« March 2011 | Main | May 2011 »

April 30, 2011

【翻訳】福島にガイガーカウンターを送って欲しい

ウクライナの放射線測定器のメーカーに福島県にガイガーカウンターを送って欲しいと言う手紙をボランティアで翻訳してみた。自分の拙いロシア語だと間違いがありそうなので、ここに晒していろんな方にチェックしてもらおうと思う。

※頂いたコメントは直ぐに反映されませんのでご注意下さい。


(以下手紙の文面)
I have found your production of Radiation Detector in Amazon JAPAN,
As you know Japan was facing to Earthquake and Tsunami. And 4 reactors in Fukushima 1st Nuclear Power Plant were destroyed and Radiation is leaking still now.
So, I would like to ask to you, Your company's Radiation Detectors provide to
free of charge for schools and local governments in Fukushima Pref in JAPAN.

I have contacted by Mr. KATAYOSE, Atomic Unit officer Disaster Provision Main
Office of Fukushima Pref, by telephone.
He would like to check conditions of Radiation Detector in your company.

1. Same Accuracy as Survey Meter, ALOKA

http://www2.aloka.co.jp/products/index_html/radiation/002

2. Display to “Same Unit” like as 1Micro Sv /h in detector

3. At least 10 Unit and if you could 100 Unit are need in Fukushima
(Now Radiation Detectors are 30 to 40 Unit only in Disaster Provision Main Office of Fukushima Pref!)

Mr. KATAYOSE ask to you that Not use the E-mail, PLEASE USE THE FAX, because of his office was destroyed by Tsunami and he do not have personal e-mail address now.
(see the English web page of Fukushima Pref)

http://www.worldvillage.org/fia/kinkyu_english.php

I think ECOTEST is needed the Calibration service in Japan.

I am semi-pro science writer, professional in Space Activity reports.
I have a friend in Ukraine and I have visited to Kiev and Krivoy Rog in last spring.
Good people and Good memories only in Ukraine.

Well, Any questions are welcome and I will you reply to you in soon.

Yours sincerely,

Я нашёл Ваш производства радиометра-дозиметри в Amazon Japan,
Как вы знаете, Японию накрыли землетрясения и цунами. А 4 реакторов в АЭС "Фукусима-1" были уничтожены и радиационной протекает всё ещё.
Таким образом, я хотел бы спросить Вас, Ваши радиометра-дозиметри предоставлять
бесплатно для школ и органов местного самоуправления в Фукусима ап в Японии.

Я связался с г-ном KATAYOSE, атомная единица офицер бедствий обеспечение Главная
Управление префектура Фукусима, по телефону.
Он хотел бы, чтобы проверить состояние по вашим радиометра-дозиметрам.

1. Той же точностью, как измерительные прибори, ALOKA

http://www2.aloka.co.jp/products/index_html/radiation/002

2. Показать на "же Группу" вроде как 1Micro Зв/ч в детектор

3. По меньшей мере 10 группы и если бы Вы могли 100 группы являются необходимость в Фукусима
(Теперь радиометра-дозиметри от 30 до 40 шт только в борьбе со стихийными Предоставление Главное управление префектура Фукусима!)

Г-н KATAYOSE просит вас, что не использование электронной почты, пожалуйста, используйте факс, потому что его офис был уничтожен цунами и он не личный адрес электронной почты в настоящее время.
(см. английский веб-страницы из Фукусима ап)

http://www.worldvillage.org/fia/kinkyu_english.php

Я думаю, ЭКОТЕСТ необходимо службы калибровки в Японии.

Я полупрофессиональный науки писатель, специалист в докладах космической деятельности.
У меня есть друг в Украине и я побывал в Киеве и Кривом Роге в прошлой весной.
Хорошие люди и хорошие воспоминания только в Украине.

Просим связаться с нами, если у Вас возникнут какие-либо вопросы, и я буду сообщать Вам ответ на Ваше вопос в ближайшее время.

С уважением,

| | Comments (4) | TrackBack (0)

