« May 2018 | Main | July 2018 »

June 18, 2018

約10年ぶりに再び浅草に行く

Img_8542

Gapao
クロープクルアの休日ランチ

Img_3387

Img_3389

Img_8545
AK-GARDENのブースより

Asakusa_tower

 浅草で行われていた1/12スケール前後の立体物展示即売会 AK-GARDEN14に誘われたついでにほぼ10年ぶりに浅草に行ってきた。まずは昔仕事で浅草に通っていた時によくランチに寄っていたクロープクルアでランチを食べて相変わらず味とコストパフォマンスが素晴らしいのを確認し、東京産業貿易センター台東館で行っているAK-GARDEN14に向かう。ここはこれまで全く知らなかったのだが1/12可動フィギュアを始めミニドールハウス、ミニチュア関連商品、ディオラマ関連商品ペーパークラフトなど多種多様なものが出展されている。オリジナルから版権モノを始め見たことのないジャンルも多かったのだが、その中でも個人的に一番凄いと思ったのは上の写真にも載せた1/12の各種金属加工道具のミニチュアである。なんとこのモデル、サイズが小さいだけで本物と同じような材質で出来ていて刃物は切れるし、万力は実際に締め付けることさえ出来るのだ。なんでも出展した方によると本業は金属加工で、自分の使っている各種道具をそのままミニチュアにしたという。この他にも最新の塗料や組込み用の超小型電子機器(モニターなどを光らせるだけでなく、各種映像を表示出来る)など1/12可動フィギュアをやってない自分にとっても興味深いものが沢山あったが、うっかり手を出すと更に新たしい沼に入りそうなのでパンフレットだけもらって会場を後にする。
 そして帰りは昔働いていたバンダイの前を通って、毎回浅草による度に買っている「おいもやさん 興伸」で今回も絶品のスイートポテトを買って帰ってきた。それにしても浅草を離れてもう10年近く経っていくつか馴染みにしていたお店が無くなってしまったり、見慣れた風景が少しづつ変わっているのは少し物悲しいものがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2018

拭き掃除ロボットMINTをBraava jetに買い換える

Mint_inside

Braava

 長年使っていた拭き掃除ロボットMint(今のBraavaの前身)がついに壊れてしまった。ある日突然、電源を入れても赤いランプを点灯させてブザー音を鳴らすメッセージを出すようになってしまったのだ。
以前もこうしたことがあって、そのときは中のバッテリーを外してつけ直すと復活したので今回もやってみたが改善されず、ネットでググった情報でタイヤが磨り減っているかもしれないということなのでタイヤをチェックして見たが特に問題はないようだ。
 特に落としたりぶつけた覚えもないので、おそらく中の可動部のモーター周りか、ぶつかったときに方向を変えるためのタッチセンサーが壊れているか、ハンダ周りの経年劣化だと思うのでダメ元で分解してみたが自分の目ではよくわからない。回路設計ができる人なら直せそうな気もするし、初代Mintは外見こそ今売られているBraavaと同じものの電池に保護回路がついてなかったり内部の配線が異なっているなどプロトタイプっぽくて結構気に入っていたのだが、2012年に買ってもう6年近くも使ってきたので観念して買い換えることにした。
 どうせなら新しい機種を試してみたいので、BraavaではなくBraava Jetを買ってみた。サイズは以前のBraavaよりも更に小さく、持ち運びも姉妹場所にも困らなそうである。
 早速使ってみた感想だが、ジェットの名だけあって水を進路上に吹きかけながら拭くので動作音はBraavaに比べると若干うるさいものの気になるほどの音ではない。これなら部屋で作業しながら動かしても大丈夫そうだ。肝心の掃除能力の方だが、純正品の洗浄剤のついたクリーニングハッドを使ったせいか、拭き終わるとパッドにぎっしり汚れがついていて思った以上に汚れを落としている実感がある。とはいえその分、ポッドを使い回すのは無理そうなのでこれからは通常はクリーニング可能な布製パッドを使い、時々使い捨ての洗浄剤付きのパッドを使う使い方にしようと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2018

新大久保のアジア屋台村に行ってきた

Asian_foods

Thingya

Azian_food_2

Dessert

Coffe

 新大久保に新しくできたインド、ネパール、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、中国、韓国のアジア各国の料理が一度に楽しめるアジア屋台村に行ってきた。不覚にも写真を撮ったはずがデーターが飛んでいて半分以上無くなってしまったが、これ以外にもすごく沢山の料理を食べてきた。
 正直、最初はこの手のフードコートにありがちなどこか妥協した感じの料理かと思っていたのだが、さすがはエスニックタウンの新大久保だけあってどの料理も本格的で実に美味しかった。それにしてもさすがは8各国の料理が集結しただけあって、メニューもすごく豊富でついつい目移りしてしまう。しかも値段もリーズナブルなのが素晴らしい。
 そんな訳でとても一回では堪能しきれなかったので、また近い内に再訪したいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »