« June 2011 | Main | August 2011 »

July 30, 2011

人に優しい家電とは

 この前、ちょっと大家さんの所に用があって寄ったところ捕まって電話機のFAXと留守番電話の設定をしたのだが、その時に思ったのだが今の家電はどうしてこんなに複雑化しているのだろう。
 例えば先程の電話で言えば留守電・子機への転送・親子機間の通話機能・メッセージの録音・迷惑電話撃退機能・FAX・コピー・キャッチホンやナンバーディスプレイなどの電話会社のサービス対応モードなど山のような機能が付いている上に、更にその中から様々なオプション(例えば迷惑電話の撃退なら撃退パターンの選択など)を選べるようになっているのだ。機能が多いだけなら別にいいのだが、これを2行のカタカナとアルファベットと数字しか表示されないディスプレイとダイヤルを含めたボタンで指定しなくてはいけないのだから大変だ。さすがにメーカーもこれから高齢化が進む中これではいけないと思ったのか「らくらく設定モード」なども付いてるのはいいのだが、これを利用するためには結局最初に述べた機能と同じように膨大なメニューからボタンで呼び出さなくてはいけない上に、延々と音声メッセージで「◯◯を押してください」を聞かされて、間違えると頭からやり直しと言う設定になっている。
 以前、ネットで一見凄そうなお掃除機能付きエアコンが実はそれが付いているために、自分で掃除が出来ない上に故障時に修理を難しくしている原因になっている話を見たが、どうしてメーカーは人に優しい機械を作るために間違った方向に向いてしまうのだろうか。
 何でもヨーロッパでは未だにON/OFFしかないオーブンやレンジが売られていると言うが、日本でもせめて選択肢の中にそうしたシンプルな機種を入れて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2011

グルジア料理(牛肉のワイン煮)を作る

Cyaxoxbiri

 ブロック肉が安かったので、前から気になっていたグルジアの郷土料理「チャホフベリ(чахохбли)」を作ってみた。ポイントはとろみを付けるために湯につけた米を使うのと、水と半々の割合になるほどのワインを使って煮ることだ。
 安売りされていただけあって肉が少々固かったものの、最初にしてはなかなか上手く行ったと思う。
ちなみに今回のレシピも「家庭で作れるロシア料理」を参考にさせてもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2011

いろいろ10

 とりあえず生存報告替わりに思いつくことを箇条書きに。

・最近、忙しいが口癖になりつつあるが本当に時間が足りない。仕事でもプライベートでももっと忙しい人はいっぱい知っているし、過去のもっと忙しい時期もあったのだが、どこに時間が消えてるのだろう。

・その反動と言う訳でも無いが長年考えている妄想ばかり考えている。それはハイテクを駆使した自給自足の生活をすると言うものだ。田舎にいって自給自足の生活をしたいとか、消費生活から離れて質実剛健な生活をするという話はここ数年で頻繁に耳にするようになったが、やはり今の生活を維持するには近代文明は欠かせないし、なにより自分がそうした楽で快適な生活を止められないからだ。
 とは言え今の技術を使えば意外に自給自足のエネルギー消費の低い生活も快適に出来ると思うのだ。単に今の技術は使い方が大量生産大量消費で経済を回すのに特化しているだけであって、根本からやり方を変えれば今よりもずっと少ないエネルギーと労働で社会は十分回るし、きっと快適な生活も出来ると思う。
 例えば今の電気せい日んを全て最新の省エネルギー機器にすれば、電気消費量は今よりはるかに少なくて済むと言われているし、原発に比べコスト高と言われる太陽電池が割高なのは今の100V電気製品に合わせた出力と送電網を使った売電を利用している点が原因の一つなのだから、車の電装系を流用した12Vや24V系の機器を使って自分で発電し自分で消費すれば減価償却ははるかに早く済むはずだ。
 こうした問題は別に電気に限らないと思う。今の問題は解決方法が無いのではなく、単にこれまでのやり方を変えたくない人たちが多すぎるのが問題なのだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

夏風邪が治ったようなので自転車で走る

 暑い。この暑さにも関わらずというか、あまりの外の暑さに温度差が許容量を超えたのか、しばらく夏風邪を引いていた。夏風邪の困ったところは当人にも風邪なのか判断つかない事だ。体が熱く頭がぼうっとして頭痛がして体がだるくても、それが夏バテなのか夏風邪なのか判らない。ここしばらく喉が痛くなってきてようやく夏風邪らしいと判ったので、観念して三連休は家でおとなしくしているつもりだったが、そこは自転車脳の困ったところで回復したら直ぐに自転車に乗ってしまった
 だがやはり回復しきっていないのか、それとも暑さにやられたかペースは散々なものである。

今日の自転車ログ

移動距離:44.3km
全体平均速度:21.2km/h
移動平均速度:25.3km/h
最高速度:55.5km/h
合計時間:2:05
移動時間:1:45

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2011

幸せのしきい値

 今思い出すと不思議なのだが子供の頃に父親に組立式ラジオを買ってもらって、組み立てるために半田ごてが来るのをワクワクしながら待っていた記憶がある。半田ごても自分で買えなかったと言う点と朧気な記憶をたどるにおそらく小学生時代の記憶なのだろう。
 不思議なのは今から考えると実に些細なことなのに、当時はそれがものすごく楽しみな事で何日もラジオを組み立てる(組み立ててもらえる)日を待っていた記憶があることだ。何せ今から考えると不思議なのだが半田ごての事を考えるだけでその日は幸せに過ごせた位なのだ。それから月日が過ぎても、少し前までは◯◯の事を考えれば幸せと言うものがあった気がする。歳と共にそれは高価な物になってはきたものの、少なくともカタログを眺めているだけで十分満ち足りた気分になったものだった。
 月日は過ぎ、最近は思い浮かべると幸せになるものどころか欲しい物さえも思いつかない。とは言え決して満ち足りた生活をしているわけではない、かつて欲しかったものの大半は未だ手に入れられずにいるのだ。
 子供の頃の時間が長く感じるのは、初めての経験が一日の大半を占めているからだと言う説がある。あるいは幸せに感じるものもまた、それがもたらしてくれるものが初めての経験に結びついているからなのかも知れない。
 物欲に悩まされることは無くなったものの、何を思い浮かべても特に欲しいとは思わなくなるとそれはそれで悲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2011

忙しさあるいはBlogを書かない言い訳など

 最近、とみに忙しい。と言っても仕事自体の忙しさは昔に比べればましになった筈なのだ。単に無理が効かなくなってきたので無茶をしなくなったのと、それなりに仕事の回し方が手馴れてきたと言うのもある。
では何故こんなに忙しいかと考えるに、一つは毎日の日課が増えたというのがあるだろう。自転車のトレーニング・語学学習・自炊などどれも一つ一つはそう極端に時間の食うものではないものの、まとまればそれなりの分量だ。しかも、このうち自転車と語学学習は実はいくらでも時間をかけられるものだから悩ましい。更に変な凝り性があるせいで自炊が年々高度化していると言うのがある。慣れによって個々の調理時間は減っていてもそれを上回る勢いで、新たなレシピを試したり、パンを焼いたりとレパートリーと作りおきのメニューを増やしているからキリがない。そういえば、先日もアイスコーヒーを飲むためにウォータードリッパーを購入したのを思い出した。お陰で日々美味いものが食べられるのはありがたいが、代わりに時間を吸い取っているのだ。
 そんなわけでふとちょっとした合間に、昔暇だった頃を懐かしく思い出すことがある。ぼんやりと空を眺めていたり、思いつきで本を読んだりした事だ。あの頃はまさかそんな日常の単なる暇な時間があれほど懐かしく感じられる日が来るとは思わなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2011