成功する人達に対して思う事

 勝ち組と言うほどではないが、世間的にはある程度成功して裕福な人と話す機会があるのだが何故か彼らに対して苛つく事があるのだろうと思っていた。彼の多くは皆いい人が多く色々と勉強していて知識も豊富で努力家で人としては素晴らしい人が多い分なおさらそれが不思議だった。
 最近ようやく判ったのだが、それは一言で言えば彼らの根本的な価値観や生き方と自分とのそれが一致しない事にあるかららしい。もちろん意見の合わない人は別に勝ち組に限らずどんなジャンルでも存在する。なのに特に彼らに苛つくのかと考えてみると、彼らの価値観の殆どが世間で正しいもしくは主流派のものだからだろう。乱暴な言い方をすれば彼らはとてもミーハーだ。さしたる疑問も無くその時に流行っているものを好きだと言い、正しいと言われている事に賛同する。それが自分の様にマイナーなものを好み、世間で言われている事に疑問を挟みたがる人間にとってはどうにも軽薄で長いものに巻かれているような感じを抱いてしまうのだ。しかも世間的に見れば彼らの言う事の方がどう見ても正しいし得なのだ。それがますますルサンチマンを募らせる原因になるのだろう。
 とは言え根本的な好き嫌いは、どうあっても変えようがないのが自分にとっての実情だ。例え周りの人が全て賛同しようとも自分が気に入らなければそれは自分にとっては受け入れがたいものなのだ。
 思うに成功する人に必要なのは正しさや好き嫌いの基準を自分の外に置けるか否かにあるのかも知れない。そう言えば竹熊健太郎×赤松健の対談の中で赤松健が「楽しみ代」と言う概念を語っていたのを思い出した。漫画家などが自分が描いてて楽しいと、自分が楽しみ代を払ってることになるから儲からず、編集者や読者を楽しませようと思って描くと楽しみ代が自分に入ってくるので始めて儲かると言うものだ。この手の人達は基本的な価値観の中心は自分ではなく他人の中にあるのだろう。確かに彼らは成功しているし基本的には世の中のためになる人達かも知れない。だがこうした人達に対してはどうしても「みんなの為に犠牲になれ」と言いそうでどうしても信用する事が出来ないのだ。おそらく根本的な所で自分は決して彼らのようにはなれないのだろう。
 大きなブレークスルーは自分の信念だけを頼りに荒野を切り開いた人達が成し遂げた。こうした人達は決して報われなかったのかも知れないが、それでも当人は満足だったに違いない。人のためにものを成せない自分にとっては後者の様な道を目指すしかないのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2011

池袋のブーミンで食べる

Smork_tan

Pork

Oyster

Kakuni

Pork__beans

Dish

 池袋の豚料理専門店「ブーミン」に行ってきた。豚料理と言うと何となく居酒屋風な美味しくてボリュームたっぷりだけどごちゃごちゃしてチープな店と言うイメージがあるが、予想に反してお店も料理もちょっとカフェ風な上品な感じで、これなら女性一人でも安心して入れる感じの店だった。
 もちろん料理もその雰囲気にふさわしく、箸を付けるのが惜しい品が数多くそろっている。もちろんボリュームのあるメニューもきちんとあるのが素晴らしい。料理はどれも美味しくて恐らく特製ソースに秘密があるのだろう。普段、誰もが家で作るようなちょっとした小皿さえここで食べねばと思わせるものになっている。
 お酒もボトルワインなど色々あるがお勧めはオリジナルのサングリアだろう。サングリアと言うとつけ込んだ果物の水分のせいでどうも薄まった感じや酸味が気になるものが多いが、ここではどんなフルーツをつけ込んでいるのか判らないがしっかりと濃厚なワインの風味を残しつつ、口当たりの良い一品に仕上がっているのである。
 ちょっとした食事から腰を据えてゆっくりとお酒を飲みながら楽しむ人までさまざまな客層が来ていたが、そんな幅広い客層こそがこの店の使い方の広さを物語っているのだろう。

 小さなお店なので直ぐに一杯になってしまうので、もし行くときにはなるべく早い時間に行く事をお勧めしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2011

今日の自転車ログ27

 暖かくなって、GWも近いせいか最近ロードバイクを始めた感じの人達を多く見かけた。

今日の自転車ログ

移動距離:44.0km
全体平均速度:23.0km/h
移動平均速度:27.4km/h
最高速度:50.7km/h
合計時間:1:54
移動時間:1:36

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2011

1990年代のCG・影像制作を振り返る

 昔、関わった会社が綺麗さっぱり無くなってたり、当時は業界内では誰もが知っていた事が今では誰も覚えてなかったりしてる事に気がついたので、もう古参のCG業界人しか覚えていない話を防備録代わりに残しておこうと思う。
 学生時代から関わっていたので、自分がCGに関わり始めたのはずいぶん昔の事になる。当時(1990年代)はようやく個人でもようやく影像制作用のソフトに手が届くようになりつつあり、これまで数千万かけて機材を揃えなければ出来なかったCGやビデオ編集が個人でも出来るようになるのではと騒がれた頃だった。当時TVではフジテレビ系列でウゴウゴルーガと言う番組が放送され、このCG部分がパソコン(アミーガ)によって作られていた事は業界人やCGを趣味でやっていた人達に衝撃を与えたものだった。
 当時の自分の日記を振り返ると「これでようやく個人でCG製作が出来る時代が来た。これで一人で映画を作ったり、(これまでプロダクションレベルでしか出来なかった)影像制作の仕事を個人で出来るようになるに違いない」と語っているのに自分でちょっと驚かされる。そう、当時は皆バラ色の未来を夢見ていたのだ。
 バラ色の未来と言えば、作り手側もそうだった。1994年にはちょうどPlayStaionが発売され、CGを作れる人間は引っ張りだこの状態だった。そして日本初の多くのソフトは全世界に売り出されていた。当然、自分もPlayStationのゲーム開発に加わって「自分の作ったものが全世界でプレイされる」のを夢見ていた。当時の自分の労働時間を振り返ってみると、どうしてこんなペースで働けたのか判らない程だった。なにせPlayStaionのゲーム開発をしながら雑誌の連載を抱え、更には個人でも影像制作の仕事を受けて、更に個人でプロモーションビデオまでも作っていたのだ。
 テンションが高かったのはゲーム業界だけでは無かった。今では信じられないかも知れないが、当時はまだCGソフトも多くのソフトが乱立し、そのいくつかは日本で開発されたものだった。まだどのハードやソフトが勝ち組になるか誰にも判らない時代だったのだ。そしてそれは開発する環境側もソフトを遊ぶためのプラットフォームも同様だった。
 ゲームやTV・映画以外も同じだった。まだバブルの余韻があった事もあり。建築シミレーション用の影像の需要が高まりつつあり、また多くの建築事務所がちょうどCAD・CGを導入しようとしていたからだ。そして当然ながらCAD・CGソフトでも多くの国産メーカーが参入を計っていた。

 あれから10年以上が過ぎた。当時、同じ業界で働いていた人達の多くはWebやスマートフォンなどの新しい仕事に移ったり元の業界へと戻っていって、半分以上も残っていない。当時、精力的に働いていた人達も働き過ぎか体を壊して引退したり、亡くなったりしてしまった。そして当時設立された会社もまた倒産したり吸収合併されて無くなった所もある。CGソフト会社の多くもAutoDeskに吸収され、今はAutoDeskの一人勝ち状態になっている。

 仕事としてのCGは寂しくなってしまったが、NMM(ニコニコムービーメーカー)コンテストなど個人のCG製作はむしろこれからが盛況だ。願わくばこれが仕事としてのCGに繋がってくれればと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2011

イタリアンバール UOKINで飲み食いする

Oyster_and__eggplant

Carpaccio

Cheese

Sparkling__enope_squid

Risotto

 「魚金」のやっているイタリアンバールUOKINに行ってきた。ここは母体である「魚金」同様、豊富な魚貝類のメニューをボリュームたっぷりにリーズナブルに提供しているのが売りのお店で、しかもおしゃれな感じのイタリアレストランのスタイルと言う事もあって結構予約が取りづらい人気店なのだ。。しかも実は1回予約を取ったもののこの前の震災の直撃などもあって結局行けなかったと言う経緯もあり、今回はそのリベンジも兼ねている。
 自分は人気店であってもその分殿様商売だったり、混んでいてサービスや味が低下している例もあるので割と厳しめに見てしまうのだが、それでもここは評判通りの事はだけはある。写真でも判るようにメニューはボリュームたっぷりで大食いの2人でも最後はデザートが食べられない程だったし、味の方も素晴らしい。
 是非ともここは多くのメニューを味わうためにも少なくとも2人、出来れば4〜5人で来る事をお勧めしたい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 16, 2011

今日の自転車ログ26

今日は暖かかったのでついに夏のウェアを引っ張り出した。花粉を除けば素晴らしい自転車日和だ。
それにしても実走タイムが振るわないのは何故だろうか。

今日の自転車ログ

移動距離:44.2km
全体平均速度:22.5km/h
移動平均速度:26.8km/h
最高速度:51.5km/h
合計時間:1:58
移動時間:1:39

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2011

電力不足は夏の終わりには強制的に決着がつくだろう

 この前の東北大震災とそれによる原発事故で今年の夏には確実に電力不足になる事は以前も取り上げた。それに関連してネットでもメディアでも原子力発電の是非が問われているが、双方の隔たりが大きくてとても決着が付きそうもないように見える。
 だが原発問題は夏が終わる頃には半分以上「強制的に」決着が付くだろう。何故なら原発が動かせない状態で当面は電力需要を賄わなければいけない。待てない所は議論の決着が着く前に自分で何とかするするので結果的に原発が無くても(各自で)電力不足を乗り切らなくてはいけないからだ。だがその結果は望ましいものとは限らない、対応出来ない弱者は切り捨てられ、場合によっては工場などの海外移転で国内産業が空洞化するからだ。
 しかし前の大戦から危機に対して内部で意見が対立し明確な戦略を打ち出せず、成り行きでその場凌ぎの対策を続けて泥沼にはまると言う体質が変わってない以上、今回の原発事故も結局、原発を今後どうするか決めれられないまま、目先の電力不足に場当たり的に対応した結果が結論になるのだろう。
 かくして秋になる頃には、あれ程電力不足を騒いでいたメーカーはいつの間にか電力供給が足りなくても工場を回し、熱射病や病院の生命維持装置が止まったら死んでしまうと叫んでいた人達のうち逃げ出せなかった人達は既に亡くなってしまっているのかも知れない。

 その時になってもし仮に国策で「やはり原発は必要だから止められない」と決まったら更に喜劇的な事になるだろう。既に各自の勝手な対応で電力不足を乗り切って、電力需要は足りるようになっても、八ッ場ダムの様に既に必要性が無くなっても止められず、止めるにせよ続けるにせよ膨大なお金だけを消費し続ける事になるからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2011

桜の中を走る

 定番の尾根幹コースをロードバイクで走ってきたが、今日は素晴らしい花見日和で道路脇の至る所で見事な桜が咲いていた。走る前からカメラを持って行くか悩んだのだが、走りながら写真を撮る訳にもいかないし、いちいち止まって撮るとトレーニングが成り立たない。
 そんな訳で残念ながら花見は花見として別の機会に譲るとして、今回は走りながら桜を眺めて楽しむ事にしたのだった。

今日の自転車ログ

移動距離:43.7km
全体平均速度:24.1km/h
移動平均速度:28.0km/h
最高速度:51.8km/h
合計時間:1:48
移動時間:1:33

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2011

被災地支援と言う名目で福島産のお酒や米を買う

Naraman

 散々いろんな所でも書かれているが、被災地支援の為にそこの特産物を買おうと言う運動がある。
そんな訳で自分もそれに便乗して福島産の日本酒や米を買ってきた。
 一つは福島の純米酒「奈良萬」。以前も飲んだ事があるが、冷やでも燗でも旨い守備範囲の広いお酒だ。もう一つは福島産のお米「ミルキークィーン」。もちもちとした餅米に近い食感で、一割ほど少なめの水で炊くとより美味しい。冷めても堅くなりにくいので、自分のように週末にご飯をまとめて炊いて冷凍保存する人には特にお勧めだ。
 単なる自己満足に過ぎないかも知れないが、しばらくはこうした被災地の銘柄を買っていきたいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2011

震災後のプチ食料品不足を切り抜ける

 最近は改善してきたとはいえ、ここしばらくスーパーが夜9時には閉まってしまって買い物が出来なかったり、ヨーグルトなどが停電の影響で生産できずに品薄だったり、パンがなかなか買えなかったりして困っていた人も多いと思う。
 私もご多分に漏れずそのとばっちりを受けていた訳だが、思ったよりも困らなかったのは日頃の料理スキルが高くなっていたおかげだろう。以前の記事にも書いたように、こんな事もあろうかと食料を備蓄したりホームベーカリーを購入していたおかげで結構何とか乗り切れた。また保存食ももはや常備食になっているロシア風トマトやキノコの塩漬けを始め、塩豚、各種豆などもあり買い物が出来ない日でもなんとか備蓄食でやりくりできたのだ。
 それとヨーグルトだが、想像以上に簡単に作れるので最後にその作り方を書いておこう。と言ってもわざわざ書くほども無い程で、単に牛乳にヨーグルトを少し(大さじ1〜2杯)入れてホットカーペットかこたつの中に半日ほど入れておくだけで出来上がる。最初にヨーグルトが無いと始まらないのだけが難点だが、最近はすっかり自家製ヨーグルトが中心になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2011

久しぶりに自転車で走る2

 年度末と地震のスケジュールの破綻のおかげでしばらく土日も無い生活をしていた。ようやく一段落しつつあるので久しぶりに自転車でいつもの尾根幹コースを走ってきた。
 季候が良くなったせいか、新年度のせいかカップルの自転車乗りに良く出会う。しかも女性は美人、男性はイケメンなのが嫉ましい。またいかにも「私ロードバイクデビューです。」と言う感じの女の子も見かけたが、話しかけるきっかけも特に無い以上ただひたすら走り続けるのみである。
 それにしても季候は良いものの花粉が酷い。いつもは息が上がって来る上り坂でも、とてもじゃないが口を開けて息を吸えないのだ。そのせいもあるかも知れないが、相変わらずタイムは振るわなかった。

今日の自転車ログ

移動距離:44.7km
全体平均速度:22.3km/h
移動平均速度:26.6km/h
最高速度:49.3km/h
合計時間:2:00
移動時間:1:40

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »