« October 2019 | Main | December 2019 »

November 26, 2019

MAKS2019を見にモスクワに行く(6日目)

 記事を書くのを先送りにして更新を怠っていたらもう11月の中旬になってしまった。MAKSに行ったのが9月の頭なので2ヶ月以上経っている。そろそろ記憶が怪しくなってきたので早く旅行記を書き上げなければいけない。

2019/9/2

そんなわけで6日目の話に戻るがこの頃から体調がだいぶ怪しくなってきて、特に熱があるとか風邪の症状があるわけでもなく、また別に変なものを食べたりした記憶もないのにお腹を壊してしまった。普通にしていると特に具合が悪いわけではないのだがとにかく食べられないのが困る。またこの日は月曜日でモスクワの殆どの美術館や博物館などが休みなので、とりあえず入れなくても良いから前から気になっていたムゼイ・イストリイ・ヴァエンノ=モルスコヴォ・フロタ・ラシー(モスクワ海軍博物館)に行ってきた。外から係留されてる潜水艦とエクラノプランを見るだけでも行く価値がある。何故かロシア海軍歴史博物館は日本語の情報も行ったらレポートもほとんど無いので是非自分に代わってちゃんと開いてる時に行ってレポートして欲しい。エクラノプランや潜水艦の中も見れるらしいのだ。
どうせ中は見られないのでまずは外観を見ようと博物館自体はモスクワ運河の西側にあるのだが、対岸のヴォドニ・スタジオン駅から降りて運河の対岸からエクラノプランと潜水艦Б-396を眺めることにした。結論から言うとこれは失敗で思った以上に運河の川幅が広い上に微妙に影になってあんまり良く見えなかった。だが別の収穫としてこのモスクワ運河はどうやらモスクワからの豪華客船クルーズの発着港になっているらしく、近くから見ると巨大な建築物にしか見えない巨大な豪華客船を何隻も見れたのは収穫だった。

Img_9131

モスクワ運河客船ターミナル - Spherical Image - RICOH THETA

Img_9130

対岸からはクルーズ客船の影になって係留されている潜水艦もエクラノプランもよく見えない。

Img_9132

そこで地下鉄を乗り継いで対岸のスホドネンスカヤ駅に向かい、そこからセヴェルノエ・トゥシノ公園を横切ってようやくモスクワ海軍博物館に到着した。余談だが写真は撮らなかったもののこのセヴェルノエ・トゥシノ公園はGoogleストリートビューで見たのと違っていつの間にかおしゃれな公園になっていて驚いた。いまだにモスクワはソ連崩壊直後の貧しくて混沌としているイメージを持っている人も多いようだが、この前のサッカーワールドカップを契機に整備が進んで今やヨーロッパでもちょっとしたおしゃれな街になっているのだ。
写真は海軍博物館の看板、ロシア語しか表示がないのがネックだが軍事博物館という物々しい名称にも関わらず一般公開されていて外国人観光客でも気楽に入れる場所になっている。

Img_9133
残念ながら月曜日は休館日で中は見られなかったので外に係留されている潜水艦やエクラノプラン、ホバークラフトなどを撮りまくってきた。

Img_9137
タンゴ型潜水艦 B-396


Img_9154

Img_9134
まるでSFに出て来そうな水面ギリギリを超高速で飛行するエクラノプラン、どんなものか説明するよりも動いてる動画を見て欲しい。
ソ連は何種類もの巨大なエクラノプランを建造したが今は全て退役しそのうちの1隻「オルリョーノク」がここで展示されている

Img_9140

Img_9146

Img_9150

Img_9142

Img_9145

Img_9148
проекта 1205(プラエクタ1205)型。ソ連最初のホバークラフト揚陸艦。

Img_9155
潜水艦搬入時の写真が興味深い。

Img_3789
博物館の帰りにセヴェルノエ・トゥシノ公園のそばのカフェで遅い昼食。何にでもディルが添えられてるのがロシアらしい。

このあといよいよ体調が悪くなってきたので一旦ホテルに戻って休憩。それにしてもロシアの公衆トイレが以前よりもずっときれいになっていて助かった。

Img_9160
体調が回復したので軽い夕食と観光を兼ねてグム百貨店にやってきた。

 

Img_9161

Img_9165

Img_3794
2010年代からロシアではソ連のモチーフが流行っていると聞いたことがあるが、その流れなのか単にデザインテイストが外国人にそう感じるだけなのかグムではソ連をモチーフにしたようなファッションやディスプレイが目についた。一番下の写真はソ連時代の大衆食堂「スタローバヤ」をモチーフにしたSTOROBAR No57というレストラン。観光地のど真ん中にあるレストランにしてはリーズナブルで自分でトレイを持ってバイキング形式で好きなメニューを取って最後に会計するという仕組みなので外国人にも入りやすい。

Img_9167

そこで食べた夕食。改めて写真を見ると平気なようで当時いかに弱っていたかよく分かる。このあと帰国後も下痢や発熱が1週間ほど続いたのだが結局原因はよく分からなかった。単に疲労だった気がするがもう若くないことを痛感させられた。

| | Comments (0)

November 13, 2019

高田馬場の串カツ えいちゃんで食べる

Img_9194

Img_9195

Img_9196

Img_9197

Img_9198

まだMAKS編が完結してないが他のネタが溜まってきたので一旦別の話題。
モスクワ旅行やPCの新調で財政が厳しいので安くて美味しいところと言うことで、高田馬場の串カツ えいちゃんに行ってきた。
確か東日本大震災の頃に高田馬場周辺で働いていたときに何度かランチで寄った記憶があるのだが、8年も経つと店は残っているもののテナントとして入っているビルのフロア自体が全く別物になっていて驚いた。
それでも安くて美味しいことには変わらない、今回は夕食時に寄ったこともあって大衆食堂ながらちょっとリッチな感じで楽しめた。
ランチと違って串の種類が豊富に選べるのと(それでも今回は食べ放題コースを選んだので高い串はオプション扱い)なんと言ってもデザートにアイスクリームの串があるのが素晴らしい。
知る人ぞ知るアイスクリームの天ぷらの串カツ版と言えるものだが、衣が天ぷらよりも薄い分、難易度は高そうだ。
ビールを飲みつつ様々な串を食べ最後はアイスクリームで〆ると言う、リーズナブルながら充実した日だった。

| | Comments (0)

« October 2019 | Main | December 2019 »