« 今日の自転車ログ29 | Main | なんか猛烈に忙しいのだが »

May 14, 2011

福島第1原発1号機、建屋内で2000ミリシーベルトが計測される

 原発ネタはblogに書くつもりは無かったのだが、さすがに無視できない数値が出始めたのとそれをきちんと報道している記事があまり無かった気がしたのでちょっとクリップしておく。

 東京電力は14日、福島第1原子力発電所1号機の原子炉建屋地下階の半分程度が水につかっていることを確認した、と発表した。1階では毎時2000ミリシーベルトの高放射線量も計測したという。1号機の核燃料は溶け落ち、圧力容器や格納容器は損傷している。原子炉から放射性物質を含む汚染水が建屋内に大量に漏れ出た公算が大きい。新たな対策を迫られ、本格的な冷却作業のいっそうの遅れにつながりそうだ。
(中略)
 毎時2000ミリシーベルトと8分いるだけで作業員の被曝(ひばく)線量限度を超す高放射線量も13日の無人ロボットによる調査でわかった。

011/5/14 20:29日本経済新聞 電子版

ちなみにちゃんと線量が記事中にあるのが確認できたのは日経など一部に過ぎず、たのメディアの多くは省いていたり、図の注釈のような形でしか書かれていない。
なお、これがどのくらいの値なのかについてだが以下の図が判りやすいだろう。
294e13a9_2
しかしこの状況だと正直な感想として打つ手が思いつかない。もはや内部で作業するのは不可能な汚染だからだ。かと言って石棺は実は簡単に出来るものでもないし、封じ込めた後もコンクリートの劣化などで膨大なお金がかかり、しかも膨大な年月監視を続けねばならない。
本当にどうするのだろう。


|

« 今日の自転車ログ29 | Main | なんか猛烈に忙しいのだが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/51671103

Listed below are links to weblogs that reference 福島第1原発1号機、建屋内で2000ミリシーベルトが計測される:

« 今日の自転車ログ29 | Main | なんか猛烈に忙しいのだが »