カテゴリー「グルメ・クッキング」の473件の記事

September 21, 2020

大衆ジンギスカン酒場ラムちゃんで飲み食いする

Img_9273

Img_9274

Img_9275

 コロナのせいか気になるお店や良さそうなお店が次々と閉店して食べ歩きにも支障が出るようになってきたのだが、今回も先月見つけたハワイ料理のお店が今月になったら閉店することが判って急遽お店探しをするはめになってしまった。
そんなわけで今回は押さえとして御徒町の大衆ジンギスカン酒場ラムちゃんに行ってきた。ここはハイボール飲み放題かつジンギスカン食べ放題で一人3千円台で飲み食い出来るお得なコースが売りのお店なのだ。
 毎年、GWから夏にかけて川口ビール園で必ずジンギスカンを食べに行っていたのでこの時期は一度はジンギスカンを食べに行きたかったのだ。
そんなわけで今回のお店はビアホールでは無いものの川口ビール園のリベンジとも言えるわけだ。ビアホールは先月行ったので残すところはジンギスカンだけである。
 肝心の味の方は食べ放題と言う割には意外とメニューが豊富でラムのソーセージやレバーなどもあるのが嬉しい。あと料理とは関係ないがお店で流れている音楽が90年代Jポップス中心で更にトイレに行くとお店の名前にかけてうる星やつらの「ラムのラブソング」が流れていて懐かしかったが果たしてお店の客(若者が多い)で分かる人がいるのだろうか。
 こうして川口ビール園のリベンジはすべて果たすことが出来たわけだが、唯一の心残りは食べるのに夢中になってここのもう一つの売りであるハイボールセルフスタンドの写真を撮り忘れたことである。

| | Comments (0)

August 10, 2020

ビアホール ライオン銀座七丁目店で飲む

Beer_20200810150101

Img_9269

Img_9270

Img_9271

 いまだコロナ渦が終息しないせいもあって毎年行っていた川口ビール園が無くなってしまったので代わりにビアホール ライオン銀座七丁目店に行ってきた。
ここは10年以上前に行ったことがあるのだが、噂に聞いたビール飲み放題コースは2階でやっていると言うことで初めて2階に上がったのだが、こんな場所があるとは思わなかった。秋葉原の肉の万世や横浜の崎陽軒本店などでは上の階に上がるほど高級店になっているのだが、まさかビアホールライオンまで同じようになっているとは知らなかった。
 本来はグループ客や高級メニュー向け用と思われる個室や貴賓室が並んでいて、そこも1階同様にレトロな洒落たインテリアで雰囲気も素晴らしい。それが今回のコロナ渦のせいか2階席でもお得なコースが提供されているのだ。そんなわけで今回はビール飲み放題に加えて新しい生活様式に基づいた新コースと言う1品1品取り分けされたセットメニューを頼んでみた。これが飲み放題と合わせて2時間3800円というのは素晴らしい。
ビールは基本コースでは黒ラベルオンリーなのだが、徹底的な注ぎ方と品質管理にこだわったと謳っているだけあって家で缶ビールで飲んでたのとはまるで別物の美味しさで驚いた。おかげでだいぶ飲みすぎてしまったが料理が美味しく楽しかったせいなのか翌日にはすっかり回復して快適な朝を迎えることが出来た。

コロナでは飲食店をはじめとしてどこも大変だとは思うが、そのせいでいつもよりもお得なコースが空いてる状態で選べるのはありがたい(とはいえ素直に喜べない)。

| | Comments (0)

July 19, 2020

六本木の豚組しゃぶ庵で贅沢に豚しゃぶを食べる

Img_9258

Img_9260

Img_9261

Img_9262

Img_9263

Img_9264

Img_9266

Img_9267

 コロナ渦の影響で10月末で閉店してしまうと言うことなので六本木にある豚組しゃぶ庵に行ってきた。
期間限定で食べ放題飲み放題コースの上に飲み放題も貴重なクラフトビールが選べる上に、しかもコロナ対策なのか個室でゆっくり出来るというありがたいコースがあったのでそれを選んで見たのだが、出されたメニューや飲んだビールを考えると一人5千円強と言う値段でもお店の利益が出るのか心配になるくらいの充実した内容だった。

おかげでいつも以上に話もはずみ、だいぶ飲みすぎた気がしたにも関わらず翌日は二日酔いとも無縁だったのはやはり物が良かったからに違いない。正直、10月一杯でしまってしまうのは本当にもったいない良いお店なので、閉店前に一度行ってみることをお勧めしたい。

| | Comments (0)

