« 台風一過後の尾根幹を走る | Main | 池袋の楽楽屋で食べまくる »

September 24, 2011

ソーシャルゲームについて一言

 最近、ネットでソーシャルゲームの話題が結構盛り上がっているようなので少しそれに便乗して書く。
自分も以前の記事でちょっと触れたが、ソーシャルゲームと言うと結構儲かっているイメージがあるようだが、現場の感覚はちょっと違う。と言っても自分はソーシャルゲームに関しては直接制作に関わったわけでは無く、仕事のオファーが来たので打ち合わせをしたり、ゲーム業界の中の人間として見聞きしたレベルなのだが、それでも知りうる限りでは現場はそれほど儲かっていないのは間違いないと思うのだ。
 その証拠に業界向けの求人情報でソーシャルゲームの項目を見れば、一部の役職を別にすればそれ程良いギャラにはなっていない。給料が高いのは所謂ディレクターやマネージャー、システム全般を見るレベルのエンジニアで、これは別にソーシャルゲームに関わらず(大変な分)高給取りの仕事である。
 自分が見たところでもギャラはそこそこでも、それ以上に仕事が猛烈に忙しい。

 まあこうしてゲーム開発現場にお金が掛からない(かけない)からこそ、会社としては儲かるのだろう。

|

« 台風一過後の尾根幹を走る | Main | 池袋の楽楽屋で食べまくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/52820114

Listed below are links to weblogs that reference ソーシャルゲームについて一言:

« 台風一過後の尾根幹を走る | Main | 池袋の楽楽屋で食べまくる »