« 最近の影像制作の作り手が変わってきているらしい | Main | 安い日本酒を考察する »

October 05, 2010

EOS 5D試し撮り

Sauerkraut

 今更ながらEOS 5Dを買ってしまった。EOS 5D-MKⅡではなく初代5Dである。フルサイズCCDを搭載したデジカメには前から興味があった。元々フィルムカメラ使いだった自分にとってカメラ=フィルムフォーマットと言う刷り込みがあるからだ。
 だがこれまで余りにフィルムカメラに投資しすぎたのと、一時期は写真も仕事にしてたので仕事用と言う口実があったのが今ではすっかり写真の仕事が無くなってしまい、そこまで予算が回せなくなってしまったのだ。しかし発売されて長いこと経ち、中古なら7万円台から手にはいるようになったのでようやく手に入れたという訳である。

 使ってみるとミラーショックの大きさに驚かされる。よく考えればCCDが大きい分、ミラーも大きいのでシャッターを切ったときの衝撃も大きくなるのは当然だ。長いこと忘れていたフィルムカメラの感覚を思い出す。そしてデーターを読み込んでパソコンで開くとまるで4×5のカメラで撮ったかのように、拡大しても拡大してもディティールが写っているのに圧倒される。フィルムカメラに比べるとデジカメは一段解像度が高いと言う話を聞いたことがあるが、まさにそれを実感させられる。同じデジカメでもこれはきちんと腰を据えて撮る必要がありそうだ。

 それにしても発売されてから5年経つが、これなら当分現役で使えそうなカメラである。

|

« 最近の影像制作の作り手が変わってきているらしい | Main | 安い日本酒を考察する »

Comments

CCDではなく、CMOSですね。(^o^)

Posted by: まち | December 04, 2012 at 06:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/49652089

Listed below are links to weblogs that reference EOS 5D試し撮り:

« 最近の影像制作の作り手が変わってきているらしい | Main | 安い日本酒を考察する »