« 新大久保のアジア屋台村に行ってきた | Main | 約10年ぶりに再び浅草に行く »

June 16, 2018

拭き掃除ロボットMINTをBraava jetに買い換える

Mint_inside

Braava

 長年使っていた拭き掃除ロボットMint(今のBraavaの前身)がついに壊れてしまった。ある日突然、電源を入れても赤いランプを点灯させてブザー音を鳴らすメッセージを出すようになってしまったのだ。
以前もこうしたことがあって、そのときは中のバッテリーを外してつけ直すと復活したので今回もやってみたが改善されず、ネットでググった情報でタイヤが磨り減っているかもしれないということなのでタイヤをチェックして見たが特に問題はないようだ。
 特に落としたりぶつけた覚えもないので、おそらく中の可動部のモーター周りか、ぶつかったときに方向を変えるためのタッチセンサーが壊れているか、ハンダ周りの経年劣化だと思うのでダメ元で分解してみたが自分の目ではよくわからない。回路設計ができる人なら直せそうな気もするし、初代Mintは外見こそ今売られているBraavaと同じものの電池に保護回路がついてなかったり内部の配線が異なっているなどプロトタイプっぽくて結構気に入っていたのだが、2012年に買ってもう6年近くも使ってきたので観念して買い換えることにした。
 どうせなら新しい機種を試してみたいので、BraavaではなくBraava Jetを買ってみた。サイズは以前のBraavaよりも更に小さく、持ち運びも姉妹場所にも困らなそうである。
 早速使ってみた感想だが、ジェットの名だけあって水を進路上に吹きかけながら拭くので動作音はBraavaに比べると若干うるさいものの気になるほどの音ではない。これなら部屋で作業しながら動かしても大丈夫そうだ。肝心の掃除能力の方だが、純正品の洗浄剤のついたクリーニングハッドを使ったせいか、拭き終わるとパッドにぎっしり汚れがついていて思った以上に汚れを落としている実感がある。とはいえその分、ポッドを使い回すのは無理そうなのでこれからは通常はクリーニング可能な布製パッドを使い、時々使い捨ての洗浄剤付きのパッドを使う使い方にしようと思っている。

|

« 新大久保のアジア屋台村に行ってきた | Main | 約10年ぶりに再び浅草に行く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/66836633

Listed below are links to weblogs that reference 拭き掃除ロボットMINTをBraava jetに買い換える:

« 新大久保のアジア屋台村に行ってきた | Main | 約10年ぶりに再び浅草に行く »