June 29, 2020

崎陽軒本店でシュウマイ振る舞いキャンペーンを食べる

Img_9248

Img_9249

Img_9252
せっかくなので年代ものの紹興酒を注文してみた。年代物とはいえワインよりも遥かに格安なのはありがたい。

Img_9250

Img_9253
今回の目玉の食べ放題のシュウマイ、写真ではわかりにくいが創業当時の小さめのシュウマイと今のシュウマイ2種類が味わえる。

Img_9254

Img_9255

Img_9256

Img_9257

 まだ終息には程遠いものの緊急事態宣言も解除されたので、2ヶ月ぶりに外食に行ってきた。
今回は横浜の崎陽軒本店で期間限定でやっているシュウマイ振る舞いキャンペーンと事で、やはりコロナで客足が減ってるのを受けて期間限定のお得なキャンペーンコースらしい。
当初、中華のシュウマイ食べ放題と言うからてっきり大皿に山のようなシュウマイがバーンと乗っていて好きなだけ食べられるのをイメージしたのだが良い意味で裏切られた。写真を見てもらえばわかるようにフランス料理のコースや高級会席料理みたいにお品書きに従って一品一品正装したウェイターの方が給仕してくれる本格的な高級中華料理のコースだった。
歳のせいかバイキング形式の食べ放題は正直きつくなってきたのでこのほうがありがたい。もちろん看板に偽りはなくシュウマイは注文すれば何皿でも運ばれてくる。
肝心の味のほうだが見た目に違わず上品な味で中華食べ放題とから連想するこってりとした脂ぎった感じとは無縁なのもありがたい。以前に行った肉の万世の時もそうだったが、崎陽軒本店も上の階に上がるほど高級店になっていくのだが、今回始めて上の階で食べたのだが内装も豪華でちゃんとした格好で行けばよかったとちょっとだけ後悔している。そんなわけで周りのお客さんも割と年配層が多めでゆったりした店内と合わせて中華には抵抗がある人も行ってみれば中華のイメージが一新されると思う。
最上階の方にはさらに高級な本格的な高級中華料理店があるらしいが、いつか行けるような身分になりたいものである。

| | Comments (0)

March 29, 2020

中落ち100円居酒屋 まぐろんちでまぐろ三昧

Img_9237

Img_9238

Img_9240

Img_9241

Img_9242

 毎年この時期は花粉症で肉を食べると体調が悪化するので今年も肉以外ということでマグロを食べに高田馬場の100円居酒屋まぐろんちに行ってきた。
マグロというと主に刺し身やユッケなど生食が中心のイメージがあってたくさん食べるとなると流石にちょっと飽きそうだが、ここは店の案内によると普通に刺し身だけでなく焼いたり、煮たり、揚げたりと様々な料理を出してくれるというのがありがたい。実際の料理の方だが写真を見てもらえば解るように、看板に偽りなく実際に様々なメニューがある上に、マグロの様々な部位が食べられる。
 そんなわけで調子に乗ってまぐろの様々な部位と料理を食べたのだが、まぐろだけでなく各地の地酒がワンカップで置いてあるのと、ボリュームがあると言われたマグロの目玉の煮付けを「いくら量があると言っても目玉だし大丈夫だろう」と思って頼んだら、予想に反してマグロの頭をほぼ丸々使った煮付けで久しぶりに苦しくなるくらい飲み食いしてしまった。
 それでも何度も食べ歩いて学習したおかげで翌日は二日酔いや胃もたれすることもなく済んだのは単に食べ方だけでなく、それだけ質の良いまぐろだったに違いない。

久しぶりに楽しくて美味しいけど苦しいという体験だった。

| | Comments (0)

February 24, 2020

肉の食べ納めに馬太郎に行く

Img_9230

Img_9231

Img_9232

Img_9233

Img_9234

Img_9235

Img_9236

Blogを書いた気になってだいぶ時間が空いてしまったがこの前行った馬肉食べ放題の店の話を書いてみたい。

自分の体を使った長年の人体実験の結果(笑)花粉症の時期に肉断ちすると症状がほとんど出ないくなることがわかったので、花粉が飛び交う前に肉の食べ納めに馬肉食べ放題のお店「馬太郎」に行ってきた。これまでせんべろ路線のお店が続いた後だと奮発した気になるが、よく考えるとこれだけ散々飲み食いしても一人3~4千円台で収まるのは素晴らしい。なにせ写真では重複しないように一品につき1枚しか写真を撮ってないが、実はユッケを8回もお代わりしたりほとんど嫌がらせレベルで食べているのだ。
それにしてもお店の馬肉の鮮度が良いせいもあるのだろうが、これほど馬肉が癖がなく後にもたれないとは思わなかった。正直なところ絶対食べすぎで後で具合が悪くなるんじゃないかと思うくらい食べたにも関わらず、翌日胃もたれすることもなく実に快適だったのだ。

| | Comments (0)

January 05, 2020

ネパール料理店アーガンで新春の食べ始めをする

Img_9225
ネパールの伝統的なお酒「チャン」。味は癖のないさっぱりとしたどぶろくといった感じでほんのりと酸味と甘味があってとても飲みやすい。

Img_9226

Img_3977
コースのネワリボジセット。これで1人前だが2人で食べても十分なボリューム。


Img_9228

Img_9229

例年、新年はお節を持ち寄って食べる事が多かったが今年は各家庭のバタバタもあって志向を変えてネパール料理店アーガンに行ってきた。
お店のある新大久保は正月に空いているところがあまりないせいか、それとも正月休みで出かける人が多いのかものすごい混雑だったが、幸いお店は時間が早かったせいもあるが新年を日本で迎えようというネパール人の方を除いてそこまでは混んでなくて助かった。

そんなわけで新年を迎えるネパールの方に混じって新春祝という口実で食べてきたわけだが、素晴らしいコストパフォーマンスに驚いた。コース料理のネワリボジセットに単品を何皿か頼んだだけで十分満足できるボリュームだった。もちろん美味いのは言うまでもない。
ネパール料理はあまり馴染みがないと思うが、インド料理風のスパイシーな味付けに加えて日本の発酵食品に通じる酸味や旨味を感じさせる料理が多くて日本人にも意外に合うのではないかと思う。
発酵食品が多いせいなのか、意外と沢山食べたにも関わらず翌日も実に快調だった。

| | Comments (0)

January 02, 2020

年末に再びサイゼリヤで飲む

Img_9218

Img_9219

Img_9220

Img_9221

Img_9222

Img_9223

Img_9224

 年末ということで世間的にはクリスマスにちょっと奮発して外食という風潮なのかも知れないが、年末進行で仕事が忙しい割にはお金がないので(夏にモスクワに行った上にVR機器とパソコンを新調した為)、再びサイゼリヤに行ってきた。ついこの前行ったような気がしていたが調べたらもう2年以上前の事で驚いた。歳を取るとともに時間が流れる速度が加速している気がしてならない。
 肝心のメニューと味の方だが、ググってもらえばメニューについては割愛するとして相変わらずそのコストパフォーマンスの良さに驚いた。以前ほど食べられなくなって(単にこれまで食べすぎともいう)分量が多少減ったせいもあるかも知れないが、それにしてもこれだけ頼んで一人2000円台に収まったのは感激してしまう。

| | Comments (0)

December 07, 2019

高幡不動のインド料理店アンジュナで期間限定のサンマカレーを食べる

夏に行ったMAKSの記事が終わらない関係でBlogに書くのが遅れてしまったが、この前行った高幡不動のインド料理店アンジュナで期間限定のサンマカレーを食べてきた。
予約した時間よりも早めに着いたので今回、案内図をもらって高幡不動を観光して来たのだが、以前に初詣などで何回も行ったにも関わらず実はこれまではほんの一部しか見てなかった事に気がついた。

Img_9204

Img_4444

Img_4370

Img_9206

Img_9209

Img_9211

Img_9212

Img_9214

Img_3650

Img_9216

| | Comments (0)

November 13, 2019

高田馬場の串カツ えいちゃんで食べる

Img_9194

Img_9195

Img_9196

Img_9197

Img_9198

まだMAKS編が完結してないが他のネタが溜まってきたので一旦別の話題。
モスクワ旅行やPCの新調で財政が厳しいので安くて美味しいところと言うことで、高田馬場の串カツ えいちゃんに行ってきた。
確か東日本大震災の頃に高田馬場周辺で働いていたときに何度かランチで寄った記憶があるのだが、8年も経つと店は残っているもののテナントとして入っているビルのフロア自体が全く別物になっていて驚いた。
それでも安くて美味しいことには変わらない、今回は夕食時に寄ったこともあって大衆食堂ながらちょっとリッチな感じで楽しめた。
ランチと違って串の種類が豊富に選べるのと(それでも今回は食べ放題コースを選んだので高い串はオプション扱い)なんと言ってもデザートにアイスクリームの串があるのが素晴らしい。
知る人ぞ知るアイスクリームの天ぷらの串カツ版と言えるものだが、衣が天ぷらよりも薄い分、難易度は高そうだ。
ビールを飲みつつ様々な串を食べ最後はアイスクリームで〆ると言う、リーズナブルながら充実した日だった。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