« 新大久保のソルティカージャガルでディープなネパール料理を堪能する | Main | それは近視ではなくもっと深刻な病気かも知れない »

November 11, 2014

新江ノ島水族館ナイトアクアリウムの満月酒場を堪能する

Obentou_2
江ノ島まで結構時間がかかるので、湘南新宿ラインのグリーン車の中でお弁当を食べる。気分はすっかり旅行気分だ

Xmas_tree

Night_aquariium
ナイトアクアリウムの受付までしばらく待機。クリスマスツリーの下には海洋生物の電飾があるのが水族館らしい


カタクチイワシ。皆の感想が美味しそうと言うんpばっかりで面白い。


プロジェクションマッピングが凄い


子ガメも居る

Penguin

Shark
体験コーナーでは小さなサメに触ることが出来たが、肝心のサメは昼からおさわりされてお疲れのよう。

Mangetusakaba
20:00にいっぺん退出した後、いよいよ水族館の中でお酒を飲める満月酒場が始まった

Sake

Img_1398_2

 新江ノ島水族館で水槽の前で魚達を見ながらお酒が飲めるというイベントがあると言う話を教えてもらつて行ってきた。元々ここは7/20から11月末までナイトアクアリウムと言う17時から20時まで昼とは違った夜の水族館を見ることが出来ると言うイベントをやっているのだが、この日はそれに加えてワイン45種類、日本酒35種類を水族館の中で味わうことが出来るのだ。食べ物は無いものの持ち込み自由なので、行きにデパートでおつまみを買い込んで気分はちょっとした旅行気分である。
 水族館なのでテープの囲ったエリアの中で各自レジャーシートを引いて飲み食いする訳だが、青い幻想的な光に照らされた水槽を前に飲んでるとまるで夢の中のような現実感の無い不思議な感覚にとらわれる。
 それにしても水族館のパワーは凄い。後から振り返ってみると美味しいお酒やつまみよりも水族館の事ばかり印象に残っている。そんな訳で今回は食事やお酒ではなくすっかり水族館が主役になってしまった。たまにはこんなイベントもいいものである。

|

« 新大久保のソルティカージャガルでディープなネパール料理を堪能する | Main | それは近視ではなくもっと深刻な病気かも知れない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/60632204

Listed below are links to weblogs that reference 新江ノ島水族館ナイトアクアリウムの満月酒場を堪能する:

« 新大久保のソルティカージャガルでディープなネパール料理を堪能する | Main | それは近視ではなくもっと深刻な病気かも知れない »