« 新宿のレストラン ル・クープシューで再びランチを食べる | Main | ロシア宇宙ツアー旅行記10 »

December 08, 2011

ロシア宇宙ツアー旅行記9

5日目(10/18)
星の街にあるガガーリン宇宙飛行士訓練センターの続き

Nbl
無重力訓練用プール。ミール宇宙ステーションの為に1980年に作られたもの、現在はISSの模型が訓練用に設置されている。
(クリックすると大きな画像が開きます)

Img_5629
建物の外には使われなくなったミールの模型が放置されていた。

Img_5631
旧東ドイツのツァイス製のプラネタリウム。宇宙飛行士はこれで飛行時の星の配置を学習する。

Tsf18
ЦФ-18(ツェントルフーガ18)遠心加速器。アームの長さは18m、土台部分で40t、回転部分の重量は何と305tもあり、動作時には街一つ分の電力に値する27MWもの電力を消費する。
(クリックすると大きな画像が開きます)

Img_5641
運転時には最大毎分43回転で30Gまでの荷重をかけることが出来るがこれは機械のテスト時の値。人間が乗るときは最大15G。

Img_5639
遠心加速器のある部屋のドア。

Img_3450
昼食は星の街の中の食堂。星の街は宇宙関係者の家族も住むので中には郵便局、学校、公園などもある。

Img_5649

Img_5651
美味しいがボリュームたっぷりの料理。体を動かす宇宙飛行士用か?

<<ロシア宇宙ツアー旅行記8へ     ロシア宇宙ツアー旅行記10へ>>

|

« 新宿のレストラン ル・クープシューで再びランチを食べる | Main | ロシア宇宙ツアー旅行記10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/53430282

Listed below are links to weblogs that reference ロシア宇宙ツアー旅行記9:

« 新宿のレストラン ル・クープシューで再びランチを食べる | Main | ロシア宇宙ツアー旅行記10 »