« アロハシャツの話 | Main | 渋谷のフランケンシュタインでドイツビールを飲みまくる »

August 17, 2014

システマを初めて1年

ロシアの格闘技"システマ"を学び始めて1年が過ぎた。
半年ほど前にも少し書いたが、あれからどう変わったかあるいは変わらなかったか書いてみたい。

多くの人が一番知りたいのは果たして1年という限られた時間でどのくらい習得出来るのか、あるいは強くなれるのかということだと思う。結論から書いてしまうとシステマの場合、試合や段位というものが無く習得度や強さについては良くわからない。とは言えたとえ段位があってもそれが所謂強さとイコールではないのは分かってもらえると思うし、試合の強さが実戦(ってなんだよ)の強さとイコールと言うわけではないのも分かってもらえると思う。
そんな訳でシステマでは結局の所自分がどう感じたかと言う話になってしまう。ただ他に練習している人の話や自分の実感としても大体一年ぐらいすると、何となくこんな感じなのかなと言うのがおぼろげながら見えてきて、一応それっぽい動きが出来るようにはなってくる。自分の場合にそれが実感できたのは初心者の方と組んで練習した時に、以前他の人と組んで練習した時に全く出来なかった事が相手に出来るようになった時だった。システマの練習の一つに互いに向かい合って立って拳で相手を押すと言うのがあるのだが、以前は普通に押し合うだけでもどうやっても相手を動かすことが出来ずに一方的に自分が押されてしまうのが、初心者の方と組むと不思議と相手を動かすことが出来るのだ。
また初心者で無くても練習で互いに相手に技を掛け合うと、以前は全く出来なかったのが練習でちゃんと掛かってくれていると言うのもあるが、何とか相手にかかるようにもなってきた。
とは言えどのスポーツや格闘技でもそうだが、やればやるほど凄い人というのが居ると言うのがわかってきて、逆に一生やってもあんなことは出来ないと言う気持ちにもなってくる。
まあ、別に戦いや競技で競う訳でも無いし、特に自分の場合は面白そうと言うのが最大の動機なので自分のペースでぼちぼちとやっていこうと思っている。

|

« アロハシャツの話 | Main | 渋谷のフランケンシュタインでドイツビールを飲みまくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/60165763

Listed below are links to weblogs that reference システマを初めて1年:

« アロハシャツの話 | Main | 渋谷のフランケンシュタインでドイツビールを飲みまくる »