« 6ヶ月ぶりに自転車で外を走る | Main | 池袋のカドヤで飲み食いする »

September 21, 2014

各国のネット規制の比較表を訳してみた

ロシアの新聞Коммерсантにこれからロシアで提案されているインターネット規制と既にいくつかの国で行われているネット規制の比較表が載っていたので翻訳する。
もし誤訳等あれば指摘して頂けるとありがたい。


ロシアで提案されている基準ベラルーシの基準イランの基準中国の基準
ネットワーク事業者が対象(インターネットを含む)全ての通信業者がライセンスの対象になるライセンスは全ての通信サービス事業者が対象。光ファイバーネットワーク構築にもライセンスが必要全ての通信サービス事業者はライセンスを受ける義務がある。
地区、地域、国の3段階に分け、海外への接続は全て国レベルのサーバーを通さなければならないサイトの分断対象は(他の通信サービスとは別に)インターネットレベルで行うサイトの分断対象は(他の通信サービスとは別に)インターネットレベルで行う通信サービス事業者は3段階に分かれている。(国、地域、市町村)(国レベルの段階のみ海外に接続可能)
地域・地方レベルでの外国とのネットワーク接続の禁止国際通信回線への接続はBeltelecomと国立中央国際通信センターのみ許可全ての「外部」トラフィックはイラン国営テレコミュニケーションを通して接続される外国サイトへのアクセスは国営企業によってコントロールされる
全ての地域のローカルサイトにロシアを超えて外と接続するのに必要な許可証となるトラフィックコードを義務付けるデータ通信は統一された共和国のネットワーク網経由で行われ、新しいネットワークは必ずそのネットワーク網に接続する事が義務付けられている当局による閉じた「ハラルネットワーク」を構築し、内容を完全に検閲する国家レベルのトラフィックは複数の国営通信企業(のみ)を通して海外と接続される
全てのネットワークレベルに対してフィルタリングが行われるフィルタリングはオペレーション分析センターが大統領府と情報通信省の管轄の元で行われるフィルタリングは政府機関のサイバースペース評議会によって行われる2003年に通称「金盾」と呼ばれる検閲の為のファイヤーウォールが構築されている
ロシアの境界の外側にRU. RF名義のDNSサーバーを立てるのを禁止する制限はありませんIR.ドメインの登録はイラン居住者に限定される。国外にイランのDNSサーバーを立てる事は禁止されている国内TopレベルドメインのDNSサーバーのみが中国語の漢字を使用することが出来る
国家レベルドメインのネットワーク接続コントロールセンターは連邦政府の執行機関国家レベルドメインの管理者は大統領府下のオペレーション分析センター国家レベルドメインの管理者は非営利団体国家レベルドメインの管理者は非営利団体

|

« 6ヶ月ぶりに自転車で外を走る | Main | 池袋のカドヤで飲み食いする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/60348677

Listed below are links to weblogs that reference 各国のネット規制の比較表を訳してみた:

« 6ヶ月ぶりに自転車で外を走る | Main | 池袋のカドヤで飲み食いする »