« January 2018 | Main | March 2018 »

February 24, 2018

洗濯機の修理の話

Washing_machine

 10年ほど使っていたドラム式洗濯機が故障した。洗濯の途中で脱水に入ると途中でエラーを出して止まってしまうのだ。しかもこれが毎回起こるのなら問答無用で修理だが、時々起こるのが悩ましい。
説明書によれば例え本体に問題が無くても、たまたま洗濯物の量が多すぎたり少なすぎたり洗濯物に偏りがあった時にはエラーが出るとあるものの、立て続けにエラーが出たり何度洗濯物の位置を調整してもエラーが出るとかなりめげる。
 そんな訳で先月の27日に修理してもらったのだが、それから一月も経たない内に再発するようになったので再度修理してもらうことにした。
 ネットでググったところそもそもドラム式洗濯機には本質的な欠陥があり、長年使っていると内部にゴミが溜まって排水が不良になり大掛かりな分解掃除をしないと治らないと言う話も見たのでもしかしたらそれかも知れないと思ったのだが、修理してもらった業者の方曰く、排水不良の形跡は無いという。そんな訳で初回にモーターと一体化した振動検出センサーを、今回に洗濯機を制御する基盤を交換してもらったのでこれで治ることを祈るばかりである。
 それにしても最近は現場で修理する人もタブレットを使って故障した製品のチェックや調査、部品の在庫管理、作業内容の管理、更に作業の抜けが無いかのチェックシートや修理費の請求までその場で出来るのが未来感があって面白かった。ちなみにこうした現場で機械のチェックや見積もりまで全部タブレットで出来るのは最近のトレンドのようで航空機整備も同じようになっているそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2018

AIの判断と人間の判断の話

大昔にサーバー管理をしていた錆びついた知識をリフレッシュするために、最近のセキュリティ事情をおさらいしている。
今のセキュリティ最前線で使われている技術は、基本的にはこれまでと変わらないものの、多くの手法が自動化されている。これまでなら人間が試行錯誤しなければ出来なかったことでさえ、AIを使った機械学習によって自動化されていることに驚いた。例えば、少し前に仮想通貨交換業者のコインチェックがハッキングを受けて、P2P暗号通貨XEMが流出した事件では、その攻防は互いに自動化されたAIによって行われ、人間は直接細かい作業をせずに監督作業だけをしていたという。
 これはインターネットの世界だけに限らない。インフラの制御でもあまりに巨大化複雑化したために、人間が個別に対応してはダメという段階に入っていて、その制御は自己学習するDeepLearning系AIによって自動化が進んでいる。更に軍事分野でさえ、今では多くの部分が電子化・ネットワーク化しているが、最初に書いたようなAIを使ったサイバーセキュリティの流れも、いずれ軍にも降りて来るのだろう。既にロシアの最新鋭戦闘機Su-57では、パイロットの負荷を下げるために行動指針を提示する、人工知能システムが搭載されてるといわれている。
 問題なのはその先だろう。有名な論理学のテーマに、トロッコ問題というものがある。これは「ある人を助けるために、他の人を犠牲にすることは許されるか?」という思考実験だ。例えば、線路を走っていたトロッコの制御が不能になった時に、ポイントを切り替えれば、その先にいる5人の代わりに一人が犠牲になるが、どうするのが正しいのかというものだ。一見すると、より少ない犠牲の方を選べばいいという見方も出来るが、それなら誰がそれを判断して実行するのかという問題もはらんでいる。これまでは運転手など責任を負った人間がその責を負っていたわけだが、AIによって多くの機械が自動化されるにつれて、こうした論理的な問題も出てくるのだ。
 現在、軍隊など人命に関わる判断については、AIはあくまで提案をするだけで最終的な判断は人間が行うという方針が貫かれている。しかし、より高速化する戦場で、コンマ数秒の時間でこうした判断を行うのは人間であっても難しい。映画「ロボコップ」の中では、実は主人公マーフィーは電子頭脳の補助を受けて常人の何倍もの速さで動くことができるが、実は人間の頭脳が追いつかないので、緊急時にはAIが先行して判断・動作を行い、後からマーフィーの脳に結果を送る仕組みになっていた。その結果、当人は自分がやったと思っていた動作が、実はコンピュータによって行われていたと言う裏設定があって戦慄したことがある。
しかし、こんな極端な例でなくても、例えば先程のSu-57に搭載された行動指針を提示する人工知能であっても、A、B、Cと提示された中から人間が判断してどれかを選んだとしても、元のA、B、Cは機械が考えた結果に過ぎないといえないだろうか。

もしかしたら、提示されていないDが真の正しい回答かもしれないのだ。こうした問題を秘めながら、今では多くのものがAIによって制御されつつある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2018

Balmuda the curryを食べる

Balmuda_the_curry

Balmuda_the_curry2

 カレーは色々あって、それぞれ好きなのだがあえて一番好きなカレーを上げろと言われたら上野にあるデリーを上げるだろう。これまでデリーのカレーはレトルトであったものの、やはりそこはレトルトの悲しさでお店で食べる味には敵わなかった。
 だが今回のこのBalmuda the curryはデリーと共同で妥協せずに味を追求したと言っているだけあってほぼそのままお店の味を再現しているのが素晴らしい。
 ちょっと入手しづらいものの、取り寄せる価値は十分ある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2018

海鮮炉端 赤羽魚友で美味い魚を食べまくる

Uotomo

Sashimori

Kama

Yamaimo

Kurozoi

Arashiru

Mamakari

Ramen

 赤羽根にある海鮮炉端 赤羽魚友 (カイセンロバタ アカバネウオユウ)に行ってきた。この時期から春にかけては肉を食べると花粉症が悪化するので、もっぱら魚を食べているのだ。
それにしてもここはちょっとしたダークホースだった。人気がある話は聞いていたものの食べログの写真でも店の名前でもてっきり炉端焼きが中心で、干物などを店頭で焼いて出すのが中心だと思っていたのだが、もちろんそれもあるものの何よりも刺身の種類が豊富でしかも圧倒的に美味いのだ。
これまで美味しい魚を求めていろんなお店に行ってきたがシーズンが悪いせいもあって、結構食べられなかった魚が色々あったのだが、ここは冒頭の刺身盛り合わせの写真を見てもらえば判るように、普通の盛り合わせでさえなかなか食べられない美味い魚がある上に、更にその日その日で入荷した珍しい高級魚が食べられるのである。
 しかも美味いお酒もあるのだからたまらない。ついつい調子に乗って飲み食いしすぎて翌日の今は若干へばり気味である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2018

久しぶりに関東地方に大雪が降った

Img_3283_3

Img_3282

Snow_image

Img_3295

日本列島は22日、本州の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、関東地方を中心に大雪となった。東京都心の午後11時現在の積雪は23センチで、27センチの積雪があった2014年2月以来、4年ぶりに20センチを超えた。気象庁は関東甲信などに大雪警報を発表。23日朝も厳しい冷え込みとなる見通しで、路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 忘備録代わりに写真を貼っておく。昔のようにカメラを持って雪の中に飛び出して写真を撮りまくる体力や気力はとてもないものの、サーモグラフィーを使ってちょっと遊んでみた。お湯などの生活排水が流れ込むせいでマンホールを撮ると輝いて見えるなど意外に面白い発見がある。

日記・コラム・つぶやき | | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2018 | Main | March 2018 »