« April 2011 | Main | June 2011 »

May 29, 2011

フルシチョフの回想録が面白い

 実家の本棚に「フルシチョフ最後の遺言」を発見した。旧ソ連でスターリン後に書記長の座についたニキータ・フルシチョフが回想録を書いていたのは有名な話だが、どうやらこの本もその日本語訳のひとつらしい。
 旧ソ連や歴史好きなら必見の内容だとは聞いていたが、正直に言えば自分はそうした話を過小評価していた。所詮冷戦中に出された本だしきっとイデオロギー色が強いか、もしくは肝心な部分はたとえフルシチョフであっても秘密にして書かれてないに違いないと思っていたのだ。
 しかし何気なく一読して驚いた。自分は旧ソ連でも宇宙開発に興味があるのだが、なんと冷戦後に初めて明らかにされたと思っていたセルゲイ・コロリョフの存在やニェジェーリンの大惨事についてさえ結構詳細に書かれていたからである。しかもこの本、奥付をみると昭和50年に発行されたと書かれている。
 この他にも戦略ロケット軍創立秘話、当時から黄禍が懸念されていた話など、興味深いテーマが山盛りだ。まだパラパラと見ただけだがじっくり時間をかけて読んでみたいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハーブを生けてみる

Herb

 大家さんよりバーブを頂いたので生けてみた。これでしばらく料理も香りも景観も楽しめそうだ。
ところで頂いたもののうち茎が紫色のバーブが何か判らない。種類が判らないとどう使っていいか判らないのでちょっと困っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 27, 2011

疎開するかを決めるもの

 忙しいのとネタが無いので、またもTwetterのログからのサルベージ。

 今回の震災・原発事故で考えたが、結局疎開するかはリテラシーや政府を信じてるかどうかでは無く、避難先で生活出来るコネや金があるか、勤め人なら会社がどうするかで全て決まってしまうと思う。例え本当にヤバくてもこれらが駄目なら逃げる事は出来ないし逆に会社が移転すれば嫌でも行く羽目になるのだ。
 そして今年の夏には「電力事情で工場は○○に移転する事になりました。あなたは一緒に行くか辞めるか選んで下さい」と言う通知が各地で繰り広げられるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2011

今日の自転車ログ31

 今日は午後から雨と言っていたが午前中はとてもいい天気だったので、雨が降る前にロードバイクで走ってきた。それにしても2日連続で走ると如実にペースが落ちてるな。

今日の自転車ログ

移動距離:44.2km
全体平均速度:22.4km/h
移動平均速度:26.6km/h
最高速度:54.2km/h
合計時間:1:58
移動時間:1:39

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2011

海外からの放射線線量計はどこに行っているのか

 以前「福島にガイガーカウンターを送って欲しい」と言う件で記事を書いたが、それに関連して以前から聞いていた現場に放射線線量計が届いていない件について書いてみたい。

 福島原発事故以来、多くの国から放射線線量計が送られた事は、いろんなところで報道されているので知っている方も多いと思うが、これらがどこに行ったのか気になって調べてみると、それらの多くはまだ成田空港や各地の倉庫に保管されたままになっていると言う。
 詳しくはYoutubeに上がっている参議院の厚生労働委員会のやり取りを見て欲しいが要約すると米国から4万台、英国から249台、仏から360台、カナダから5154台、ロシアから400台、韓国から20台、フィンランドから50台と合計で約5万台もの放射線線量計が届けられているが、これらの多くは検品待ちと言う名目で成田空港や各地の倉庫に保管されたままになっていると言うのである。
 答弁相手の外務大臣官房 武藤審議官がのらりくらりと答えていて要領を得ないが、要するに検査を通らないと使用出来ないので倉庫で検査を待っている為だと言うことらしいが、これは奇妙な回答だ。と言うのは以前ウクライナのメーカーから線量計を送ってもらうために調べた時にわかったのだが、求められている規格はアルカー社と同一水準で単位系がマイクロジーメンス/Hなど同一の単位表示と言う欧米の一般的な規格を満たしていればいい筈なので、少なくとも欧米諸国から送られたものならばメーカーさえ確認すれば殆ど検査する必要は無いはずなのだ。またもし仮に検査が必要であっても(一台一台検査するならともかく)もう2ヶ月近くも経っているのに終っていないのは不自然だ。
 こうして見ると線量計を渡してデータを取られるのがいやなので政府・官僚がサボタージュしているのではないかと穿ってみたくもなるものだ。こうした事態が続く限り、政府は深刻な放射能汚染を隠蔽していると言われても仕方が無いだろう。

2011/9/11追記:再び今日のNHK日曜討論で今度は自民党石原伸晃氏が4~5万の線量計は数値がまちまち。市民に線量を計らせないようにしないといけない」と発言したので再度調べてみたところ、なんと上の画像関連がごっそり削除されている事に気がついた。たしかに許可を得てないTVの画像かも知れないがこうした映像は残しておくべきだろう。だから政府に都合の悪い情報が隠蔽されていると邪推されるのだ。
 ちなみに肝心の線量計が現場に届かない件はどうやら届いた線量計をどこに振り分けるか意思決定者が不在な為、権限の無い個々の役所では対応できないというのが実情らしい。それにしても「外国から線量計を誰がどこに振り分けるか」など決まってないのが当然なのだから、こうした時こそ政治家が動くべきなのに肝心の政治家たちは権力闘争に明け暮れて何も決めないのだから呆れてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の自転車ログ30

 先週はえらく忙しかったせいで今日は寝坊してしまった。おかげでもう日がだいぶ高くなってからの出発になってしまったが、既に初夏のような暑さだ。もっと暑くなったらもっと早起きして走らないと熱中症になりそうだが、果たして起きられるだろうか。

今日の自転車ログ

移動距離:44.3km
全体平均速度:23.0km/h
移動平均速度:27.0km/h
最高速度:56.9km/h
合計時間:1:55
移動時間:1:38

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2011

なんか猛烈に忙しいのだが

5月に入ってからなんだか猛烈に忙しい。
それでも20代の頃の忙しさのピークに比べればまだましだし、歳相応に狡猾になって上手く仕事を処理するすべを身につけたはずなのに、疲労度は以前より激しい気がするしなにより時間が無いのが結構辛い。
無理が効かなくなっているのか、それとも自炊やらなんやら家ですることが増えているせいだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2011

福島第1原発1号機、建屋内で2000ミリシーベルトが計測される

 原発ネタはblogに書くつもりは無かったのだが、さすがに無視できない数値が出始めたのとそれをきちんと報道している記事があまり無かった気がしたのでちょっとクリップしておく。

 東京電力は14日、福島第1原子力発電所1号機の原子炉建屋地下階の半分程度が水につかっていることを確認した、と発表した。1階では毎時2000ミリシーベルトの高放射線量も計測したという。1号機の核燃料は溶け落ち、圧力容器や格納容器は損傷している。原子炉から放射性物質を含む汚染水が建屋内に大量に漏れ出た公算が大きい。新たな対策を迫られ、本格的な冷却作業のいっそうの遅れにつながりそうだ。
(中略)
 毎時2000ミリシーベルトと8分いるだけで作業員の被曝(ひばく)線量限度を超す高放射線量も13日の無人ロボットによる調査でわかった。

011/5/14 20:29日本経済新聞 電子版

ちなみにちゃんと線量が記事中にあるのが確認できたのは日経など一部に過ぎず、たのメディアの多くは省いていたり、図の注釈のような形でしか書かれていない。
なお、これがどのくらいの値なのかについてだが以下の図が判りやすいだろう。
294e13a9_2
しかしこの状況だと正直な感想として打つ手が思いつかない。もはや内部で作業するのは不可能な汚染だからだ。かと言って石棺は実は簡単に出来るものでもないし、封じ込めた後もコンクリートの劣化などで膨大なお金がかかり、しかも膨大な年月監視を続けねばならない。
本当にどうするのだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の自転車ログ29

 今日は寝坊したが余りに天気が良かったので自転車でいつものコースを走る。

今日の自転車ログ

移動距離:44.0km
全体平均速度:23.6km/h
移動平均速度:27.5km/h
最高速度:52.8km/h
合計時間:1:51
移動時間:1:36

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2011

今日も自転車で走る15

 今日も自転車で走る。いつもの定番の尾根幹コースだ。
それにしても我ながら自分はモジベーションの低い自転車乗りだと思う。人によって自転車(ロードバイク)で走る理由はさまざまだろう。特に最初はダイエットのためとか健康のためとかで始めても、体重も落ちてくればそれだけで走り続けるのは難しい。乗り続けるためには何かしら乗っている事自体が楽しい理由が必要なのだ。いや、もう少し砕いて言うと乗り続ける事で無くても構わないのかも知れない。レースなどで人よりも速く走りたいと言うのでも良いし、同じ趣味の人達と一緒に走ったり、走り終わった後の打ち上げが楽しいと言うのもありだろう。また定番だがどこか遠くに行くのも悪くない。
 そうして考えるとレースにも出ず、グループ走もせず、長距離走もしない自分は相当に変わった方なのだろう。別にそれらが嫌いという訳ではないがわざわざその為に早起きをしたり、人と会ったり、時間をかけるのがどうにも億劫なのだ。
 正直に言うと自分の自転車のモジベーションは相当に低いのかも知れない。時間をかけるのがもったいないと思ったり、走っているときはテンションが上がっているものの走り出すまでが億劫なのだ。ただ走り終わった後のシャワーと食事そしてその晩の晩酌が自分のやる気を支えている。食いしん坊の自分にとって好きなものを好きな分食べられないと言うのは何よりも嫌な事だが、少なくとも自転車に乗って以来体重は常に55kg前後を推移して、多少食べようが飲もうが変化しないのだから止められないのだ。もちろんその他にも腰痛が治ったとか、階段の上り下りや体を動かすのが全く苦痛でなくなったと言うのもある。
 もし自転車以外に短時間で面白く手軽に同様の効果がある運動があればそれに移ってしまうのかも知れないが、今のところ自転車以上に効果的で面白い運動法は無いようだ。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:22.0km/h
移動平均速度:27.1km/h
最高速度:50.3km/h
合計時間:2:00
移動時間:1:37

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症防止の為の食事療法の総括

 以前、花粉症を防ぐために食事療法を行う事にしたと書いたが、シーズンも終わった事だしここでその結果を報告しよう。
 結論から書けば劇的な効果はなかったものの多少の効果はあったようで、シーズン前半はまだ花粉が飛んでないのかと思って調べると既に飛散が始まっていた事が何度もあった。後半はさすがにそう言う訳にもいかなかったがそれでも酷かったのは全部で10日ぐらいで、結局薬を飲んだのは7日くらいに過ぎなかった。
 ただ全く何ともなかった訳ではなく、何となく鼻がむずむずしたりくしゃみが出る日は結構あった。興味深かったのは前日に何を食べたかで結構翌日の調子が違っていた感じがした事だ。正確にデーターを取った訳ではないのであくまで感覚的なものだが、どうやらレルギーの元のヒスタミンの原料となるヒスチジンの摂取を避けるだけでは駄目で、肉類を取ると駄目らしい。逆にひよこ豆などのベジタリアンメニューを中心に食べた日は結構花粉が多くてもそんなに症状が出ないのである。どうやら同じように感じる人はいるらしくググってみると、花粉症を治すためにベジタリアンメニューを食べているうちに、ベジタリアン(ヴィーガン)になった人のWebを見つけた。やはりこの方も肉類を少しでも食べると駄目だと書いているようだ(さらにググるとなんと2chでもこの話題が取り上げられていた。どうやらベジタリアンメニューで花粉症が緩和された人は結構いるらしい)。
 さすがに値が食いしん坊の自分は完全なベジタリアンになるのは無理だが、花粉症シーズンくらいは肉類を控える食生活も悪くないのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2011

池袋の馬力で飲み食いする

Hoppy55
(ホッピーを頼むと中の焼酎の割合が多いのが売りの店は多いが、その中でもここは別格だ)
Nikudofu
(美味しいがニンニクたっぷりなので、行くメンバーと翌日の予定に注意しよう)
Gyusashi

Motuni
(ホルモン系は噛みきれなくてトラウマになった人も多いだろうが、ここは箸で切れるくらい柔らかくて、ホルモン系初心者にもお勧めだ)
Basashi

Menchi_catu

Maguro_butu

 GW中も仕事が立て込んでいて遊びに行く暇は無かったがその代わり池袋の馬力で飲み食いする。ここは11:00~翌7:00までと言ういかにも飲兵衛が好みそうな営業時間の店だけあって、壁一面に貼られたメニューやハムカツ、マカロニサラダと言った典型的飲み屋のメニューのある飲み助の友のようなみせなのだ。店内は簡素なテーブルや椅子ながら2Fや3Fに上がればテーブル席が少ない事もあって、ちょっとした隠れ家のようで悪くない(1Fはちょっと狭すぎると思うが)。メニューは典型的な居酒屋メニューの他に焼き物・ホルモン・ユッケや牛馬刺しなどがあり、どれも水準以上の美味しさだ。このご時世なのでユッケは無かったもののそれ以外のメニューは本当に迷うほどあって、中にはお味噌汁やご飯類などもあってお昼にランチに来ても悪くない感じだ。しかもお酒もこの手の店にしては種類は少ないものの純米酒やプレミアムホッピーなどもあるのが素晴らしい。
 そんな訳で今回も散々飲み食いしたのだが、それでも一人3000円台でぎりぎり収まり、そのコストパフォーマンスの良さに感激した。おかげでささやかながらGWの余休を満喫出来たのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2011

今日も自転車で走る14

 今日は谷間の連休初日のせいかどこも道が混んでいた。
 今回はさすがに一昨日走ったばっかりなので気分を変えて野猿街道のコースを走る。それにしても少し前は3日続けて走りまくると言った事もしてたのに最近は一日空けても足が重い。ログを見れば判るようにそれ程たいした距離を走ってないのに、まさか老化と言う訳でもあるまい。
 ロードバイクに乗ってない人向けに説明すると、ロードを趣味にしているとだんだん距離の感覚がずれてくる。なにせ2chの自転車版などでは「とりあえず100km走れ」が定番のフレーズだったりするのである。だがさすがに現実はプロでも無いのに毎日100km走る猛者など殆ど居ない(それでも居るのが恐ろしいのだが)が、それでも休日となると50kmは軽く走る人が普通にいるのがこの世界なのだ。
 GW中にも関わらず忙しいのだが、とりあえず走る頻度を上げて見て慣れるかどうか試してみようかと思っている。

今日の自転車ログ

移動距離:47.8km
全体平均速度:22.0km/h
移動平均速度:26.9km/h
最高速度:61.5km/h
合計時間:2:10
移動時間:1:46

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2011

今日の自転車ログ28

 定番の尾根幹コースを自転車で走る。
今日は昼過ぎから雨が降ると言っていたのでちょっとだけ早めに出たが、なんとか降る前に戻ってこれた。それにしても凄い風だった。ディープリムを履いてたら死んでたかも知れない。
 今日は連休前半最終日だったが、道路は車も自転車もがらがらだった。天気が崩れるのと明日に備えて出かけてないのか、もう行楽地や帰省してしまってたのだろう。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:22.5km/h
移動平均速度:26.8km/h
最高速度:58.1km/h
合計時間:1:57
移動時間:1:38

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「福島にガイガーカウンターを送って欲しい」件の状況など

 昨日の「福島にガイガーカウンターを送って欲しい」とお願いしている件について、状況を説明していなかったのでちょっと補足したい。

 まずこの呼びかけ自体はTwitter上の知り合いの方が中心になって行っているもので、私自身は翻訳の部分を手伝っている。福島県でガイガーカウンター(便宜上こう書くが、放射線量計測器はさまざまなタイプがあり、ガイガーカウンターだけではないので注意が必要だ)が足りないのは事実だが、先に述べた様に放射線量計測器もさまざまなタイプがあるので、何でも良いから持って行けば良いという訳ではない。今回は以下の条件を満たすものが必要になっている。

1.アルカー社(他のメーカー)と同一水準の機器であること
2.単位系がマイクロジーメンス/Hなど同一の単位表示ができること。
3.最低10台まとめてほしい。できれば100台ぐらいほしい。
(現在30〜40台しかない。足らないのは事実)

 あともう一つの問題は言葉の壁がある。お願いしているウクライナの会社は英語のWebページをもっているものの、電話で連絡した方によると英語の通じる人は殆どいないようなのだ。また逆に受け入れ側の福島県の方では窓口になる人でロシア語がわかる人は誰もいないので、英語のドキュメントが必要なのだ。

 可能な限り言葉に関しては間に入るつもりだが、以上の事情もあって上手く進むかは判らない。また今回の原発事故で世界的に放射線量計測器は不足しているので、向こうの会社にそもそも在庫がないと言う可能性も考えられる。

(とりあえず翻訳に関わったものとして、今後の経過で何かあればまたこちらで報告したいと思います。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »