくいものだ。しかしありがたいことに日本ではせっせとマスコミやネットで社会保障費の不正受給をあげつらい、生活保護は本当は良い生活をしているヤクザがもらってその金でベンツに乗ったりパチンコをしているというイメージすら一部ではまかり通っている有様だ。そこまで行かなくても散々メディアで「日本の財政が危ない」と言い続けたおかげか、人々は勝手に「じゃあ消費税を上げてくれ」とか「○○に回しているお金があるなら取り上げろ」などと自発的に増税に賛成したり、互いに相手の社会保障費を削りあってくれるのである。
 こうした国民の協力おかげで案外、日本の財政は安泰なのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2010

電子化された金融危機に逃げ場はない

 先日、シティバンクのトレーダーが「ミリオン」(100万)単位で注文を出そうとした際、誤って「ビリオン」(10億)と打ち込んだ事が原因(ただしまだ未確定)でNYダウ平均株価が一時1000ドル近く下落した事件があった。ここまで大きな下落が起きたのはギリシャ経済不安など元々市場が不安を抱えていた事と、自動売買システムがこの価格変動に対応して大量の売り注文を出したことによる。
だがさすがにそろそろ電子化しても市場の動きに付いていくは難しくなってきたらしい。

参考:ウェブも株式市場の暴落と反騰に追いつけず苦戦中

上のリンクにもあるように、今回はWebでも事態を把握するまでにはタイムラグが生じた上に、情報を求めて人々が殺到したため多くのシステムが落ちてしまった。このように今の経済は電子化が進んでいるので、噂されている中国バブル大崩壊や日本の財政破綻が起きた場合は秒単位で影響が全世界に及ぶと言われている。
もう逃げる時間と場所は何処にも無い。 やはり武器と食糧をコンテナで備蓄しておくべきなのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

自分の埋もれた呟きを発掘する

 最近、すっかり更新が滞っているように見えるかも知れない。これは仕事が忙しいと言うのもあるが、実はTwitterにすっかりはまってそっちでネタを消費しているというのもある。(大したことを書いている訳ではないが右の"My Twitter"のタグをクリックすると読むことが出来る。)
 とはいえTwitterのログはオーバーフローすると古いものから消えてしまうし第一読みにくい。そんな訳で埋もれるのはもったいない分をちょっとサルベージしておく。本当はここから膨らませて考察すれば新たな発見がありそうなのだが、時間がないこともあってそのままになってるのだ。

・NHKで大阪万博の番組をやってたが、これが40年前の日本なのか。写っている人の格好や群衆の動きがまるで今の中国の様に見える。 あと余談だがそこ(大阪万博)で書かれてた40年後の世界がかなり見当違いで面白い。その後たまたま大家さんと今の中国の話になったが、政治に関心のない普通のおばさんですら今の中国を深刻な脅威として見ていて、このままでは日本が乗っ取られてしまうと危惧している事を知る。この感情が排他的ナショナリズムなどに利用されなければいいのだが。

・御茶ノ水のとにかく安くて量が多いランチが売りの居酒屋が、何を思ったか1000円位の高級(笑)路線に転じていたが、案の定がらがらだった。その後、他の人からこうしたケースは収益が悪化しているので起死回生でやっている可能性があるのではと言う指摘を受けたが、たしかにそれはありそうだ。なにせお茶の水は500円ランチを出す店が3件、格安居酒屋が5件以上もある飲食の価格競争激戦地なのだ。ふと思ったのだが、御茶ノ水のランチ競争を見ると飲食業界の苛烈な競争ぶりが伺えるが、思うに自分の好きな個人営業の老舗系の居酒屋がブラック業者ひしめく大手チェーン店と価格競争出来るのは、常連客の他にも土地が自前だからに違いない。店によっては上にビルを建てて家賃収入も有りそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仕事に関する呟き

 去年から今年にかけての年末年始前後の猛烈な仕事の無さから一変して連休中はずっと仕事に追われていた。どうしてこうも仕事の量は極端なのだろうか。フリーランスと言うと一見時間の制約を受けずに自由に働けるイメージがあるが、どんな仕事にも〆切がある上に仕事が切れるのが怖くてついつい仕事を多めに入れると、何故か〆切が重なる呪いが発動するものなのだ。
 自分がベーシックインカムに関心があるのも、とりあえず生存に必要な最低限の保証さえあれば、後は自分のペースで働けるのではないかと期待しているからである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2010

誰も書かない映像制作の話

Twitterで知ったこのサイトが面白い。映像制作関連の誰もが書かないテーマを取り上げて考察しているのだ。
 例えば日本の映像制作の現場では、パチンコ関連の仕事は比較的下に見られているくせに実は経済的に完全に依存していて、それ無しでは回らなくなっているし、権利関係や支払いもしっかりしている優良クライアントである話や、日本のアニメ漫画などのサブカルチャーで海外進出を目指すのが現実にはいかに非現実的かなど、現場の人間だと知っていてもなかなか書けない(書かない)テーマを取り上げているのが素晴らしい。
 そんな訳で本当は単にリンクを張るだけで済むのだが、それだとあまりに殺風景なので少しだけコメントを付けてみた。

そこ、つっこみ処ですから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »