« February 2013 | Main | April 2013 »

March 28, 2013

【告知】3月30日(土曜日)新宿御苑で花見をします

Twitterでも告知しましたが、フォロワーの一人Aliceさんがロシアから来日するのに合わせて花見を企画します。
Twitterでは流れてしまうのでこちらに内容をまとめておきます。

今週末に企画してるお花見ですが、30日(土曜日)の12時から新宿御苑で行う予定です。一応、ロシアクラスタ繋がりですが、宇宙クラスタの方の参加も歓迎します。途中参加・離脱自由ですが、だいたいの人数を把握したいので参加希望のかたは私にTwitterやMail、このブログのコメント欄でメッセージを頂けると助かります。

・日時:30日12時(私はもっと前に行きますので、早めに来ても大丈夫です)
・現地は広いので当日Google Mapで場所をTwitterにアップします。(イギリス式庭園内を予定)
・参加費等はありませんが、新宿御苑の入場料(200円)がかかります。
・レジャーシート、食べ物飲み物は持参して下さい。
・会場はお酒の持ち込みは禁止されてます。
・雨天の場合は中止です。(Twitterでメッセージを流します)
・会場は16:00に閉まるので注意して下さい。
・集合の目印ですが、銀のレジャーシートを広げておきます。(ただし2m×2m四方ですが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2013

気仙沼にある酒蔵の酒を取り寄せる

Otokoyama

 東日本大震災の被災地を支援すると言う口実で被災地にある酒蔵の酒を積極的に飲んでるが、たまたま大きな被害を受けた気仙沼にも日本酒の酒蔵がある事を知ったので早速取り寄せてみた。
今回取り寄せたお酒は宮城県気仙沼市にある創業百年を迎える酒造メーカーの男山本店のお酒「男山」と「蒼天伝」。なんでもこの「蒼天伝」は海中貯蔵と言う日本でもここだけの海中にお酒を貯蔵して熟成させたお酒だと言う。まだ届いたばかりで開けてないが今から飲むのが楽しみだ。
ここは蔵元のWebから直接注文も出来るので、興味のある人は飲んでみてほしい。

追記:「男山」の方を飲んでみた。飲んだ感じは最近流行りの口当たりの良いお酒風だが、ちょっと違うのは飲み終わった後に何とも言えない甘みというか旨味と言うか心地良い後味があるのが素晴らしい。人気のある(そして高い)日本酒にこういった感じのお酒はあるけれでも、この価格帯でこうしたお酒に会ったのは久しぶりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2013

久しぶりに自転車で走って花粉にやられる

 ここの所、花粉がひどいと言う口実でしばらくロードバイクで走るのをさぼっていた(いや、実際酷いのだが)。
 だが余りに外で走ってないとローラー台に乗っていたとしても何となく体が鈍ってくる気がして、久しぶりに尾根幹を走ってきた。走っていたときは好調だったのだが、案の定戻ってくると喉がいがらっぽくて鼻水が止まらない。結局、今日は夜まで花粉症の症状に悩まされてしまった。
 以前も書いたように、この時期肉を断ってからしばらく花粉症とは無縁だったのだが、やはり治ってなかったようだ。どうやら外を走っているうちに花粉の限界値を超えてしまったに違いない。早い所この憂鬱なシーズンが終わって欲しい。

今日の自転車ログ

移動距離:46.2km
全体平均速度:21.8km/h
最高速度:-(データー無し)
合計時間:1:58
カロリー消費:1028kCal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2013

医薬品のネット販売のルールの有識者会議が迷走する訳

 厚労省の医薬品のネット販売のルールを決める有識者会議が迷走しているらしい。詳しくはこちら(第3回OTCネット販売検討会~不思議な人たち!)を見て欲しいが、今回はどうしてこんな事になったのかその背景を考察し、ついでに日本の意思決定システムの問題点についても考えてみたいと思う。
 おそらく一番ありがちなケースとしては、ここに居る代表者は名目上は代表者でも、自分の代表する団体の意思決定権を持ってないので、あらかじめ決められた事や建前は言えても自分たちの組織の活動に悪い影響を及ぼす判断を下すことが出来ないからではないだろうか。
 それならこうした事態になってもおかしくない。彼らに与えられた権限は、あらかじめ決まった事を伝える事だけであって、それ以外の事は持ち帰って団体内で検討する事しか出来ないなら、この会議で出来る事は建前と決められた事を言うだけだ。
 笑い話のようだが、別にこうした話は珍しくない。会社同士の交渉でも担当者に実は決定権が無く、何かあるたびに本社に持ち帰って返答待ちになる事は珍しくないし、下手をすると会議は形式上あるだけで実際の決定は飲み屋の席や談合で既に決まっている事すらあるからだ。こうした経験はある程度の組織で交渉にあたったことのある人なら誰しも経験しているのではないだろうか。

 また仮にそうした裏が無くても、実際の交渉の場が形骸化している場合もある。ありがちなケースとしては団体内で権力闘争が行われていて、交渉結果が組織内の闘争に利用される場合だ。
この場合、不利な条件を飲むことは担当者にとっては自らの組織内の失脚を意味するので、選択肢としては交渉で勝つか、はじめから交渉に参加しないと言う2択しかない。
余談だがこの前、東日本大震災二周年追悼式で中国が欠席したのも、この時期に全国人民代表大会が行われていて丁度これと同じ状況だったからである(担当者としては追悼式に参加した事で後から批判される危険があった)。


 それにしても思うのはどうしてこの国は、オープンな公式の場できちんと物事を決定するシステムが上手く機能しないのだろう。過去の例を見ても多くの場合、裏で既に決まっていたり、後から問題が出てきて揉める事例ばかりが目に浮かぶ。
 最近、TPPが大変な騒ぎになっていて悲観論が数多く出てるのも、この国の公式な場における交渉力が欠けていると皆が思っているからではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2013

被災した酒蔵のお酒を飲んで震災を振り返る

Naminooto

 もうすぐ東日本大震災から2年になる。もう2年も経つのかと言うのが正直な気持ちだ。
関東圏のこちらは大したことは無かったものの、それでもその日の事はよく覚えてる。
あれから支援と言う口実で被災地にある蔵の酒を積極的に飲んでいたが、ちょうど3.11も近いのと、たまたま震災で深刻なダメージを受けた宮城県の佐々木酒造が再び日本酒を出荷したと言う話を聞いたので取り寄せて飲んでみた。
 まだ仮設工場での仕込みで、タンクの数も限られている事から以前のラインナップを揃えるまでにはなってないとの事だが、それでも純米酒 閖(ユリ)と本醸造 しぼりたての生原酒の2つが販売されていたので、迷わずこの2つを注文する。まだ生原酒の方しか開けてないのだが、「飲んで応援」といった贔屓目抜きに普通に美味しい日本酒だ。生原酒ということもあり普通の日本酒よりもきつい感じがするものの、その分おいしいせいもあって普通の日本酒よりも度数が高いのに沢山飲んでしまいそうだ。
 小さい蔵でしかもまだ仮設店舗と言うこともあり、オンラインで気楽に注文と言うわけには行かないのだが、興味のある人は一度飲んで見ることをお勧めしたい。

閖上さいかい市場-名取市復興仮設店舗 (有)佐々木酒造店

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2013

大塚の鳥政で飲み食いする

Motuni

Potato_salad

Pickle

Yakitori

Tukune

Sardine_sashimi

Fried_egg

Firefly_squid

 最近、大塚の飲食店の開拓にはまっている。ここは新橋・赤羽程知られてないが結構飲み屋さんが充実しているからだ。
そんな訳で今回は日曜日休みのお店を攻略すべく土曜日に行ってきた。今回のお店は鳥政と言うごく普通の飲み屋さんで、一見さんだとちょっと入りにくい雰囲気だが入ってみればそんな事は無く、常連さんで直ぐ一杯になる店内も気さくな雰囲気に満ちていた。何と言っても良いのは看板の焼き鳥や刺身もさることながら、ちょっとした料理の卵焼きやもつ煮、白菜漬けなどが絶品な事だろう。特に白菜漬けは酒のツマミやお茶請けに無限に食べられそうな感じである。そしてコストパフォーマンスは最高で、これならいつも常連さんで一杯なのはよく分かる。
そんな訳でもしここに行くなら、開店直後を狙うかある程度外で待つのを覚悟して行くのをお勧めしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »