« August 2015 | Main | October 2015 »

September 27, 2015

多摩川沿いの最後の川茶屋「たぬきや」で飲む

Tanukiya_01

Beer_and_motu

Evening
振り返ると多摩川と月が広がっているだけで、不思議と幸せな気分になる

Yakitori

Yakisoba

Tanukiya_02

Night_01
だいぶいい感じに日が暮れてきた

Night_02
目を上げると京王相模原線の高架橋を走る電車が見える

Moon
タイミング良く今日は中秋の名月の日で、しかもスーパームーン直前と言う絶好の月見日和だった

Oden
夜も更けてきてちょっと肌寒くなって来たのでおでんを食べる

Tanukiya_03
後ろ髪を引かれながら帰路につく。また来よう。

 多摩川沿いに残る最後の川茶屋「たぬきや」に行ってきた。一部の酒飲みの間で天国に一番近い居酒屋と言われている評判と、本当に多摩川河川敷にあるトタン屋根のお店というギャップに興味津々で向かったが、結論から言えば天国に一番近い店と言う噂は本当だった。焼き鳥も焼きそばも一見極普通の屋台で売っている様な見た目なのに、目の前に多摩川と空そして中秋の名月があるとどうしてこんなに美味しく感じるのだろう。いやそれがなくても十分美味しい味付けだった。ロケーションの修正値が入っているとは言えたぬきやの料理は美味いと言う噂は本当だったのだ。
 今日は朝にはしとしとと雨が降っていて湿気も多かったものの、お店に着く頃には雲も晴れ、気温も暑くもなく寒くもなくまさに最高のコンディションだった。しかも料理のコストパフォーマンスも抜群で、さんざん飲み食いしても一人二千円以下で収まるという我々の中で最高ランクのコストパフォーマンスを叩きだしたのだから素晴らしい。お店は場所柄犬や子供を連れたお客さんも極自然に訪れて一緒に楽しんでいるのも良い雰囲気だった。
 そんな訳で最高のお月見を満喫できて再来を誓いつつ店を後にしたのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2015

広島旅行記(三日目)

9/23

今日で広島も最終日

Img_1802
広島の蓬莱通り

Img_1803
広島城と護国神社に向かう。

Img_1805

Img_7357

Img_7358
再建された広島城二の丸内部

Img_1811_pano
クリックすると拡大画像が表示されます

Img_1813
広島護国神社

Img_7362
広島城天守閣(外観のみの復元とは言え良く出来てる)

Img_1822
広島 お好み村(ビル一杯にお好み焼き屋さんが入っているビル)

Img_1818_2
広島に来たならお好み焼きを食べねばならない。お好み村のさらしなにて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2015

広島旅行記(ニ日目)

9/22
Img_7328
広島に行ったらここは行かねばならないだろう。

Img_7333
広島平和記念公園。この後もちろん平和記念資料館にも行った。

 原爆ドームから平和記念資料館を回る。シルバーウィークと言うこともあるのだろうが、想像以上に外国人の見学者が多いのには驚いた。見て楽しい施設でも無いのに行列が出来るほどの人出が今でもあるのを見るとある意味安心する。ただ広島平和記念資料館は展示内容が凄惨だと言う話を聞いていたが、正直それ程でも無かった。
 母から聞いた話では、母親が小学校の頃に修学旅行で行った時には、まだ戦争の影が残っている時代で資料館どころか街の各所に原爆の後が残り、まだ人々の記憶にも残っている時代だったこともあり原爆ドームを初めとして全てが生々しかったと言う。例えば街のコンクリート塀に焼き付けられた人影が残っているところさえあったと言うのだ。やはり時間の流れが全てを風化させてしまうのだろう。

Img_1750
大和ミュージアムに行くべく、広島より呉線で呉に移動中。ボックスシートが旅行気分を盛り上げる。

Img_7335
大和ミュージアムに着いた。連休中だけあって凄い人だった。

Img_1756
大和ミュージアムより金剛のボイラーの模型。

Img_7337
酸素魚雷。魚雷がこんなに大きいとは思わなかった。

Img_7338
こうしてみるとゼロ戦も結構大きい。

Img_7339

大和ミュージアムにつづいて海上自衛隊呉史料館通常「てつのくじら館」に移動する。

Img_1769

Img_7341
鉄のくじら館では元海自の方が解説していて勉強になる。一般的な機雷でも炸薬が130kgほどあって、もし爆発したらこの建物(鉄のくじら館)も完全に破壊出来ると言う。

Img_1776
戦争末期、制空権も制海権も失った日本は主要な港を全て嫌い封鎖されてしまい石油はもちろん食料も海上輸送が出来なくなり慢性的な飢餓に襲われたという。もし戦争が長引けば更に唯一の生命線の鉄道網も完全に破壊され、少なくとも800万人が餓死するだろうと言われている

Img_1778
潜水艦のテーブルの縁が船が揺れた時にはストッパーが上げられるようになってて面白い。

Img_1780
いよいよあきしお型潜水艦の中に入る。内部は残念ながら撮影禁止。

Img_1786
潜水調査船「しんかい」

帰路につく。呉駅の電車が来た時に駅で流れる発車ベルって宇宙戦艦ヤマトの曲なのが面白い。

昨日 満席で入れなかった店にリベンジ。歓楽街のど真ん中で隠れ家の様な入りにくい入り口だが、意外にも女性客も多くてしかも美味い。
ちょこっと屋 (ちょこっとや) - 銀山町/居酒屋

Img_7355
繁華街のどまんなかにある上に、ご覧のような入りにくい外見にも関わらず、結構女性客が多かった。決して落ち着いた雰囲気ではなく結構ガチャガチャしているのだが、不思議と居心地がいい。

 この店は結構良かった。お冷が蔵元の仕込み水を使っていたり、日本酒の空気抜き(これをやると長持ちする)をしているあたり、芸が細かい。

Img_7347

Img_7348

Img_7349
揚げ出しトマト

Img_7350
牛コーネ炙りサラダ。

Img_7351

Img_7353
鯛の酒盗はちょっと珍しい。

Img_7354
大人のバニラアイスの名につられてデザートを頼む。貴醸酒と言う酒を元に更に仕込んだお酒をかけて食べる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2015

広島旅行記(一日目)

 シルバーウィークを利用して広島に行ってきた。一昨年に福島のいわきに行ってきて、お盆休みなどを使ってちょっとした国内旅行にも味をしめたのと、今年は父が亡くなったりして休みはあったものの実際はバタバタしてお盆休みまでは休んだ気がしなかった分、シルバーウィークくらいは休みらしい事をしようと思ったと言うのもある。それでも無意識のせいかよく考えてみたら広島は以前父が数年仕事で暮らしていた街だったのは因果なものだ。

9/21

のぞみのお陰で4時間足らずで着くようになったので、今回は新幹線で広島に向かった。

Img_1704
危うく駅弁を買いそびれるところだった。お昼のお弁当はベタな名前に釣られてこれにした。

Img_7298
広島到着後、直ぐに厳島神社のある宮島にフェリーで向かう。

Img_7306
厳島神社

Img_7307
大鳥居

Img_7311

Img_7314


厳島神社にようやく入る。シルバーウィーク中だけあって凄い人出。

Img_7321
境内から出ると日がだいぶ沈んできていた。

厳島神社宝物館にも寄る意外に日本刀も多く展示されてて良かった。(月並みな感想)

Img_7319
五重塔

Img_1714
厳島神社周辺にはやたら鹿がいた

Img_1721
この箱の中に厳島神社ライトアップ用のサーチライトが入ってた。

Img_7322
歩き疲れたのでちょっと休憩。

Img_1744
瀬戸内菜食と広島地酒につられて夕食をここに決める。実はシルバーウィーク中だけあってどの店も満席で偶然、前のお客さんが店を出た所に居合わせたので入ることが出来た。

Img_1733

Img_1735
瀬戸内の刺身盛り合わせ。

Img_1737
広島の地酒を飲みまくる。

Img_1741

Img_1739
広島に行ったら牡蠣は外せない。

Img_1742
意外に知られてない広島名物の穴子丼。

Img_1800
最近の国内旅行はすっかり個室カプセルを使っている。ホテルよりも安いし、大抵サウナや銭湯などが併設されてちょっとした温泉気分が味わえるのも良い。ここはホテルとしては大したことは無かったが、サウナや銭湯機能はとても充実していて、なんと屋上には露天風呂まであった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2015

ストレスへの抵抗力の話

小ネタ。
ストレス(これは物理的なストレスも精神的なストレス両方を含む)への抵抗力は2つの方法があると思う。
一つは入ってくるストレスの原因自体をストレスと認識しない鈍感力、もう一つはストレスを受けても平常でいられる平常心の二つである。
一つ目の鈍感力はそもそもストレスと感じないので楽だが、痛みに気づかないせいで病気が悪化するように、もしストレスの原因が害のあるものだった時にその危険に気づかない危険性がある。
二番目はたとえ平常心を保てても、実はストレスから苦痛を受けている場合に延々と苦痛を受け続けると言う欠点がある。
一番不幸なのは一番目の能力は低いのに、2番目の耐性が高い場合である。わずかな事でストレスを感じつつ、その苦痛に絶えて生きていかなければならないからだ。どうも自分はこれに当てはまる気がするのだが、それでも両方共耐性が無いよりマシと言い聞かせつつ暮らしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »