« February 2012 | Main | April 2012 »

March 31, 2012

未来に関する暗い予測

 自分の為のメモとして

・財政赤字や少子化・経済成長の伸び悩みなどから、これから公共サービスは縮小の方向に向かうだろう。
それに伴いこれまでよりもマイノリティや弱者への圧力は強まるに違いない。彼らが公共サービスに占める負担額は小さいながら、多くの人にとっては自分が直接かぶる痛みよりも他の第三者の負担を選択するからだ。そしてそれは激しい抵抗が予想される既得利権層よりも、抵抗が少ない弱者や少数を切り捨てる事になるに違いない。

・縮小された公共サービスは「定年を65歳に延長」の様に民間に負担させる方向になるだろう。しかしそれは民間の負担の増加に繋がるので、様々な抜け道が模索され骨抜きにされていく。ただしいち早く介護事業に乗り出したワタミの様に、それがビジネスとして儲かる算段があれば多くの企業が参入するだろう。その結果起こることはアメリカの医療サービスの様に、出せる金額に応じたサービスしか得られないようになるに違いない。ただ、たとえお金があってもそれを必要としている人が少ないサービスは数のメリットが無いので切り捨てられる事になるだろう。

・社会の変化は多くの場合、簡単に変えられて利益が見込まれる部分から変わっていく。分かりやすく言えば多くの利害調整が必要な公共分野よりも、トップ一人の声で変えられるワンマン企業の方が早く変化する。

・一企業や少人数で意思決定出来る機関でも多くの人に影響を与えるジャンルであれば、それは多くの変化を社会にもたらす。例えば今の東電の様に事実上独占企業であれば、その変更を受け入れるしか無い。電力会社や鉄道などはそのため会社であっても勝手に値段やサービス内容を変えられないように制限がかかっている事が多いが、例えばGoogleなどのインターネットサービスの様にサービスを提供している所が外国だったりすれば、国内から制限をかけることは困難だ。また田舎にあるたった一つのスーパーなどを思い浮かべてもらえば判るように、たとえ小さくてニッチでもその地域に対して決定的な影響を与えている会社は数多くある。

・個人はこれから、公共サービスを政府に代わって提供している会社や団体のどこに所属し、どこに依存しているかが運命を分ける鍵になる。これらのサービスは公共サービスの様に全国一律に行われる事は無い上に、場合によっては契約した相手にしかサービスを提供しないケースもあるからだ。また柔軟に変化に対応出来ると言うことは逆に突然サービスが打ち切られる危険もあるとも言える。今後はますます自ら調べ選択していかないと、ある日突然これまで受給していたサービスが打ち切られたり、たいへんな金額を請求されたりする事態になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2012

十条のパレスチナ料理bisanで飲み食いする

Beer

Salad_2

Humus

Sibaraku

Wine

Bamia

Cheese

Kebab

Mansafu

Desert

 今月の雑誌「散歩の達人」の赤羽・十条・王子特集に載っていた記事に釣られて、十条のパレスチナ料理bisanに行ってきた。
パレスチナ料理は初めてなのだが、結論から言えば素晴らしい店だった。料理はスパイシーながらインド料理程ではなく、どの料理も油は控えめで豊富な野菜が使われていてとても健康によさそうだ。しかもアラブ圏だからお酒類は大してないだろうと言う予想に反してパレスチナのビールやワインなども置いてある(しかもこれがフルーティーで実に美味いのだ)。
 そして写真を見てもらえば判るようにボリュームたっぷりでコストパホーマンスは悪くない。案の定今回も注文しすぎて大変な事になったが、幸いにもテイクアウトにも対応していて無事(?)にメニューを持ち帰ることが出来たので、翌日の朝食までも確保できる。
 なお今回は挑戦しなかったが、ここは他にも豊富な水タバコのコースやベリーダンスなどもあり、料理以外にも楽しめる。パレスチナ料理と言うと縁遠い気がしていたが、今回すっかり気に入ってしまった。また近いうちに再訪したいと思っている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2012

擬似レース

 ようやく天気が良くなったので久しぶりに自転車で走る。
今日走っていて面白かったのは偶然、行きの尾根幹で4人から5人の自転車乗りの人と一緒に走る状態だった事だ。しかも互いに全く面識が無くただ黙々と走る当たりまるでレースのようである。
 早起きが苦手な事もあり、これまでレースどころか集団走もしたことのない自分に取ってこれだけの人数で走るのは初めての経験だったので面白い。通常、グループ走でもしない限りたまたま同じロードバイクに乗っている人を見かけてもペースやコースが違ったりしてなかなか一緒に走る事にはならないものだが、珍しく今回はペースもコースも皆同じくらいだったのだ。
 とは言えそこはロードバイク乗りの性なのか、なんとなくいつの間にかレースじみた駆け引きになってくるのが面白い。コースの途中でトップは何回も入れ替わり、自分が先頭にならないときは体力温存も兼ねて引っ張ってもらうので、赤の他人同士ながらトレインが出来たり、幅広な交通量の少ない道ではトップ同士がはるか先でデッドヒートを行ったのを眺める事も出来た。
 それにしても集団で走ると自分の欠点がよく判る。緩やかな勾配や平地では先頭に立てそうな時もあるのだが、勾配が激しくなってくるとてきめんにスピードが落ちてみるみる多くの人に抜かれてしまう。前から登りに弱いのは自覚していたが、改めてここを改善する必要がありそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2012

太陽電池パネルを買ってみた

Solar_panel

 ヤフオクで掘り出し物の190Wのソーラーパネルを見つけたので買ってみた。ソーラーパネルの値段はヤフオクなどをチェックしていると最低価格がだいたい100w≒10,000円なのだが、その2/3位値段だったのだ。
 届いてみると想像以上の大きさと重さに面食らう。とは言え軽量化の努力を怠っている訳では無いようだ。中国製とは言え細部の仕上げは雑ながら素材はアルミ合金製だし、パネルの覆いもガラスでは無く樹脂製になっている。むしろ190Wでサイズが1.5m、重量が17kgにもなってしまう当たりに太陽光のエネルギー密度の低さを痛感する。

 そんな訳でパネルを手に入れてから泥縄で使い方を考えてみたが、やはりいくら190Wでも一枚では普通の電力需要を賄うには到底足りないので、再び地震があると言う話もあることだし独立型電源を構築してみることにする。そのためには出力が太陽光に左右される太陽電池の特性上、充電用のバッテリーは欠かせない。一般的なイメージだと太陽電池とバッテリーがあれば取り敢えず使いそうなイメージがあるかも知れないが、実は太陽電池の出力が不安定な為バッテリーにそのまま繋ぐと日が陰った時などに電流が逆流したり思わぬ事故にも繋がりかねない。そんな訳で太陽電池で独立型電源を組むためには最低でもバッテリーの他に何らかのコントローラーが必要になってくる。
 そこで調べてみると意外な罠が判明した。通常バッテリーは12V前後で動作するものが中心で、それに充電するには太陽電池側も12V系と呼ばれる出力が12Vの時にピークを迎える構成なのが望ましいのだが何とこのパネルは36V系なのだ。
 ここでちょっと補足すると、ソーラーパネルは実は多くの太陽電池を並べた構造になっていて、それをどう組み合わせるか(直列・並列)で出力の特性が変わってくる。直列に繋げていけば電圧が高くなり、並列に組み合わせれば電流が高くなるのだが、通常バッテリーにつなぐ事を想定したソーラーパネルではバッテリーに合わせて12V出力に合わせた構成にするのに対し、一般住宅用では100V電源に合わせてなるべくソーラーパネルの電圧も高くなるような構成になっている。ヤフオクなどで安く売られているソーラーパネルは住宅向けの製品が多いため24Vや36V系といった高い電圧構成のものが中心なので独立型電源を組もうと思っている人は注意してほしい。
 とは言え12V系でなくてもバッテリーに繋げない訳ではない。後で触れる充放電コントローラーを使えばたとえ電圧が高くても十分使用できる。その代わり充放電コントローラで余りにソーラーパネルの電圧が高いときは安全の為に回路をカットしてしまうので効率が犠牲になる。つまり36V系と言ったパネルでは一番出力が高いときは充電できないと言う事態になってしまう訳だ。これを防ぐにはMPPTと呼ばれる太陽電池の出力に合わせて最も効率が良くなるように、電圧と電流出力コントロールする機能を持った充放電コントローラーを使えばいいのだが、MPPTコントローラーは少々高いのが難点だ。

 それでも良くしたものでぐぐってみると最近はMPPTコントローラーもかなり安いものが増えてきた。中国製で数千円と言うのも見つけたが、さすがに怖いのと不良品が多いと言う噂を聞いてたので、これまたヤフオクで並行輸入品のMPPTコントローラーを調達した。

Mppt

 スペックを見るとパソコンに接続して出力をプログラム出来たり、色々と出来そうなのでこれなら何とかなりそうである。

(続きます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2012

池袋のトルコ料理「カッパドキア」で飲み食いする

Appetizers

Appetizers2

Dish

Kebab1

Kebab2

Baklava

Pudding

 久しぶりに池袋にトルコ料理を食べに行った。前回行った「ANTEP」はきれいサッパリ無くなっていたので、今回は「カッパドキア」に行ってみる。それにしても池袋の料理店の移り変わりは早過ぎる。たとえ人気があってもほんの数年で無くなる店をしょっちゅう見かけるのだ。
 今回はおまかせコースをチョイスしたせいか割と定番とも言えるメニューで、それはそれで美味しかったものの、後でネットで調べるとふだん食べられないトルコ料理のメニューが沢山あって特にレンズ豆のスープが美味いと聞くと、やはりそのうち再挑戦する必要がありそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2012

太陽電池を好きな理由

 発電方法の優劣の話や環境問題を抜きにして太陽電池が好きだ。感覚的には男の子が戦闘機や車に憧れるような感覚に近いと言えば分かってもらえるだろうか。
 どうしてそんな風に思うようになったのか振り返ると、子供の頃のアニメや漫画の刷り込みにあると思う。自分が育った頃には既に原子力エネルギーは夢のエネルギーの座を降りて、多くのロボットやメカは原子力以外の動力で動いているものが多かった事もあり、子供心に「原子力=古くて危険なエネルギー」と言うイメージが出来上がっていたのだろう。
 その典型的な書かれ方はアニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」が分かりやすい。この話の中では既に原子力エネルギーは危険な技術として封印され、全てのエネルギーは完全無公害・完全リサイクル可能な夢のエネルギー源のシズマドライブによって供給されているのだ。実は作品中ではこうした表の設定の裏に色々とあるのだが、それはさておき90年代以降の多くのアニメや漫画では既に原子力は危険な古いエネルギーとして書かれている作品は数多い。
 そしてもう一つ自分を惹きつけたのは、多くの宇宙機に搭載された燦然と輝く太陽電池の姿がある。ご存知の通り宇宙では空気がなく搭載できる燃料の制約もあるため、エネルギー源は原子力か太陽電池を使うほかないのだが、安全性の問題もあり殆どの宇宙機では太陽電池が搭載されていて、それが宇宙好きの自分にとってたまらなく格好良く見えたのである。
 そんなこともあり、太陽電池は本当の能力は別として自分の中では憧れの未来のエネルギーに見えていた。またアニメ「機動戦士ガンダム」中に出てくるジオンの超兵器「ソーラ・レイ」や、戦国魔神ゴーショーグンに出てくる「グレートサントス砲」などの太陽エネルギーを動力源にした超兵器がさらにその思いを強めたのである。

 ある程度大きくなって、太陽電池の事を調べると太陽電池は決して未来の夢のエネルギーではなく様々な問題も抱えたものである事が分かってきたが、それでも自分を惹きつける魅力は落ちていない。他のエネルギー源と違い、完全独立系で動作可能で補給なしで何年も動作可能なエネルギーは太陽電池と原子力を除いて無いからだ(正確には風力など他の自然エネルギーも入れられなくないが)。
 昨年の震災で一見問題なく供給されている電力などが、実は何かあったときには途絶しかねない事が明らかになった今、色々と効率やコストの問題があるにせよ個人で備えるとしたら太陽電池しかないと思うのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2012

簡単に覚えられて役に立つ身体能力

(前にも書いた様な気がしたのだが、見つからないので同じネタで書きます。)

 自分の好きな事の一つに自分の能力値を高めるというのがある。それもRPGや漫画の影響なのか、具体的な資格のようなものではなく、例えば合気や居合・暗記術と言ったもっと身体に直結していて見た目にも凄い能力が好きなのだ。
とは言えこの手のスキルに憧れる人は結構多いが一石二鳥に習得できるものでない。だからこそ実際にこれらを物にした人は少ないし、またそれだからこそ価値があるのだろう。
 そんな訳で自分も色々やりたいもののせいぜい外国語の習得と簡単な暗記法(こちらはほんの入口だけだ)にとどまっている。
 だがこうした身体に結びついた能力の中でも実は比較的習得が簡単で実生活で役に立つスキルがある。それが「紐の結び方」だ。たかが結び方と言うがキャンプや釣り、ヨットなどでは必須のスキルだし、実生活でも想像以上に役に立つ。なにせ昔はロープ一つであらゆる荷物の梱包から、ちょっとした日常品(コースターや梯子)などを作っていたのだ。
 そんな訳でロープワークぐらい習得しようと本だけは買ってあるのだが、未だに本無しではろくに結び方すら判らない有様である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »