« 桜の中を走る | Main | 今日の自転車ログ26 »

April 14, 2011

電力不足は夏の終わりには強制的に決着がつくだろう

 この前の東北大震災とそれによる原発事故で今年の夏には確実に電力不足になる事は以前も取り上げた。それに関連してネットでもメディアでも原子力発電の是非が問われているが、双方の隔たりが大きくてとても決着が付きそうもないように見える。
 だが原発問題は夏が終わる頃には半分以上「強制的に」決着が付くだろう。何故なら原発が動かせない状態で当面は電力需要を賄わなければいけない。待てない所は議論の決着が着く前に自分で何とかするするので結果的に原発が無くても(各自で)電力不足を乗り切らなくてはいけないからだ。だがその結果は望ましいものとは限らない、対応出来ない弱者は切り捨てられ、場合によっては工場などの海外移転で国内産業が空洞化するからだ。
 しかし前の大戦から危機に対して内部で意見が対立し明確な戦略を打ち出せず、成り行きでその場凌ぎの対策を続けて泥沼にはまると言う体質が変わってない以上、今回の原発事故も結局、原発を今後どうするか決めれられないまま、目先の電力不足に場当たり的に対応した結果が結論になるのだろう。
 かくして秋になる頃には、あれ程電力不足を騒いでいたメーカーはいつの間にか電力供給が足りなくても工場を回し、熱射病や病院の生命維持装置が止まったら死んでしまうと叫んでいた人達のうち逃げ出せなかった人達は既に亡くなってしまっているのかも知れない。

 その時になってもし仮に国策で「やはり原発は必要だから止められない」と決まったら更に喜劇的な事になるだろう。既に各自の勝手な対応で電力不足を乗り切って、電力需要は足りるようになっても、八ッ場ダムの様に既に必要性が無くなっても止められず、止めるにせよ続けるにせよ膨大なお金だけを消費し続ける事になるからだ。

|

« 桜の中を走る | Main | 今日の自転車ログ26 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/51384556

Listed below are links to weblogs that reference 電力不足は夏の終わりには強制的に決着がつくだろう:

« 桜の中を走る | Main | 今日の自転車ログ26 »