« October 2011 | Main | December 2011 »

November 28, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記7

4日目(10/17)
Img_5503
モスクワではトロリーバスが現役だ。

Img_5504
ゴーリキー公園

Img_5510
ブラン

Img_5518

Img_5538
公園内のレンタルサイクルコーナー、左側にセグウェイも見える。写真を撮ってると窓口の兄さんがセグウェイでデモンストレーションをしてくれた。

Img_5544
昼食をとったGODUNOVと言うレストラン。中世の城の内部を模した店内は壁一面に壁画が書かれ、スタッフは皆当時の民族衣装を着ている。

Img_5545
盛り付け、皿も凝っている。

Img_5560
夜のモスクワ市内。


<<ロシア宇宙ツアー旅行記6へ     ロシア宇宙ツアー旅行記8へ>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2011

池袋のネパール料理店ミレミレで食べる

Otoushi

Jiao_zi

Kofta

Daikon_sarada

Curry

Sunagimo

 この前の日曜日に世界26カ国の料理が食べられるという外語祭に行って以来、エスニック料理づいている(余談だがそこで初めてブータン料理を食べて来た)。
 その勢いで今回は池袋のネパール料理店「ミルミレ」に行ってきた。
 何と言っても凄いのは美味しいのはもちろん素晴らしくコストパフォーマンスがいいことだろう。大食いの自分などは安さが売りのお店に行っても額面通りの値段で済んだことは先ず無いのだが、なんとここは散々飲み食いしてワインのボトルまで入れてしまったにも関わらず、一人当たり三千円代で済んでしまったのである。ここはメニューによってはビールやナンがセットになるのだが、どうやらお店の方でバラバラに注文したにも関わらずセットで換算してくれたお陰らしい。余りに安く済んだので逆にこれでやっていけるのか心配になってしまうくらいである。
 そのせいか店内は立教大学の近くというのもあって学生が多かったのだが、店内の雰囲気は落ち着いていてカップルで行っても悪くない。そしてメニューもネパール料理に加えてインド料理も揃っていて何回通っても当分飽きそうも無いのが素晴らしい。店員さんは外国の方だが愛想がよくて初めての人も安心して入れそうなお店である。
 なお、ここはランチもやっていてさらにお得な値段なので、池袋に来て下手な昼食やファーストフード店に寄るくらいならぜひともここを活用するのをお勧めしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記6

Img_5412
続いて宇宙飛行士博物館に向かう。写真はガガーリンに送られたボルガ。

Img_3287
庭にはガガーリンの母親の像が飾られていた。

Img_5414

Img_5426
ガガーリンが来ていた初期の宇宙服。地上に戻ってきた時に発見しやすいようにオレンジ色になっている。

Img_5432
初期の宇宙食。

Img_5459
戦後ガガーリンの両親が引っ越した次の家

Img_5455

Img_5471
ここも小さな家だがガガーリンが宇宙に言った後も両親はこの家に住んでいたという。

Img_5477
その日のホテル(ガガーリン市のボストークホテル)の夕食。とても美味しかった。


<<ロシア宇宙ツアー旅行記5へ     ロシア宇宙ツアー旅行記7へ>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記5

Img_2824
3日目はモスクワから180km離れたガガーリン生誕の地、クルシノ村へ向かう。

Img_5346
ここまで来るともう完全な田舎だ。

Vostok_hotel
この日お世話になるボストークホテル。田舎のプチホテルだが予想に反してインターネットのWiFiも完備した雰囲気の良いホテルだった。

Hotel_room
部屋も綺麗。シャワーのみだが各部屋ごとに少しづつインテリアが違っていてセンスも良い。

Borscht
ホテルの昼食のボルシチ。ビーツを使った本格派で美味しかった。

Fried_meat
同じく昼食のカツレツ。このホテルの食事は何もかも美味しかった。地元の作物を使ってるのだろうか。

Gagarins_house
ガガーリンの生家。彼の生まれた時代(丁度第二次大戦中)を考えると当然なのかも知れないが、とても質素でびっくりした。

Img_2852
周りはこんな感じ。

Barn
納屋。ここで家畜を飼っていた。

Sitting_room
居間。

Kitchen
キッチンとペチカ。

Bedroom
寝室。とても小さなベットにびっくり。

Dugout
庭にある地下壕。戦時中は爆撃を避けるためと、生家がドイツ軍に接収されたため家族はここで生活した。

Dugout_inside
地下壕の中。よくこんな所で生活したものだと思う。

Well
庭にある井戸。今でも宇宙飛行士がガガーリンにあやかって、この聖なる泉を飲みに立ち寄るという。

それにしてもガガーリンの生家はモスクワからかなり離れているのだが、古き良きロシアのノリが残ってて良かった。人々が一見無愛想ながら実は親切で人懐っこい所や、地平線まで何も遮る物の無い広大な大地。素朴な食材を使った美味しい料理。ロシアの田舎もお勧めです。


<<ロシア宇宙ツアー旅行記4へ     ロシア宇宙ツアー旅行記6へ>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2011

今日の自転車ログ43

 年末が迫りつつあるのか忙しい。自転車好きの人のBlogなどを見ると休日に100km以上のツーリングやトレーニングをしたりしている人をよく見かけるが、どうやって時間を捻出しているのだろう。
まあ自分も他の趣味の時間を考えると人のことは言えない。ただ問題は自転車に乗る以外にもやりたい事が多すぎる事である。

今日の自転車ログ

移動距離:44.1km
全体平均速度:22.8km/h
移動平均速度:27.0km/h
最高速度:52.0km/h
合計時間:1:55
移動時間:1:38

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記4

Img_5326
モスクワ市内にある宇宙飛行士記念博物館

Img_5211
エントランスはガガーリン宇宙飛行50周年の垂れ幕が飾られていた

Img_5214
スプートニク2号

Img_5221
コラブリ・スプートニク宇宙犬

Img_5227
ボストーク宇宙船

Img_5236
スプートニク1号

Img_5237
RD-214ロケットエンジン(多分)

Img_5239
ソコル宇宙服

Img_5241
ソユーズ宇宙船

Img_5268
宇宙食と見学する子供たち

Img_5276
ソユーズTM-7

Img_5285
ルノホート1号(1/2モデル)

Img_5300
ベネラ4号

Img_5316
ルナ3号


<<ロシア宇宙ツアー旅行記3へ     ロシア宇宙ツアー旅行記5へ>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記3

Img_5181
午後一番に訪れた若き日のツィオルコフスキーが散策したという雀ヶ丘。

Img_5185
結婚式の写真を撮っていた。以前ハバロフスクに言った時も見かけたが景観地で写真を撮るのはロシアの結婚式の定番のようだ。

Img_5187
結婚式ではリムジンを借りきって移動する。

Img_5189
結婚式のゲストの一団。すっかり盛り上がっているが、後ろは断崖絶壁である。

Img_5191
ようやく宇宙ツアーらしく、コロリョフが住んでいた家を改装したコロリョフの家博物館に向かう。完全予約制で入り口でインターフォンで連絡して開けてもらわなければならない。

Img_2683
残念ながら室内は撮影禁止なので、入り口分だけ。

Img_2687

Img_2685
庭にはコロリョフの像が飾られている。


<<ロシア宇宙ツアー旅行記2へ     ロシア宇宙ツアー旅行記4へ>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2011

今日の自転車ログ42

ほぼひと月ぶりに自転車で走る。
久しぶりに走るとロードバイクがこんなに速かったのかと驚くものの、後からログを見るとやはりブランクのせいか明らかに数値が落ちていた。

今日の自転車ログ

移動距離:42.9km
全体平均速度:22.3km/h
移動平均速度:26.8km/h
最高速度:52.8km/h
合計時間:1:55
移動時間:1:35

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記2

Red_square
一夜明けてモスクワへ、先ずは宇宙ツアーの前に定番の赤の広場を観光する。
(クリックすると大きな画像が表示されます)

Img_5150
カメラを構えていたらたまたま画面に入った向こうの学生たちがポーズをつけてくれた。

Img_5153
定番の大砲の王様、Царь-пушка

Img_5155
同じく定番、鐘の皇帝(Царь–колокол)

Img_5160
生神女福音大聖堂が建物の屋根の向こうに見える。


たまたまクレムリン衛兵の訓練らしき事をやっていた。後から知ったがどうも6年振りに改修が終わったボリショイ劇場本館の28日の記念式典の練習だったようだ。

Img_5172
この日の昼食を食べたレストラン。写真では分かりにくいが壁には昔の剣などの武器や熊の毛皮が飾られている。

Img_5178
道で見かけた一枚。ソ連崩壊時は遠くなり商店には品物に溢れている。ここに限らずロシアの食べ物はみな美味しそうだ。


<<ロシア宇宙ツアー旅行記1へ     ロシア宇宙ツアー旅行記3へ>>

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »