« 宇宙クラスタ バーベキュー大会 | Main | かつて日本がガス室の代わりにしたもの »

May 27, 2012

自転車のタイムが向上しない理由

 「一年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」と言う本の中に(余談だがこの本はかなり面白い)、トレーニングを繰り返しても能力が向上しない状態について面白い記述がある。曰く

 (そこそこ習熟して)自動的にこなせるようになってくると、脳内の意識的な論理思考に関与している部分の活性が低下し、別の部分が代わりに活性化する。これが「プラトー状態」である。ここまで上達すれば大丈夫だと自ら判断し、自動操縦に切り替え、上達が止まるのだ。(略)
 技術を上達させる秘訣は、練習中に意識的に技術をコントロールし続ける、つまり自動操縦にならないようにすることだ。
過去の自分のlogを見ると平均速度が26〜27Km/hで長いこと止まっているが、どうも自転車に関してはプラトー状態に陥っているに違いない。

今日の自転車ログ

移動距離:44.4km
全体平均速度:21.8km/h
移動平均速度:26.4km/h
最高速度:52.8km/h
合計時間:2:01
移動時間:1:40

|

« 宇宙クラスタ バーベキュー大会 | Main | かつて日本がガス室の代わりにしたもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/54811713

Listed below are links to weblogs that reference 自転車のタイムが向上しない理由:

« 宇宙クラスタ バーベキュー大会 | Main | かつて日本がガス室の代わりにしたもの »