« March 2013 | Main | May 2013 »

April 28, 2013

六義園に行ってきた

Rikugien_pano
クリックすると大きな画像で表示されます

Rikugien

Rikugien2

 先日六義園にこの前ロシアから来た友人も含め皆で行ってきた。さすがは東京都内にある屈指の日本庭園だけあって、どこも見事な絶景で散歩するだけでも面白い。桜のシーズンを除けばGWでもさほど混雑してなくてゆっくり出来るのもありがたい。日頃は日本庭園に興味のない人も十分楽しめる場所だと思うので、ちょっと人混みに疲れたら気分転換に行ってみても良い場所だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2013

若者が借金しないと教育を受けられないと何が問題になるのか

 Togetterで「若者が莫大な借金を抱えて社会人となる事態」と言うまとめが話題になっている。学生支援機構の奨学金が奨学金とは名ばかりのローンで、就職時に多くの借金を抱えた若者が大量に発生しているというのだ。
 その背景や問題点・対策など様々な意見が出ているが、ここではこうした制度の何が問題で、どんな事態を引き起こすのかについて書いてみたい。
 まず若者が就職時に多くの借金を抱える事についてだが、同様の現象が起きているアメリカで何が起きているか触れておこう。書籍「貧困大国アメリカ」などでも指摘されているが、アメリカでも就職時に多くの借金を抱える若者が出てきている。ただ日本とちょっと違うのはその中でよく有るのがハイリスク・ハイリターンを狙う若者で、彼らはMBAや弁護士資格など高収入が見込まれる資格を得るために多くの借金を抱えてでもこれらの資格を取り、就業後それらを取り返すと言うプランを持っている事だ。
 ではこうした学生が増えるとどんな問題が起きるかと言うと、彼らは一刻もはやく学生時代の借金を返済するために、収益性を一番に考えて仕事をする事にある。なぜこれが問題かといえば、こうした優秀な学生の進路の多くが「収益性」で選ばれてしまうので、それ以外の重要度が高くても収益性が悪い分野に人材が集まらなくなってしまうからである。またもう一つの問題として、行政や弁護士事務所などの公益性を持つジャンルに置いても彼らが収益性を第一に考えて仕事をする事により、お金を出してくれるスポンサーの仕事のみが優先され、公益性が損なわれていると言う分析もなされている。
 つまりこうした借金を抱えて社会にでる若者が増えれば、たとえその後ローンを返済できたとしても社会に負の影響が出てくる可能性がある訳だ。
 また冒頭に上げたまとめでも出て来たが、一部の本当に学びたい人間や優秀な人間だけが高等教育を受ければいいと言う意見については次のように反論出来るだろう。これは以前、アラン・ケイがインタビューに答えて語った台詞である。

--少数の創造的な人がいるだけだったらどうだろうか。

 それは民主主義にとって破滅的だ。一般教育を行なう主な理由の1つはまさに、有権者がさまざまな問題で同じ会話ができるようにするためだ。そうしなければ職業訓練校やギルドの昔に戻ることになる。


民主主義では全員が票を持ち政策について意思表示出来る訳だが、それには国民がそのテーマについて判っている事が前提になる。しかし原発や経済政策などについてちゃんと判っていると言える人がどれだけいるだろう。今や政策について意思表示するだけでも、恐ろしく専門的な知識が必要になっていると言うのに、今よりも教育レベルを下げてしまったら、まともに社会の多くの問題に議論も選択もできなくなってしまうだろう。

関連:教育格差の放置は民主主義の崩壊を招くだろう
以前書いた記事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2013

渋谷のブリティッシュパブ「ホブゴブリン」に行ってきた

Aspall

Fish_and_chips

Pickle

Shepherds_pie

Band

Lasagna

Scotch_egg

 しばらく飲みに行くのが居酒屋系が続いていたので、気分を変えてブリティッシュパブ”ホブゴブリン 渋谷店"に行ってきた。
 よくイギリス料理は不味いと言われるが不思議とパブは人気があり、しかも料理も美味いイメージがあるが、ここも同じ法則なのか数多くの魅力的なビールはもちろん料理もどれも美味かった。さらに素晴らしいのはボリュームに関しては本場そのもので、お陰でとてもコストパフォーマンスが良い事だろう。通常、この手の店はビールを飲むのが主体であって料理を頼むとたとえ美味くても結構いい値段がするのが普通なのに、ここではボリュームたっぷりな上に定期的にお得なスペシャルメニューがあって、食事だけでも十分満足できるのだ。むしろ余りにボリュームたっぷりなので出来れば数人で行ったほうがいいだろう。
 定番のフイッシュアンドチップスも含めシェパーズパイやスコッチエッグなどもどれも美味しく、イギリス料理は不味いという定説は当てにならないのを痛感したのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんなのスーパーマーケット

D47_museum_1

D47_museum_2

D47_museum_3

D47_museum_4

 渋谷のヒカリエでやっている「みんなのスーパーマーケット展」。
全都道府県のスーパーマーケットからピックアップした商品を展示すると言うシンプルな内容ながら、想像以上に面白かった。日常品は日本全国共通かとおもいきや結構その土地にしか無いローカルブランドがあったり、よく見かけるので大手ブランド商品かと思いきや、ある地方のローカル企業の商品だったりするのが面白い。一緒に地方から来た人と共に回ると思わぬエピソードや、えっこれってこっちだと売ってないのと言うやり取りが出来て更に面白いと思う。
 そして会場には展示された商品の一部を販売するコーナーもあって、ついつい色々買ってしまう。小さいながらも思わぬ掘り出し物の展覧会だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2013

新宿御苑で花見をしました

Hanami_2013
(クリックすると大きな画面が表示されます)

 前回、告知した新宿御苑のお花見は無事終わりました。曇り空の寒い中、来てくださった皆さんありがとうございます。
それにしても、天気予報では昼には晴れ間も見えると言っていたのに、一向に晴れないとは…
(実は幹事が雨男なのは秘密である)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »