« May 2011 | Main | July 2011 »

June 26, 2011

グルメにおけるタイプ違いと偏見について

 半分付き合いで人と食事していると同じ趣味嗜好で無い分、人によってその関心とこだわり具合にはずいぶん違う事に気付かされる。もちろん最初から食に興味が無いと言う人もいるが、それよりも興味深いのは同じように食べるのが好きでも、その評価するポイントが全く違うのが面白い。
 例えば昔の仕事柄、デザイン関係の友人・知人も多いのだが、彼らの評価ポイントは得てして食事のみならず店の内装や食器などに対しても向けられる事が多いように思う。だからたとえ食事だけがどんなに美味しくても店が汚かったりしたら駄目で、あくまで外での食事は料理・店の雰囲気・サービス全てを含めたものが評価の対象となるのである。これは飲食店関係者も同じようで、たしかに彼らはこうした全てをお客さんに提供するサービスをしているのだからよくわかる。
 対して過去の学生時代の自分も含めて食いざかりの20代前後の男どもに取っては、とにかく量が多いことが大前提で、たとえどんなに美味くても量が少なければ駄目なのだ。そういえば昔働いていたゲーム会社では平均年齢が若かったこともあって、お昼に行く店は常に量が多い店だったのを思い出した。そして最も「良い店」とされたのは食い放題サービスのあるお店だったのはある意味当然だったと言えるだろう。
 これに似ているのが純粋な飲兵衛どもだ。昔、職場にいた重鎮のエライさんがこのタイプでとにかく沢山酒を用意しなくてはならなかった事を覚えている。
 そういえばいわゆるおばさん方と食事をしたこともあったが、その微妙なズレに居心地の悪さを感じたのも印象深い。太るのがいやで油物を殆どとろうとしない割にはクリームやバターたっぷりのケーキをぺろっと食べたり、高級店で食事をしたりしていても何故かコーヒーはインスタントだったりするからだ。とは言え彼女たちを責めるのは酷だろう。子供の頃に身についた味覚はなかなか変わらないと言われるが、彼女たちが小さな頃はまだコーヒーは一般的なものでは無かったのだから。

 このように同じ食事好きですら様々なタイプが存在するのだが、特に関心のない人達からはこれらの違いは分からないからややこしい。かくしてグルメはとにかく沢山食べる人とか、酒豪は酒の種類よりも量を飲むとか、ワインなどの高級銘柄を知ってるからきっと他の料理全般の造詣も深いとか、様々なステレオタイプに基づいた誤解と偏見が蔓延するのである。
 そして食べログなどの評価ポイントが微妙に当てにならないのも、これらを考えれば当然とも言えるだろう。食いざかりには量が多い店が、飲兵衛どもには酒がたくさん飲める店、そしておばさんやOL達にはデザートが何よりも不可欠でそれぞれ評価ポイントが違うのだから当然だ。これを避けるためには食べログにもAmazonのように「この店を良いと言った人は他にもこんな店を評価しています」などと言う機能でも付けて、各クラスター毎に評価結果を見られるようになるのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2011

10年ぶりにジンクスに勝利する

 自分のジンクスの一つにボーリングをすると必ず風邪をひくと言うのがある。そんな事もあり、昔は有人に誘われてもボーリングだけはわざわざ辞退する位だったのだが、もうボーリングなどしなくなって10年近くにもなりそんな事はすっかり忘れていた。
 そんな折、たまたま仕事先の社内イベントでボーリング大会が行われたのに参加したのだが恐れていたようなこともなく、今のところ快調だ。これも自転車に乗るようになって基礎体力がついたせいだろうか。相変わらず走るスピードは早くならないが、食べても体重が増えない、腰痛が治まったなどそれなりにメリットはあるようだ。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:21.7km/h
移動平均速度:26.2km/h
最高速度:56.7km/h
合計時間:2:02
移動時間:1:40

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2011

野ウサギのように走りたい

 NHKの「ダーウィンが来た」でイギリスのヤブノウサギを取り上げていたが、意外にも(?)ヤブノウサギは俊敏で瞬間最高速度は何と時速70kmに達し、巡行最高速度も時速40kmにもなるという。
身近に見かけるうさぎとは実はちょっと種類が違うとは言え、こんな小さな生き物がこれだけのスピードで走れるとは驚きだ。
 ところで自転車という乗り物は人間でも訓練次第でかなりのスピードで走ることの出来る乗り物だ。プロのレースや競輪では最大速度は時速70km、巡航速度も時速50km以上に達し、アマチュアでも頑張れば時速40km以上になると言う。
 そんな訳で今日はせめて短時間でもいいから野ウサギ並に走って見ることに挑戦した。平地で時速40kmはそれほど難しいものではないと自転車乗りの間では言われていたからだ。結果は意外に厳しいものだった。一見平らなようでも緩やかな勾配があるので一概には言えないが、かなり頑張って走っても38km/hから39km/hが一杯でなかなか40km/hには届かない。せめて野ウサギ並みに4〜5分で良いので40km/h以上で走れるようになりたいと思っている。

今日の自転車ログ

移動距離:44.5km
全体平均速度:22.9km/h
移動平均速度:26.9km/h
最高速度:51.4km/h
合計時間:1:56
移動時間:1:39

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHKラジオ講座に見る外国語の傾向

 もともと自分は知らない言葉と言うものに興味があって、NHK外国語講座はたとえ学ぶ気がなくてもいろんな国の言葉に気楽に触れられる事からたまに知らない国の講座でも聞いている。
 そんなこともあって久しぶりにNHK韓国語講座を手に取ってみたのだがその内容の変化に驚いた。と言うのも実はまだ学生だったころハングル講座をやっていたことがあるのだが、当時のテキストに比べてはるかに見栄えが良くなって分厚くなった気がしたからだ。
 改めて読んでみると今のテキストは何と120P以上もある厚さでしかもカラーページの割合も増え、内容も向こうの観光をテーマにした食事やショッピングの場を想定した内容になっていた。そして一番の違いはゲストだろう。昔は教育関係者や日本に縁のある人だったのが、やはりと言うべきか韓流スターになったことだろう。
 これもやはり韓流ブームの影響でターゲットが中高年の女性になって購読者が増えたせいなのだろうか。そういえば以前もここで書いたように既にNHK語学講座の第二外国語のシェアでは中国語と並んで韓国語は1,2位を争う人気らしい。
 そこで他の外国語はどうなっているのか他の外国語も調べてみた。
ハングルと並んで第二外国語のトップシェアを占める中国語は、対照的にすっかりビジネス向けの内容になっているのが面白い。入門向けのTV講座ですら今月号では中国の家具工場を見学すると言う内容で、それを記事にしろと日本から言われるくだりすらあるし、より実践的なNHKラジオの応用編ではそのものズバリの中国ビジネス会話がテーマで、しかも内容は現地のストライキにいかに対応すべきかと言うもので、エピソードの架空の会社でのストーリーでは何と最後は共産党のコネを使って解決すると言う落ちになっている。
 それに対してフランス語では入門編は観光を想定した内容になってはいるものの、今月の応用編では何と様々な料理のレシピを解説すると言う内容でいかにもフランスらしいものになっている。
 また興味深いのはポルトガル語で、受講者が少ないこともあり再放送が中心なのだが、内容は日本にやってきたブラジル人家族がポルトガル語が話せる日本人家族と知り合い交流を深めていくと言う、いかにも時流にあったものになっているのだ。

 それにしてもこうして様々な外国語の講座を見てみると、その国に対する学習者側の需要が見えて面白い。韓流ブームは未だ健在だし、中国はやっぱりビジネスだ。

さて我が学習対象であるロシア語はどうであろうか。毎回再放送ばかりが続いていたが今年はようやく応用編が復活した。内容は向こうの新聞記事を取り上げてそれを解説すると言うものだが、はたしてこれはどんな層をターゲットにしているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2011

今日の自転車ログ33

なんだかBlogが自転車ログの記録帳と化しているのをそろそろ避けなければ。

しかし毎回ネタが続く人はいったいどこから書くことが出てくるのだろうか。
たしかにロングライドにも行かず、毎回ほぼ決まったコースを走り、レースにも出ず、新しいパーツを買う訳でも無ければそのうちネタも尽きてくる。
せめてこれで毎回少しづつでもタイムが向上していればせめて何かのネタにもなるのだが、生憎タイムも向上しない。
それでもこれだけ続いてるのは我ながらよくやっていると思う。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:22.3km/h
移動平均速度:27.1km/h
最高速度:53.3km/h
合計時間:1:58
移動時間:1:37

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2011

梅雨の谷間に走る

 今日は梅雨の谷間に何とか天気が持ってるので、外を走れるうちに自転車で走る。
しかし温度はともかくひどい湿気だ。天気以上に気分がすっきりしないが、こういう日のほうが体調を崩しやすいそうなので気をつけたい。

今日の自転車ログ

移動距離:44.0km
全体平均速度:23.1km/h
移動平均速度:27.6km/h
最高速度:54.1km/h
合計時間:1:54
移動時間:1:35

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「福島にガイガーカウンターを送って欲しい」その後

 以前、ボランティアで「福島にガイガーカウンターを送って欲しい」呼びかけをウクライナの放射線線量計メーカーに送る手紙を翻訳した話を書いたが、その後の経過報告。

 当初英語だと全然返事が無かったのが、ありがたい事にロシア語だと割とすぐに返事が来たという報告をもらった。どうやら本当に向こうには英語の判るスタッフは殆どいないのかもしれない。ただ現在、福島原発事故のお陰で日本はおろか世界中から注文が殺到している関係で会社の方にも在庫はなく、当座用意できるのは10台で送っていただけるのは7月から8月になってしまうそうだ。
 それでも福島の状況は向こうでも気にかけているようでありがたい。また現物が届いたらこちらで報告します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2011

ホームベーカリーを買って半年が過ぎた

Bread

 ホームベーカリー(SD-BMS102-N)を買って半年が過ぎた。当初、簡単で美味しいとBlogでも書いたが半年間使って思ったのは意外とホームベーカリーも奥が深く難しいと言うことだ。
 いやホームベーカリーと言うのは適切ではないかも知れない、むしろパンづくり言うべきなのだろう。とにかく半年たった今でも難易度の高いフランスパンやライ麦の比率の高いライ麦パンなどを焼くと、全く同じように作ったはずなのに膨らみ方すら違うのだ。例えばトップの写真では割とぺっちゃんこな感じになってしまったが、同じレシピでも以前のように綺麗に膨らむ時もある。どうやらたとえレシピが同じでもその日の気温などで醗酵の具合が変わるせいらしい。なんでもプロのパン職人はそれに合わせて微妙に小麦粉の比率や水の量、醗酵時間を調整しているらしいが、流石にホームベーカリーでは醗酵時間ぐらいしか調整できないためなのかも知れない。
 実はメーカーもそれは判っているらしく、説明書を見ると昨年のような猛暑の日には予約タイマーを使わずに冷水を使うように書いてある。今年の夏は電力不足もあってエアコンもセーブする必要がありそうだが、パンづくりにとっても試練の夏になりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2011

今日の自転車ログ32

昨日食べ過ぎた分を解消すべく少しだけ長い距離になる野猿街道のコースを走る。それにしてもちょっと意外だったのは昨日あれほど食べたのに一晩経つとほぼ何事も無いほど回復していることである。火鍋で野菜を沢山食べたせいなのか、それとも四川料理の薬膳効果のせいだろうか。

今日の自転車ログ

移動距離:47.9km
全体平均速度:22.0km/h
移動平均速度:26.8km/h
最高速度:55.5km/h
合計時間:2:10
移動時間:1:47

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2011

池袋の品品香の食べ放題は凄い

Century_egg

Hot_pot

Lamb

Vegetable

Lamb_and_shrimp

 Twitterで友人が絶賛しているのを知って池袋の中華料理店「品品香(ピンピンシャン)」に行ってきた。ここは火鍋料理がお勧めのコースだが、その他の四川料理も充実している。四川料理と言うととにかく辛いイメージが強いが、ここは向こうの人もお客さんに来る程の本格的な味ながら、辛さよりも香りと食感のバランスに気を配っていると謳っているだけあって、普通の辛いものが食べられる人なら問題なく食べられるだろう。それと中華系にありがちな美味しいけれどごちゃこちゃしてたりサービスが雑だったりすることもなく、たまたまサービスをしてくれた人が当たりだっただけかも知れないが、とても気持ちの良いサービスだったことも上げておきたい。
 それにしても驚くのはそのボリュームである。写真の脇にIPhoneなどの大きさが判るものを置かなかったことが悔やまれるが、どう考えても4〜5人前のボリュームなのだ。しかも恐ろしいことに(嬉しいことに)それがとても美味しいから苦しくなっても延々と食べることが止められない。それでも大食いを自負している我々2人でさえ初めて食べ切れないと言う経験をする羽目になってしまったのは悔やまれる。
 しかも驚くことに来週からは3980円で飲み放題・食べ放題のメニューが追加されると言う。正直、こんな大盤振る舞いで採算が取れるのか人事ながら心配になってしまうが、ぜひとも行く際には最低3人出来れば5人以上で挑戦してみてほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »