« August 2011 | Main | October 2011 »

September 25, 2011

池袋の楽楽屋で食べまくる

Rakuraku1

Rakuraku2

Rakuraku3

Rakuraku4

Rakuraku5

Rakuraku6

Rakuraku7

Rakuraku8

Rakuraku9

 池袋にある中国東北部料理のお店「楽楽屋」に行ってきた。中国東北部は北朝鮮と国境を接しているだけあって、メニューも朝鮮料理が混在していて中華・朝鮮料理の2つが同時に楽しめる。
 ネットのレビューではかなり現地向けの本格的な味付けで結構好き嫌いが分かれるようだが、一度でも向こうの料理を食べて平気ならきっと気に入るに違いない。客層も半数以上が向こうの人だがそれでも少なからぬ日本人が来ているのがそれを如実に表している。あともし中国人の知り合いがいればきっとここは故郷の味だと喜んでもらえるに違いない。ちなみに我々は大満足だった事を付け加えておく。
 なおメニューには狗や蚕などもあるので、真の深遠に挑戦したい人はぜひとも挑戦するのもいいだろう。
 それにしてもとにかくボリュームたっぷりでコストパホーマンス最高のお店であった(食べログのレビュー時よりもメニューは値下げされている)。なんでも昼間は980円でバイキングをやっているそうなので、興味のある人は先ずはお昼に偵察がてら言ってみることをお勧めしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2011

ソーシャルゲームについて一言

 最近、ネットでソーシャルゲームの話題が結構盛り上がっているようなので少しそれに便乗して書く。
自分も以前の記事でちょっと触れたが、ソーシャルゲームと言うと結構儲かっているイメージがあるようだが、現場の感覚はちょっと違う。と言っても自分はソーシャルゲームに関しては直接制作に関わったわけでは無く、仕事のオファーが来たので打ち合わせをしたり、ゲーム業界の中の人間として見聞きしたレベルなのだが、それでも知りうる限りでは現場はそれほど儲かっていないのは間違いないと思うのだ。
 その証拠に業界向けの求人情報でソーシャルゲームの項目を見れば、一部の役職を別にすればそれ程良いギャラにはなっていない。給料が高いのは所謂ディレクターやマネージャー、システム全般を見るレベルのエンジニアで、これは別にソーシャルゲームに関わらず(大変な分)高給取りの仕事である。
 自分が見たところでもギャラはそこそこでも、それ以上に仕事が猛烈に忙しい。

 まあこうしてゲーム開発現場にお金が掛からない(かけない)からこそ、会社としては儲かるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過後の尾根幹を走る

 台風一過後の尾根幹を走る。この前の台風は結構大きく都内でも街路樹が倒れたところなどもあったので、路肩寄りを走る自転車としてはちょっと心配していたのだが、多少落ち葉や小枝があったものの殆ど問題の無い状態だった。
 それにしても今日は連休後半の中日だったせいかえらく道が混んでいた。なにせ尾根幹はともかく多摩ニュータウン通りまで渋滞が起きている程なのだ。
 だが「これじゃあタイムは期待できないな」と言う予想に反して夏の頃よりペースが良い。どうやら自分のペースと言うのは渋滞や体調以上に気温の影響が大きいようだ。

今日の自転車ログ

移動距離:43.9km
全体平均速度:21.7km/h
移動平均速度:26.3km/h
最高速度:57.2km/h
合計時間:2:01
移動時間:1:40

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2011

課金と騙しのテクニック

ふと以下の2つのエントリーを見て思った事をつらつらと書く。

オンラインゲームを「オカンでも説明無しで楽しめる」ように作るためにすべきこと
※ちなみに上のオンラインゲームのノウハウの記事だが正しいタイトルは2chまとめサイトに書かれた「【神搾取】ネトゲぱねぇ、課金への仕掛けが凄すぎる!こりゃ儲かるわ!」の方が正しいと思う。

人を信じさせる手法について

 自分も2番目のG.A.W.さん同様、「世のなかたいていのことは商売」と言う思いはある。それにしても世の中には2番目に書かれているシステムが増えすぎてる気がする。どうしても課金したくなる場面を演出するために以下のような例が挙げられているのだが、これは言葉を帰ればオンラインゲームに限らず多くのものに当てはまるのではないだろうか。

まず「滅多に出ないラッキーチャンスを逃したくない演出」です。例えばドラクエで、「はぐれメタルが逃げなくなるアイテムが300円です」と言われたら多分ほとんどの方が払いますよね。「三日間やってやっと出会えて、もし今逃がしたらまたレベル上げ作業になってしまう。そのアイテムが300円で買えるならめっちゃ安い」と。というわけで「このチャンスを逃したくない、今払おう」という気持ちにさせることができる。

次に、「今だけお得」という演出です。例えばドラクエをやっているとします。突然ファンファーレが鳴って「フィーバータイム!これから5分間経験値3倍です」と言われます。ドラクエだと普通にプレイできますが、ソーシャルゲームは体力が0になるとゲームできないんです。よって、今この回復アイテムを買ってプレイすれば通常の3倍の効果があることになり「今だけ、この5分間だけ特別に経験値3倍ですよ、今この瞬間に決断してください、5分経ったら終わりです」とお客さんにせまることができます。

最後に、「今課金しないとまた面倒なことになる」という演出。「怪盗ロワイヤル」はお宝を集めるゲームで、宝箱を7個集めるとコンプという状態になって集めたお宝を奪われなります。でもお宝が6個になってすぐに奪われて3歩戻るような、そういう一進一退を繰り返すと、もう面倒くさくなります。「6個あって体力0になったけど、どうせ放っといたらまた取られちゃう。だったら100円使ってもう一回バトルしてコンプしちゃおう」と、いうものです。これは「ストレスの緩和」というオンラインゲームの基本を突いています。「今これ買わないともっと面倒になりますよ、今ストレス感じてますよね、100円払ったらストレス緩和してあげますよ」というものです。

この他にも2番目の記事には印象的なフレーズが多数ある。「無料ユーザーであっても成功することもあるんだと希望を持たせてゲームから逃がさない」「有料アイテムは「確率UPアイテム」「体力回復アイテム」「時短アイテム」のような使ったら無くなるものにする」「課金アイテムは外から見えないようにして、強いユーザーが努力に寄るものか課金アイテムのせいか分からなくする」などだが、これはそのまま「◯◯(ここは好きな言葉を入れて欲しい)でも成功するチャンスはある」に、2番目は「化粧品やサプリ・コンタクトなど消費するものの固定客にせよ」に直ぐに置き換えられそうだ。そしておそらくコネやお金を使って世渡りしている人たちも3番目の「外から結果が努力なのかお金のせいか分からなくせよ」と言っているのだろう。

 「世のなかたいていのことは商売」と言う思いがあるにも関わらず、そうした行動原理を取れない性分の身としては、もう少しこれ以外のルールが広まることを望んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鰻と水茄子

Unagi_mizunasu

 いつもは料理ネタはFlickrに載せているのだが、たまにはこちらでも。
 この前、実家の側のデパートの地下で水茄子を売っているのを見つけたので買ってきた。茄子は普通生食に向かないが水茄子は灰分が少なく生食出来る珍しい品種で、以前に居酒屋で食べてすっかりお気に入りになってしまったのだ。これを生のまま裂き(包丁で切るより切り口から味が浸透する)塩水に漬けて変色を防いだら後は塩を振って食卓に並べ、買ってきた鰻と一緒に夕食にするのだ。
 これに福島の地酒「奈良萬」を合わせると無限にお酒が進みやばい程だ。それにしてもこのメニューを外で食べようとしたらおそらく数千円は掛かりそうだが、今回はしめて580円で済んでしまった。これだから自炊は辞められないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2011

MacBook ProのHDDを交換する

 日常使っていたMacBook ProのHDD容量が足りなくなってしまい、最近はMacOS updateの度にHDDの容量が足りませんと警告が出るようになってしまった。自分は特に映像を撮りためてるわけでもないし、iPhoneにも音楽は殆ど入れてないのだが、それでもいつの間にか容量は足りなくなるらしい。
 そんな訳でちょうど最近1TBのノートブックパソコン用のHDDも出てきた事だしHDDを交換した。今回は事前に白調べをして必要なパーツを買い揃えネットでググっていたにも関わらず、結局は手こずる羽目になってしまった。
 まず必要なパーツを揃えたにも関わらず、案の定作業が始まると足りないものが発生する。今回はこちらを参考に新しく買ったハードディスクを外付けケースに入れて、これまで使っていたデーターを事前に移すやり方をとったのだが、このやり方に気づいたのが作業前日で急遽外付けUSBハードディスクケースをヨドバシに買いに走る事になってしまった。
 そして意外な盲点だったのはドライバーで、いざ分解を初めて見ると恐ろしく細かいネジにも関わらずかなりきつく締めてあって、100円ショップで買った安物ではドライバーの頭が潰れてしまって歯が立たない有様だ。それにしても全てのパーツが恐ろしく繊細な上にぴっちり隙間なく組んであるので想像以上にHDDを取り出す作業は大変だった。ネットでは意外に簡単などと書かれているが絶対普通の人には無理だと思う。
 そして無事に交換できたものの案の定ネジが2本余ってしまったのは内緒である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の自転車ログ37

 連休の最終日。今日も自転車で走っている人を多く見かけた。

今日の自転車ログ

移動距離:44.3km
全体平均速度:21.1km/h
移動平均速度:25.5km/h
最高速度:51.7km/h
合計時間:2:06
移動時間:1:44

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

今日の自転車ログ36

 今日は晴れていたのはいいとして真夏並みの暑さだった。そのせいだろうか微妙にペースが上がらない。最近はもうこれ以上自分は早くならないのではないかとさえ思えてくる。
 ところで連休の谷間のせいか車も自転車も多かったが、面白かったのはそのせいか判らないが日頃はあまり見かけないタイプの自転車や自転車乗りをよく見かけた。特に帰りのコースで見かけたscrveloに載っていた人は自転車が子供用自転車に見える程の巨漢と言っていい黒人の男性で、外見通り上りではスローペースで簡単に追い抜けたものの、平地では巨漢とは思えぬスピードで抜き返されえしまった。それにしても載ってる車種から見てもかなりの高級車のようだったがいったい何者だったのだろう。


今日の自転車ログ

移動距離:44.3km
全体平均速度:20.8km/h
移動平均速度:25.3km/h
最高速度:53.0km/h
合計時間:2:07
移動時間:1:45

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2011

久しぶりに自転車のチェーンを交換する

Track_bycycle

 最初に買ったトラックレーサーは最初の頃は面白がってあちこち手を入れていたものの、最近はすっかりいじるのは飽きてもっぱらローラー台トレーニング用となっていた。
 だが、さすがに4年も経つといろんなところにガタが出てきた。もちろんタイヤやブレーキなどは消耗品と割りきって定期的に交換してきたが、今度はチェーンが駄目になってきたらしい。今日もいつも通りローラー台を漕いでると突然チェーンが外れてしまった。見るとどうやらチェーンが伸びてちょっとしたはずみで外れるようになっていたらしい。
 そんな訳で円高もあって色々買い揃えていた予備のチェーンに替えてみた。チェーンの交換は以前、ロードバイクを組むときにやったのでそんなに難しくないと思っていたのだが、トラックレーサーとロードバイクではチェーンの規格が違うこともあり思ったよりも手こずってしまった。
 なんといっても意外だったのは外国のメーカーのパーツだからなのか、チェーンの接続にピンを使わずに接続用の特別な駒を使うようになっていた事だ。文章で説明するのは難しいが、要はその駒をはめてストッパーをかませば簡単につなげるのである。たしかに作業は簡単だったが果たしてこれで強度が足りるのか一抹の不安を感じるが、まあ外で乗るわけでもないししばらく様子を見てみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2011

今日も自転車で走る16

今日は気分を変えて野猿街道のコースを走る。
涼しくなってきたのか他にもロードバイクで走っている人を結構見かける。それにしても晴れているのに突然激しい雨が降ってきたり、自転車でほんの数キロ走っただけで雨が降っているところと止んでいる所を抜ける。変な天気だ。


今日の自転車ログ

移動距離:47.9km
全体平均速度:21.4km/h
移動平均速度:26.5km/h
最高速度:59.4km/h
合計時間:2:13
移動時間:1:48

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

究極の娯楽

 だいぶ前から自炊をしているが、最近嵌っているのが時間は掛かるが誰でも出来る美味しい料理だ。どんなものかと言うと、手作りハムやピクルス作りなど手順さえきちんとしていれば手間と時間はかかるものの大抵上手く出来る料理である。
 実は作ってみれば判るのだがこの手の料理は難しくない。ただ手間と時間がかかるだけで、出来上がったものはびっくりする程旨いのだ。ではなぜこうした物が売られてないかといえば「ハムを作り始めると肉屋はつぶれる」と言う飲食業界の格言があるように、手間暇の割に高く売れないからに他ならない。そもそも市販されている安いハムの成分表を見れば判るように安いハムでは何本もの注射でモモ肉に化学調味料を含んだ調味液を流し込んで、数日でハムにする方法が使われている。おかげでそこそこ旨いハムが安く買えるわけであるが当然ながら昔ながらの方法にはかなわない。これは別にハムに限った話ではなく豆腐やコンニャクなど多くの物に当てはまるし、作りたては旨いのに流通の関係でどうしても旨いうちに食べられない物も存在する。
 ところが家で作ればこれらの問題は解決する。なにせ鮮度は申し分ないし混ぜ物の心配も無いのだ。そんな訳で最近はますます休日に作るストックレシピが増えつつある。まだハムには手を出してないものの、塩豚・ロシア風ピクルス・ひよこ豆のディップetc…。成程、休日も忙しい訳である。

参考Link:安いハムの作り方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2011

浦和の丸真で飲み食いする

Marushin

Sakes

Tukemono

Liver

Kushi1

Kushi2

Sashimi_gristle

Nikomi

Water_egg_apple

Tofu

Dessert

 今回は足を伸ばして浦和まで行ってきた。何でもここは埼玉県民お勧めのお店だと言うではないか。それならば一度は行ってみなくては成るまい。
 そんな訳で行ってきた訳だが、わざわざ行くだけの価値はある。なんといっても自分のような飲兵衛にとって素晴らしいのは黒龍・十四代と言った有名な銘酒が豊富にあり、しかも都心の店よりもリーズナブルな値段で飲める事だろう。これだけでも十分良く価値があるのだが、それに加えて料理も絶品なのだから素晴らしい。人気のレバテキ(これは遅く行くと売り切れている事が多いので注意)を初めとしてどれもこれも素晴らしく飲み助にとっては天国のようなお店である。ちなみに自分は焼酎は飲まないのでよく判らないのだが、焼酎のレパートリーも日本酒並に凄い内容になっているらしい。しかもこれだけ旨いものを飲み食いしても都心よりもはるかに安く済むのである。交通費を考えても飲み助や美食家は遠征するだけの価値は十分あると言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2011

Главные Конструкторы Космоческой Эпохи(宇宙時代の偉大な設計者)

 この前取り寄せたВеликих Побед в Космосе(宇宙における偉大な勝利)を辞書片手にポツポツ読んでいる。その中でちょっと面白いのは後半のГлавные Конструкторы Космоческой Эпохи(宇宙時代の偉大な設計者)のコーナーに書かれたソ連・ロシアの宇宙開発の功績者の紹介が、エンジニア、宇宙飛行士の順になっている点だ。日本だとどうしても宇宙飛行士にはスポットがあたるものの、実際に現場で働いている人間にはあまり目が向けられない印象があるのだが、ここらへんがお国柄の違いが出ているようで面白い。正直、日本ももっと現場の人間にもスポットが当たるべきだと思うのだ。
 ところでこの紹介されている人物のタイトルがまた振るっている。訳してみるとまるで小説や映画のタイトルのようなフレーズになっているのである。それともう一点面白かったのは、紹介されている人物の順番だろう。最初にソ連宇宙開発を牽引した中心人物と言われるコロリョフが来るのは当然ながら、それ以後が外国からだと「誰?」と言う人物がかなり頭の方に来ていたり、逆にかなり後ろの方に回っていたりするのである。どうやら順番はジャンルを問わず重要度で振り分けられたようで、重要だが地味な発射台や通信システムなどの担当者が冒頭に着ているのが興味深い。
 本当は各人物の業績なども含めて詳しく紹介したいところであるが、残念ながらまだそこまで読みこなせてないので今回はほんのさわりだけ紹介したい。

セルゲイ・コロリョフ
※冒頭の彼だけタイトルが無い。逆にそれが名前だけで偉大さが判るだろうと言う感じで凄みを感じる。

グルシュコのエンジン
ヴァレンティン・グルシュコ

発射台を作った男
ウラジーミル・ヴァルミーン

宇宙の航海士
ニコライ・ピリューギン
(ミサイル及びロケットのジャイロスコープ及び自立制御装置を開発)

偉大な無線技術者
ミハイル・リャザンスキー
(レーダー及び衛星・惑星探査機用の無線システム開発)

クズネツォワのジャイロスコープ
ビィクトル・クズネツォフ
(R-7のジャイロスコープなどロケットの慣性誘導装置と自立制御装置を開発)

チェロメイの遺産
ウラジーミル・チェロメイ
(プロトンロケット、サリュートの元となったアルマズ宇宙ステーションなどを開発)

ウクライナの巨人
ミハイル・ヤンゲリ
(SS-18などの多くのICBMを開発)

まだまだあるがとりあえずこんな所で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »