« グルメにおけるタイプ違いと偏見について | Main | 酒飲みのドーピング術 »

July 02, 2011

池袋のずぼらで飲み食いする

Macaroni_salad

Ascidian

Fried_shrimp

Water_egg_apple

Whale_bacon

Chicken_fry

Sashimi

Sashimi2

Shallot

Goya_cyample

Salted_fish_guts

Chicken_fry2

Fried_chinese_noodle

 今回は池袋の「ずぼら」で飲み食いする。ここは食べログなどのネットでの評判もいい結構、人気のお店らしいのだが(事実、食べている間も頻繁にお客さんが着て、19:00にはほぼ満席になっていた)、これまですっかりノーマークだった。
 だがさすがは人気があるだけのお店だ。得てしてこうした人気店は美味しくてもいつしか店主がそれに胡座を掻いてサービスが悪化したりしがちだが、一見さんの我々に対してもさりげなくも実に気の利いたサービスをしてくれて、しかも噂どおりに美味いのだ。
 このBlodでは結構いろんなお店に対して美味しいと言うブレーズを連発しているのでだいぶその価値が落ちているのだが、自分の評価の基準は基本的に(この値段で)と言うのが実は枕ことばにある。しかしこの店に関してはそうした枕ことば抜きで十分美味しいのだから恐れ入る。
 結局、今回もさんざん飲み食いしてお店の人曰く一人当たり二人分は食べたと言われたが、それでも普通の居酒屋レベルの値段に収まっているのだから素晴らしい。
 3階まである店ではあるが、人気店らしく座敷はたいてい予約で一杯でふらっと行くなら早めの時間にカウンター席を狙うしか無いが、それでもいわゆる人気店よりははるかに入りやすい店なので、少人数で早めの時間に行くならぜひともお勧めしたいお店だと言えるだろう。

|

« グルメにおけるタイプ違いと偏見について | Main | 酒飲みのドーピング術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/52104503

Listed below are links to weblogs that reference 池袋のずぼらで飲み食いする:

« グルメにおけるタイプ違いと偏見について | Main | 酒飲みのドーピング術 »