もう十分に暑い中自転車で走る

今日は暑くなると天気予報で言っていたのでなるべく早く家を出るつもりだったが、結局いつもとあまり変わらない時間になってしまった。
それにしても暑い。まだ走り始めは良かったのだが帰る頃には昼近くになっていたこともあり、停まると暑さで気絶しそうになる位だ。これからもっと暑くなるがどうやって練習するか悩むところだ。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:21.1km/h
移動平均速度:26.1km/h
最高速度:54.8km/h
合計時間:1:59
移動時間:1:41

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2011

酒飲みのドーピング術

 何度も飲みに行くにつれ、だんだん自分の酒量の限界を把握してそれほど酷い酔い方をしなくなってはきたものの、それでも体調が悪かったり羽目を外したりして二日酔いなどに悩まされることがある。
 それでも最近は長年の人体実験の結果(笑)、ある程度薬を使って押さえ込める方法を発見したので記載したい。ただしこれはあくまで自分の経験なので実践は自己責任でお願いしたい。

 まずは飲む前から出来ることとしてハイチオールCを飲んでおくと言うのがある。この薬は日焼け止め効果などの他に何故か二日酔いにもよく効く上に、処方箋などによれば毎日飲んでも大丈夫なそうなので、結構気楽に飲めるので安心だ。あとは良く言われている対処法だが、なるべくお酒の他に水を沢山飲むことで酷い酔い方は避けられる。これで寝る前に水を沢山飲んで更にハイチオールC、更に食べ過ぎた場合は太田胃散を飲んでおけば安心だ。
 翌日の朝も水分補給を忘れずにこれにハイチオールCと必要に応じて太田胃散を飲み、自分の場合は更に軽い運動をして汗を書いて血液中のアセトアルデヒドを放出する。
 翌日の昼以降、アルコールから胃腸が回復し始めたらここで初めて頭痛対策にバファリン等を飲むことが出来る。と言うのは頭痛薬の多くは胃壁に負担をかける副作用があるので、アルコールで胃腸が弱っているときはかえって胃腸を痛めかねないからである。

 ちなみのこの方法でこれまで自分は乗り切ってきたが、もちろんその前にセーブすることが基本なのは言うまでもない。と言いつつも最近はそれほど二日酔いの症状が出なくてもついついこのドーピング術に頼り始めてしまっている。どんな薬でも多様は禁物、いい加減この手の薬から脱却したほうがいいのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

池袋のずぼらで飲み食いする

Macaroni_salad

Ascidian

Fried_shrimp

Water_egg_apple

Whale_bacon

Chicken_fry

Sashimi

Sashimi2

Shallot

Goya_cyample

Salted_fish_guts

Chicken_fry2

Fried_chinese_noodle

 今回は池袋の「ずぼら」で飲み食いする。ここは食べログなどのネットでの評判もいい結構、人気のお店らしいのだが(事実、食べている間も頻繁にお客さんが着て、19:00にはほぼ満席になっていた)、これまですっかりノーマークだった。
 だがさすがは人気があるだけのお店だ。得てしてこうした人気店は美味しくてもいつしか店主がそれに胡座を掻いてサービスが悪化したりしがちだが、一見さんの我々に対してもさりげなくも実に気の利いたサービスをしてくれて、しかも噂どおりに美味いのだ。
 このBlodでは結構いろんなお店に対して美味しいと言うブレーズを連発しているのでだいぶその価値が落ちているのだが、自分の評価の基準は基本的に(この値段で)と言うのが実は枕ことばにある。しかしこの店に関してはそうした枕ことば抜きで十分美味しいのだから恐れ入る。
 結局、今回もさんざん飲み食いしてお店の人曰く一人当たり二人分は食べたと言われたが、それでも普通の居酒屋レベルの値段に収まっているのだから素晴らしい。
 3階まである店ではあるが、人気店らしく座敷はたいてい予約で一杯でふらっと行くなら早めの時間にカウンター席を狙うしか無いが、それでもいわゆる人気店よりははるかに入りやすい店なので、少人数で早めの時間に行くならぜひともお勧めしたいお店だと言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »