« 大雨の中ロードバイクで走る | Main | 新大久保のハルコロで飲み食いする »

September 23, 2012

最近の経済分野で見かける新自由主義について思うこと

 最近、自分が面白いと思って記事や本を読んでいた経済分野の人の多くが新自由主義者になっていて失望している。新自由主義については賛否両論があって、Link先のWikipediaの記事は批判寄りで偏った見方だという批判もあるが、自分の見方は現状のWikipediaの記事に近い。

 果たして新自由主義が人々に繁栄をもたらすのか、あるいは不幸をもたらすのかの議論をここでしても仕方がないが、自分が一番危惧してるのは彼らの言うような社会は結局、金儲けや市場経済に強い人間がより富を得て、それ以外の人間はより貧しくなる可能性が高い点にある。
 たとえどんなものでも市場が値段をつけ正当に売買されるにせよ、それは売り手に商才があっての話だろう。結局のところ自分は市場の見えざる手はそこまで信用できないし、彼らが言うようなお金に関する知識は生きていく為の基本能力だから、生き残るために皆その能力を身につけなければならないと言うロジックには与しない。どんな人間でも好きなことをしてそれで評価され食っていける世界が自分の理想なのだ。

 だが悲観論者が言うように日本が経済破綻した暁には、訪れるのは金持ちや権力者が破綻してその富や権力が再配分される未来ではなく、混乱によって弱肉強食化した社会の中でより力をもったものが他の者を踏み台にするまさに究極の新自由主義社会が訪れるのだろう。

|

« 大雨の中ロードバイクで走る | Main | 新大久保のハルコロで飲み食いする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/55721746

Listed below are links to weblogs that reference 最近の経済分野で見かける新自由主義について思うこと:

« 大雨の中ロードバイクで走る | Main | 新大久保のハルコロで飲み食いする »