« October 2021 | Main | December 2021 »

November 26, 2021

羊肉専門店 辰で羊肉を堪能する

Img_9422
ラムしゃぶと野菜のサラダ

Img_9423
瓶蒸し肉

Img_9424
コルネラーナ

Img_9426
ホルモン煮込みとラム焼き餃子

Img_9427
孜然羊肉

 ネットで以前見つけた池袋の羊肉専門店 辰に行ってきた。ここは中華系本格的羊料理専門店ながら中央アジアに近いレパートリーでこれまで羊といえばジンギスカンや焼き肉主体のお店にはないメニューが魅力的なのだ。そんなわけでずっと気になっていたのだが、ようやくコロナも一段落してお酒も出る通常のディナーも復活したらしいので早速行ってみた。
 噂に違わずどの料理も素晴らしいのだが、一番ビックリしたのは中程の写真にも写っているホルモン煮込みだろう。通常ホルモンと言えば結構癖があって日頃食べている牛や豚でさえ好き嫌いが分かれると思うのだが、ここのホルモン煮込みは癖の強そうな羊肉でありながら変な癖や匂いもまったくない上に圧力釜で煮込んでいるのか分からないが、食感も柔らかくホルモンにありがちな噛んでも噛んでも噛み切れないと言うことは全く無くよく煮込んだすじ肉のようにホロホロとしているのだ。しかもスープは薬膳風の香辛料が使われているのだがこれが肉の臭みを完全に相殺しているらしくスープも肉も実に爽やかで、しかも薬膳効果なのか結構飲んで食べたはずなのに翌日には胃もたれとも二日酔いとも無縁で実に快適な目覚めだったことも付け加えておこう。
 こんな感じでホルモン煮込みに限らずすべての料理が素晴らしく美味かった上に、食べっぷりが良かったのかお店の人に気に入られたのかサービスも実に良かった。ぜひともまた行ってみたいと思っている。

| | Comments (0)

November 07, 2021

4度目のテレワークを振り返る

2020telework

2021telework
2020年から2021年のかけてのテレワーク期間

 4度目ともなるとすっかり慣れて快適な在宅勤務生活になるかと思いきや、今回もいまいちテンションが上がらなかった。どうも基本的に自分は完全に一人で仕事をしているとダレてしまうらしくある程度人の目が無いとだめらしい。ただ人と話したりするのはかえって煩わしいので、なんとなく周りに人がいるくらいがちょうどよいようだ。そう考えてみると昔ロシア語の勉強の為に一時期喫茶店に通っていたのも正しい選択だったのかもしれない。そういえばネットでは「さぎょいぷ」もしくは単に作業通話という名で特に話をするわけでもなく作業をしている者同士でskypeやDiscordなどで音声通話をしながら集まって作業する文化があって、これまで「なんで会話をするわけでもないのにオンラインで集まって作業するのだろうと疑問に思っていたがようやくその謎が溶けた気がする。実は自分も趣味の作業でやったことがあるのだが、確かに一人で作業をしているよりもモチベーションが上がるのだ。まして同じジャンルの作業をしていた場合に周りに聞けるのがありがたい。更には多くのアプリでは通話だけでなく画面共有も出来るので直接画面を見ながらやり取りできるのも便利なのだ。特にUnity周りやプログラム周りだと一緒に作業をしているメンバーの中に専門家がいたりするので場合によってはそのツールやライブラリを作った本人に直接聞きながら作業が出来るという夢のような環境が実現できたりするのだ。
とは言え仕事の場合そこまで親しいつながりでもない上に勤務中ずっと音声チャットでつながっているのも鬱陶しいので、さすがにこれは出来ないがSlackなどで画面共有しながらの打ち合わせは結構便利だったりする。

 今回のテレワークは4度目ということですっかり慣れてしまって単なる日常生活の一部と化してしまった。どんな非日常も続いていくうちに新しい日常になっていくと言うがまさしく自分も同じ思いだった。初回の仕事なのに感じた不思議なワクワク感は一体どこに行ってしまったのだろうか。また今回は再び腰を痛めたのを始めとして何かと体のトラブルの多い在宅勤務だった。おかげで通勤時間が減った分ゆとりが増えたり新しいことに挑戦したりという事もなく、日常のトラブルを退治していたら終わってしまったという印象が強い。なにせ腰を筆頭に耳鼻科や皮膚科に通ったり、更にはその合間にはCovid-19のワクチン接種も受けた上に、身体だけでなく借りている家の給湯器が壊れて交換したり、庭の工事が入ったりと大忙しだったのだ。更に何度もテレワークをしていたにも関わらずいつも冬だったせいで気づかなかったのだが、仕事場の日当たりが良すぎるせいで真夏は灼熱地獄になるのも計算外だった。しかたないので当座は窓にアルミホイルを貼ったりして凌いでいたものの、結局車のフロントガラスに貼るような赤外線反射フィルムを窓に貼ったり、以前に古い一戸建てに住んでいたときに使っていたよしずを引っ張り出してむりやり設置したりして対策することでようやくなんとか過ごせるようになった。これらの雑務も幸い在宅勤務だったので上手く時間をやりくりできたもののこれが通常勤務だったら大変だったに違いない。そういう意味では有意義なテレワーク期間だったとも言えるかもしれないが、おかげで創造的なことといえばクリックするだけで都市が作れるTownscaperと言うゲームに手を出して、それをVRChatに持っていって自分の作った世界を回ると言うことぐらいしかやっていない。

 とはいえ終わってしまうとテレワーク中はあんなにダレていたくせに今もテレワークだったら通勤で空いた時間で色々と出来なのになどと虫の良いことを考えてしまう。時間を有効に使うというのはなかなか難しいものだ。

| | Comments (0)

November 03, 2021

湘南モノレールに乗って江ノ島水族館に行く

Monorail

Monorail02

Fuji_view Aquarium01

 

Aquarium03

 

Aquarium02

Aquarium04

Aquarium05

Aquarium06

Aquarium07

Aquarium08

Aquarium09

ようやくコロナも一段落したので久しぶりに江ノ島まで小旅行。
本来なら小田急線で一本で行けるのだが、雰囲気を楽しむために途中で湘南モノレールに乗り換えてちょっと遠回り。
時間は余分にかかったものの珍しい懸垂式モノレールに乗れて年甲斐もなく盛り上がってしまった。モノレールの先頭座席は子どもたちに大人気でさすがにそこは遠慮して場所を開けて見ていたが、普通の電車よりも加速が急で勾配も激しいモノレールの車内で前が見えるように小さな子どもを抱っこして立ってるお父さんは大変そうである。

江ノ島水族館は調べてみると11年ぶりで驚いたのだが、前回と違って昼に回ると夜には気が付かなかったり昼しかやってない展示があって新鮮だった。前回は飲んでたせいもあって気づかなかったのだが展示が上の階から下に向かうにつれて浅瀬から深海に展示内容が変わっていき、それに合わせて照明も徐々に暗くなっていく仕掛けになっているのは目を慣らす効果なども考えられていてよく出来ていると思う。
水族館の人ではまだコロナの影響が残っているのかも知れないが、それでも家族連れが結構いて思った以上に盛況だった。逆に言うと混雑を避けて見れるのは今のうちなのかも知れない。

水族館を出ると目の前に湘南の海が広がっていた。わずか半日とはいえ思った以上に充実した小旅行だったが、それでも翌日には筋肉痛が出て想像以上にテレワーク生活で体がなまっているのを痛感した。健康診断の数値も体重を中心に悪化していたし、体を鍛え直す必要がありそうだ。

| | Comments (0)

« October 2021 | Main | December 2021 »