« January 2013 | Main | March 2013 »

February 24, 2013

TPPに関する私的なまとめとQ&A

 ずいぶん前からTPPが話題になっているものの、郵政改革法案以上に利害関係が入り組んでいる上に外国も絡む問題なので、なにが問題なのかわからない人も多いだろう。しかも調べようとぐぐってみてもそれぞれの立ち位置に立ったプロパガンダや陰謀論まがいの言説ばかりヒットする。かと言ってマスコミの報道は相変わらず判で押したような原則論と建前ばかりだ。
 そんな訳で自分なりに調べたTPPの争点をまとめておく。もちろん個人がまとめたもので自分なりのフィルター(私自身はTPPに対して批判的である)がかかっているのは否めないので、それを了承した上で参考にして欲しい。


・そもそもTPPとは何か?

TPPは環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement )の頭文字をとった略称で、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目指した協定である。参加国はシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド。現在、参加交渉中の国はアメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが現在大枠で合意し、カナダとメキシコそして日本が現在交渉中である。
協定の概要は加盟国間のすべての関税の90%を撤廃し、2015年までに全ての貿易の関税を削減しゼロにすることが約束されている。詳細な内容は参加国以外には公表されず、交渉会合中の情報共有や協議は原則として認められていない。


・何が問題視されているのか?

関税を廃止するということは、外国製品(サービスも含む)が低価格で国内に入ってくる事を意味する。当然ながら国内の産業はこれらと完全な価格競争に巻き込まれることになる。
これまで関税で守られていた業界はこれによって大ダメージを受ける可能性が高い。


・国内の関税で守られていた業界が問題視しているのは分かるが、消費者にとっては利益ではないか?

必ずしもそうとは限らない、例えば価格競争に敗れて国内の産業が無くなった場合、その産業に関する雇用が無くなり不況のきっかけになる可能性もある。
また国内産業やサービスが駆逐された結果、競争に打ち勝った外国のサービス(商品)しか選べない結果になるかも知れない。


・選択肢が減ってもこれまで日本に入って来なかった外国製品(サービス)がそれに置き換わるだけで問題ないのではないか?

TPPでは「全てのジャンル」で関税を撤廃し原則として例外は認められていない。これには医療・金融・保険なども含まれる。日本の医療は健康保険制度によって個人の負担がかからないようになっているが、TPPによって制度崩壊に繋がる「公的医療給付範囲の縮小」「医療機関の株式会社化」「混合診療の全面解禁」が行われる可能性がある(もちろんこれによって100%制度崩壊に繋がるかは議論が分かれている)。


・報道などではアメリカ国内にも反対意見があり、日本も農業などでTPPの適用例外が認められると言う話もある

上に書いたようにTPPでは参加するまで正式な内容は公表されないので本当のところは判らない。ただし日本では例外が認められるような報道もあるが、ロイター配信記事などによれば"All goods on table if Japan joins TPP talks -U.S.-Japan statement"(日本国がTPP協議に参加すれば、全ての品目が交渉テーブルでの対象となる)とあるように、本当に例外が認められるかは疑わしい。


・まるでTPPに問題があるのを隠すために内容が公表されてないような書かれ方だが、どの条約も交渉中は手の内を探られない為にも公表されないのが普通では無いのか?

交渉中に内容が公表されないのはどの条約でもよくある話だが、TPPの問題点は一方で交渉に参加している一部の利害関係者によってその内容が決定されているのではないかと言う批判がある。例えばTPPに違反していると思えば参加国は他の参加国を訴えることが出来るが(所謂、ISDS(Investor State Dispute Settlement)条項)、この内容は米国の企業の顧問弁護士が中心になって決めていると言う批判が出ている(資料)。
 なおISDN条項に関しては、これによって米国からの訴訟が乱発される、過去の判例で殆ど米国が勝っていると言う意見も出ているが、これには反対する意見も多い。ただしTPPにもISDS条項を入れるか自体、オーストラリアのギラード政権が反対するなど不明であり、内容以前にISDS条項が入るかも分からいのが現状である。

・TPPで著作権に関しても米国の主張が認められ、ダウンロード違法化の拡大、非親告罪化、法定損害賠償などによって、所謂同人誌などの創作活動が規制されると言う意見があるが?

既にダウンロード違法化は行われたが、TPPによって更に多くの規制が増える可能性はある。これに対する反論で既に米国ではこれらが規制されたものの、創作活動は萎縮していないと言う反論もあるが、問題はTPPで規制が増えた場合、「これまで日本にあった規制」+「新たな規制」が加わる形になることだろう。これにより米国以上の規制が創作活動に加えられる可能性が高い。(参考:TPPで日本の著作権は米国化するのか

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 18, 2013

大塚の「ぐいのみ大」で日本酒を飲みまくる

Otoshi

Doburoku

Sashimi

Kuniichi

Yamaimo

Sirako

Iwao

Arani

Omuretu

Nanohana

 前回、大塚のTAMAYAに行った時に知ったのだが、大塚の飲み屋さんやレストランも意外に充実している気がついた。飲兵衛の天国と呼ばれる新橋や赤羽に匹敵する程では無いかもしれないが、ちょっと歩いただけで気になるお店が一杯見つかるのは魅力的だ。
 面白いのは町ごとに特色があるように、そこの飲み屋も特色がある。そうした中では大塚は線路を挟んで猥雑な所とちょっと上品な場所が分かれていて、一つの街ながら二つの側面があって面白い。
 今回行った「ぐいのみ大」はちょっとググるとヒットする人気のお店ながら、場所柄だろうかどことなく下町の雰囲気が店の中にも流れていて、人気の店にありがちなワサワサしたところもなく居心地が良い。何と言ってもここの売りは圧倒的な日本酒の種類だろう。それも冒頭の「小左衛門 超活性 汲みたてにごり」のような他では飲めないお酒が数多く置いてあるのが素晴らしい。そしてそれに引けをとらない程、お刺身や豆腐料理と言った料理が充実しているのだ。

 お陰で今回もまたついつい飲み過ぎで翌日大変なことになってしまった。正確に言うと飲み過ぎたのではなく、どうもこの所の寒さと蔓延する風邪やノロにやられてしまったらしいのだ。仕事先で蔓延していたせいか、どうやら少し弱っていたようだ。
 そんな訳で再び行く時こそ、万全の体調で再挑戦したいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2013

遠隔操作ウイルス容疑者逮捕の件で思うこと

 今日の遠隔操作ウイルス容疑者逮捕の件で思うのは、肝心の警察検察冤罪でっち上げについてはもう話題になってない事だ。一応、調査報告書は作られたもののあれから対策が取られたという話も聞かないし、肝心の報告書自体2012年末を持って公開終了になったという。これでは今回もたとえ犯人じゃなくても警察は無理矢理自白させて犯人にしてしまいそうだ。あと最近の犯人逮捕の糸口の多くが防犯カメラと言うのも気になる。これは裏返せば一般市民の警察への協力や情報が得られてない裏返しになっているのではないか。確かに周りでも普通のおばちゃんが「もう警察はあてに出来ない」と公言してたのを耳にしたこともある。

 しかし、それ以上に気になるのは警察よりもマスコミの対応だろう。今回の遠隔操作ウイルス容疑者逮捕の件では、相変わらずマスコミが容疑者を犯人と決めつけた上に、容疑者の親族や周囲の住民に対して取材と言うなのメディアスクラムを始めてるのが気に入らない。マスコミは前回の誤認逮捕の被害者を犯人扱いした反省は無いのだろうか。(下記参照)




 ところで遠隔操作ウイルス事件で今、警察が最も恐れているのは真犯人を名乗る奴からの新しい声明だと思うが、新しい声明が出る確率は高いんじゃなだろうか。仮に容疑者が犯人だとしても安全の為にタイマー込で乗っ取った他人のPCから声明は出せるし、便乗した愉快犯が出てくる可能性もあるからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2013

ロードバイクと上半身の筋肉の話

 今日はロードバイクで走る前に、いつもよりもハードな顎が床につくような腕立て伏せをゆっくりやったら、走っている時に大胸筋がプルプル震えて可笑しかった。
ロードバイクに乗るときは上半身は体を支えているだけなので大した負荷はかかってないと思っていたが、思った以上に上半身にも負荷がかかっているらしい。通りで上半身は腕立てくらいしかやってないのに、それ程鈍って無い訳だ。
 今日も割りにログが良いが、前回と同じコースを走ったのにこうも距離が違うと少々アプリの動作を疑いたくなる。一応、コースはきちんとトレースされているようだがどうしてこんな違いが出るのだろう。

今日の自転車ログ

移動距離:53.8km
全体平均速度:27.2km/h
最高速度:-(データー無し)
合計時間:1:58
カロリー消費:1750kCal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2013

ちょっと呼吸法を変えてロードバイクで走ってみる

 久しぶりにロードバイクで走って来たが、その時に思いつきで見よう見まねでシステマ式呼吸法の真似事をしてみたら息切れする事が無くなってビックリした。ジョジョの波紋法じゃあるまいし呼吸法ぐらい(それも見よう見まね)で効果があるわけないだろと思っていたのだが効果があるのが面白い。
 とは言え自分がそんなきちんとした呼吸法が出来る訳でもないので注意したのは一つだけ、息苦しくなったら呼吸を荒くするのではなく、出来るだけ息を吐き切って深い呼吸にしただけだ。息を吐き切れば自然と吸う息も増えるので呼吸は自然と深くなる訳で確かに理にかなってる。そして思い直すと大抵呼吸が苦しい時は、激しく呼吸してる割りには呼吸が浅いので対して空気を吸ってないことに気がついた。
 本当のシステマの呼吸法は当然ながらもっと奥が深いものらしいが、それでもちょっと意識しただけで意外に効果があるのは面白い。


今日の自転車ログ

移動距離:44.3km
全体平均速度:21.9km/h
最高速度:48.2km/h
合計時間:2:01
カロリー消費:997kCal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2013

自家製パンの酵母の話

 長年の試行錯誤のすえ、最近ようやく美味しいライ麦パンが焼けるようになってきた。そこで試行錯誤際に知った小麦粉や酵母の話を書いてみたい。

 それにしても食べ物について書くのは難しいと思う。「美味しい」や「健康にいい」と言うフレーズは耳当たりはいいものの、どうしても主観が入るせいなのか、いつの間にかニセ科学まがいの説明になってしまう事が多いからだ。特にパンの場合では天然酵母を使うケースはちょっとググると怪しげな解釈に満ちている。だからと言って天然酵母を使うのは意味が無いと言うつもりはない。実際、自分がパンを焼くときも天然酵母を使っているし、たしかにこちらのほうが美味いのだ。

 実は酵母といっても様々な種類があり、しかも系統的にも違う種類が混ざっている。その中で特にパンの生成に向いている種類を選別して培養したものが所謂イーストとして売られている訳だが、パンに向いているとは言えどんなパンでも美味しく作れる訳ではない。日本酒やワインが各蔵やワイナリー毎に自前の酵母を使って味の違いを出している様に、パンもまた酵母によって味が変わる。市販のドライイーストではその中で最も多くの人の好みに合った、(パンを焼くのに)失敗しにくい種類が選ばれている訳だが、当然ながら数多くの酵母の中には扱いは難しいものの美味しいパンが作れるものや、美味しいもののちょっと癖があるものも存在する(筈だ)。
 とは言え残念ながら普通はパンに合わせて特性の違う酵母を用意するなどという事は出来ないし、そもそも何処で手に入れられるかも判らない。そこで出来る事としていくつかのメーカーのドライイーストを使い分けたり、自家製酵母を使うことになるわけだ。
 たまたま自分の場合では「有機穀物で作った天然酵母」と言うベタな名前のものを使っているが、これを選んだのはたまたま行きつけのお店に置いてあったのと、天然酵母ながらドライイーストタイプと言う安直さに引かれたからで別に大した理由はない。だが、これが意外にも当たりだった。明らかにこれまで使っていたドライイーストよりも美味しいのだ。元々、自分がパンを焼く時に使っている小麦粉の一つリスドォルが長時間発酵させたほうが美味しいと言われている種類だったせいなのかも知れないが、いつもと同じ分量の砂糖(自分の場合ではハチミツで代用)を入れている筈なのに明らかに甘みが増している感じがするのだ。そして気のせいかも知れないが風味もいい。
 まあ酵母によって醗酵の際に作る有機酸の種類は違うそうだし、醗酵の為には澱粉を糖化させるのだが、そのペースや割合も種類によって違うから、案外そうした理由もあるのだろう。

 そんな訳で最近は別に健康や安全にさしたるこだわりが無いにも関わらず、いつの間にか天然酵母パンばかりを食べている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »