カテゴリー「グルメ・クッキング」の504件の記事

January 05, 2023

レストラン1899で期間限定のおせちビュッフェを食べる

Ozouni

Osechi_20230105001901

Sake_20230105002001
さすがに別料金だけどお酒も色々ある。ここはもちろん日本酒だろう。

Ochiruko

Dessert_20230105002001

 お正月は一度はおせち料理を食べないと新年を迎えた気にならないのだが、実家では父が亡くなってからおせち料理をほとんど作らなくなってしまい今年も毎年恒例になりつつある池袋西武の屋上で買ってきたお節を食べる集いになるかと思ってたら、ちょうど御茶ノ水のレストラン1899で期間限定のおせちビュッフェをやってると言う情報を見つけて来てくれたので今回はちょっと贅沢してレストランでお節を頂くことにした。
 まあいつのも西武の屋上で食べるのもそれはそれで結構楽しいのだが、予定していた日はちょうど寒波で寒い日だったので温かい室内で食べられるだけでもありがたい。さすがはレストランが主催するだけあってお節も結構凝っている上に温かいお雑煮やデザートが付いてくるのも素晴らしい。しかもビュッフェ 方式でお重に入ってる分を食べ終わった後、好きなだけおかわりが出来るのだ。
 そんな訳でデザートやお雑煮、更にお茶漬けなども食べたせいもあってすっかり満腹になってしまった。ある意味お節で満腹になるのはかなり贅沢な事かもしれない。肝心の味はもちろんのことレストランだけあってきめ細かいサービスもあって新春早々幸先が良さそうである。

| | Comments (0)

December 30, 2022

飯田橋のThe Royal Scotsmanでアイルランド料理を食べる

Public_house

Beer01

Haggis

Fish_and_chips

Shepherds_pie

Beer02

Whisky

Smoking

Ginger_ale
最後は自家製のジンジャーエール

 アイルランド料理と言うとどんなイメージがあるだろうか。イギリスの隣で多くの料理が共通することからもしかしたら美味しくないと言うイメージを持ってる人もいるかも知れない。
だが子供の頃に読んだ海外小説に出てきたエキゾチックな料理の多くが今では日本でも普通にどこでも食べられる一方で、ハギス、シェパーズパイ と言った料理は名前は聞いたことがある一方でなかなか食べる機会が無くて気になっていた。そしてなんとなくクリスマス前でちょっとクリスマス風の日頃食べない外国料理が食べたいと言う事もあってたまたま見つけた飯田橋にあるThe Royal Scotsmanに行ってきた。
 クリスマス前とはいえちょっと前倒しでしかも割と早い時間と言う事もあって油断していたのだが、行ってみると店内は盛況で自分たちが入った後にあっという間に満席になってしまった。以前も別の店でも感じたが感染者数が高止まりにもかかわらず世間的には完全にコロナ前の人出に戻っている感じがする。

 肝心のお店と料理の方だが、結構常連客や我々のようなわざわざアイルランド料理目当てに来る人が多いのかかなり料理やお酒(さすがはパブだけあってビールとウィスキーを始めとした品揃えが素晴らしい)も充実している上に料理のボリュームもあって、気になる料理がたくさんあるにも関わらず、数品目でギブアップしてしまった。それでも前から気になっていたハギスやシェパーズパイが食べられて大満足である。もちろんビールとお酒が充実していたのは言うまでもない。また以前に行ったイギリス旅行を思い出せたのも良かった。
パブと言うと一人でふらっと行くイメージがあるが、ここはある程度の人数で行くと更に楽しそうだ。

| | Comments (0)

November 13, 2022

銀座の老舗居酒屋「三州屋」で飲む

Img_4871

Img_4862

Img_4863

Img_4864

Img_4865

Img_4866

Img_4867

Img_4868

Img_4869

Img_4870

 飲み歩きが好きで結構いろんなお店に行ったつもりだが、銀座にある老舗居酒屋の三州屋にはこれまで行ったことがなかった。というか実はそもそも銀座=高級店というイメージもあってはなから居酒屋があるとは思ってなかったというのもあり、そもそも最近まで存在を知らなかったのだ。
 この前ようやくその存在を知って行ってきたのだが、銀座柳通りに面していながら細い路地をくぐり抜けていかないと見つからない場所にあってしばらくたどり着けなかった。通りでこれまで何度も銀座に行ったことがあるにもかかわらず(というか一時期は銀座で働いていて毎日通っていた)気づかない訳だ。
 休日とはいえまだ午後の早い時間なので入れるだろうとたかをくくっていたら満席状態で驚いた。人気店だとはいえコロナなどもあって大抵の飲食店は余裕で入れる時期が長かったせいもあってすっかり油断してしまった。幸いちょうど遅い昼食を終えた人と入れ替わる時間帯だったこともあり、ちょっと並んだだけで入れたがさすがは老舗の人気店だけのことはある。とはいえ大衆割烹と謳っているだけあって場所柄にしてはリーズナブルな値段で料理もお酒も美味しくて素晴らしい。年齢層はやや高めだったこともあり、混んでいるながらも当初の目的の落ち着いた居酒屋で美味いつまみを食べながら日本酒を味わうという一時を過ごせて色々とバタついていたこれまでの疲れを癒せた気がする。

| | Comments (0)

October 10, 2022

2回目の高尾山ビアマウントに行って敗北したので府中で飲む

Img_4703

Img_4711

Img_4718

Img_4720

Img_4721

Img_4722

Img_4723

Img_4724

Img_4725  高尾山ビアマウントが秋から鍋を始めたと聞いたので再び高尾山に行ってきた。
この前はケーブルカーで行ったので、今回は志向を変えてリフトで展望台まで向かう。実はリフトに乗るのは初めてなのだが思ったよりも吹きさらしで特にコースの途中では下に網と足場が安全のために用意されているとはいえ思った以上に高さがあるのには驚いた。気分は最高なのだが実を言うと撮影していたスマホを落としそうでヒヤヒヤした。これ多分高所恐怖症の人は乗れないんじゃないかな。
 さて本命のビアマウントだが前回はお盆休み直後にもかかわらずガラガラでゆっくり出来たので、今回も土日とはいえ連休でも無いしちょっと並ぶくらいだろうと思っていたのだが、会場についてみると謎の行列と番号を読み上げるアナウンスが聞こえてきて嫌な予感がしたと思ったら、案の定1時間半待ちでしかも確実に入れる保証は無いという。通りでリフトを乗るときから降りてくる人が多いと思った。その時は登山を終えて降りてくる人かなと思ったのだが入れなくて諦めて降りてくる人たちだったのだ。
 行列を見る感じ、どう見ても1時間半で入れる感じではないので作戦変更して府中で飲むことにする。

 気分的には天気も良くて完全にビールを飲む気満々だったので都心に戻る電車の中で「府中+ビール」の組み合わせで検索して見つけた肉とチーズバルGRILL屋というお店に行ってきた。結果から言うとこれが大正解でクラフトビール飲み放題に加えて肉とチーズ、更には美味しそうなデザートまで充実していて久し振りにデザートまで含めたフルコースで飲み食いしてしまった。たいてい食べ過ぎでデザートに行くまでに息絶えるので、それを押して別腹でデザートを食べたのは本当に久し振りである。
 そんなわけで久し振りにちょっと贅沢な食事になったが、それ以上の満足度だったのは言うまでもない。惜しむらくは場所が場所だけに再び来る機会がなさそうなのが残念だが、わざわざこのために行っても良い素敵なお店だった。

| | Comments (0)

September 25, 2022

池袋の食府書苑で薬膳を食べる

Img_4699

Img_9482

Img_9483

Img_4701

Img_9484

風邪を引いてだいぶ経つのにいまだに本調子にならないので、延期になっていた連休前半の食べに行くプランをちょっとだけ変更して池袋の食府書苑で薬膳を食べに行くことにした。池袋西口の線路の下をくぐるガード下を出てすぐの雑居ビルの中にあるフードコートなのだが、本当にこんなところにあるのかという雑居ビルの中に忽然とあってなんとなく九龍城砦ぽくてそれが余計に異国情緒を掻き立てる。お店はどこもガチの中華料理店なのだが、写真付きのメニューが充実していて意外と日本語も通じるので大丈夫。
料理自体は妥協なしの本場の味なのだがさすがは現地の人気店が多数来てるだけあってどれも美味しくボリュームたっぷりでありがたい。写真ではわずか3品しか頼んでないが、これだけでお腹いっぱいになってしまった。しかも香辛料や骨付き肉の出汁がどれもたっぷり溶け込んでいて淡白なのにいくら食べても旨味に満ちて食べ飽きないのだ。
中華系フードコートというイメージから混んでいて落ち着かないイメージがあったのだが、ピークをずらした時間帯のせいもあって意外と空いていて居心地も良くてありがたい。
どの料理も素晴らしく美味しいのだがボリュームもあるので、ある程度の人数で攻略することをお勧めしたい。

| | Comments (0)

August 21, 2022

高尾山ビアマウントで絶景と夏を満喫する

Img_4680
この先のケーブカーで展望台に向かう。高尾山はケーブカーが完備されてるおかげでハイキング気分で行けるのがありがたい

Img_9481
標高500mの展望台にあるビアマウントからの風景は絶景だった

Img_9480

Img_4681
ふとテラスの手すりを見るとカマキリの幼虫がいた

Img_4683

Img_4684

Img_4685

Img_4686
お盆休みも後半だったせいもあって意外に家族連れが少なかった

Img_4687
調子に乗って食べすぎたので帰りにお土産で買った天狗焼きを夕食代わりに食べる

 お盆休みはプライベートで受けたVRChat案件の仕事で明け暮れたが、その合間にコミケに行ったり(台風の直撃で大変だった)、高尾山ビアマウントに行ったりして忙しい中でも夏休みを満喫する事が出来た。
 その中でも高尾山ビアマウントがあまりに素晴らしいのでレポ。ググったほうが早いので簡単な紹介に留めるが高尾山では夏〜秋の期間限定で標高約500メートルにある山の展望台でバイキング&飲み放題のビアガーデンをやってるのだ。実は知る人ぞ知る人気スポットでコロナ前には高尾山に登るためのケーブカーの時点で行列が出来ているほどの混雑ぶりだったらしいのだが、幸か不幸かコロナのせいで今は行列することなく入ることが出来る。屋外、しかも高尾山の上ではさすがに料理は大したものは無いのではと思った人もいるかも知れないが、以外にもそんなことはなくキリン、アサヒ、サントリー、サッポロの4社から8種以上のビールが揃うのはもちろん、料理も30種類以上揃っている。2時間制で天気を選ぶのは仕方がないとしても、天気が良ければ写真のように高尾山からの絶景をつまみにビールを飲むことが出来るのだ。
 行った日はちょうど天気が良くて風も涼しいという絶好の天候だったせいもあって、実に素晴らしい休日を満喫する事が出来た。おかげで調子に乗ってあまりに飲み食いしたせいで、その日の夕食はいらないくらいだった。
 あの開放感と空気の気持ちよさは言葉や写真ではとても伝えきれないので、天気が良い日に是非行って味わってほしい。



| | Comments (0)

August 02, 2022

ジンギスカン楽太郎に行く

Rakutaro

Zingisukan1

Zingisukan2

長年、そごう川口店の川口ビール園に夏になると行っていたこともあって、夏になるとジンギスカンに行ってビールを飲まないと気が済まない体になってしまった。
残念なことに2021年2月28日にの閉店に伴ってビール園も行けなくなってしまったので、代わりに池袋のジンギスカン楽太郎に行ってきた。ここはコストパフォーマンスが良いこともあって人気店でなかなか行けなかったのだが、ここ数年のコロナのせいか営業時間が長くなったおかげで前よりも入りやすくなったのだ。
そんなわけで早速羊肉を盛大に食べつつビールを飲みまくってきた。久しぶりに室内でジンギスカンを食べたわけだが、暑さや天気を気にしなくて良い代わりに煙で燻される懸念があったものの、幸いにして入口近くの席だったおかげでそれほど煙にも燻されず久しぶりに青空を見ながらジンギスカンを食べることが出来た。
なお写真が少ないのはそれだけ飲み食いに専念していたと思ってほしい。

| | Comments (0)

July 24, 2022

ブータン料理を食べてきた

Img_4650

Img_4651

Img_4652

Img_4653

Img_4654

 代々木上原のガテモタブンでブータン料理を食べてきた。ここは以前に孤独のグルメにも出てきたので知っている人もいるかも知れないが、おそらく日本で唯一のブータン料理を食べさせてくれるお店である。ちなみにブータン料理は唐辛子を野菜として使うために世界一辛い料理と言われるが実際に食べてみると青唐辛子ベースのせいもあって辛さは強烈なものの後を引かないので思ったよりも食べやすい。
料理自体はお店の紹介にも書かれているようにシンプルだけど食べ飽きない家庭料理というだけあって確かに辛いけれど美味しくて、多人数で来たこともあって全料理を制覇してしまった。ただ辛いだけあってお酒よりもご飯が欲しくなるので飲み会というよりはお食事会になってしまったのはご愛嬌。

それにしても孤独のグルメで紹介されたとは言えマイナー料理なのでそれほど混んでないだろうと思ってたのだが、予想に反して今でも大人気らしく平日の割と早い時間にも関わらずあっという間に満席になってしまった。そんなわけでもしブータン料理に興味のある人は早めに予約して行くことをお勧めしたい。

 

 

おまけ

Img_4661
他の日に、品川の東京都中央卸売食肉市場内にある食堂「一休食堂」にも行ってきたので写真。
以前に行ったときは労働者の食堂といった感じでボリュームがあって美味いものの大味だった印象があったのが、改装されたのかお店もきれいになって、料理もちょっと洗練されてもつ煮が2種類に増えてたり地味にレベルアップしていた。

| | Comments (0)

June 21, 2022

池袋のやんばるに沖縄料理を食べに行く

Beer_20220620235601

Sukudofu

Awamori

Umibudou

Fuirichi

Sokisoba

大昔に新宿本店によく通っていた沖縄料理店やんばるが新しく池袋にも出来たと聞いてウン十年ぶりに行ってきた。
やんばると言えば新宿本店のイメージが強く安くてうまいがカウンターしかない狭くて小汚い(偏見)というイメージがあったのだが、新しく出来た池袋店はオープンしたばかりと言うこともあるが、2階がテーブル席の小綺麗なお店になっていた。それに加えて昼から行ったこともあってかつてのやんばるとは思えない落ち着いた雰囲気でゆっくり食事とお酒を楽しむことが出来た。しかも料理が美味くて安いのは以前のイメージのままなのがありがたい。

おかげで調子に乗ってレアな泡盛を2人で1本も開けてしまい翌日に大変なことになったのは内緒である。とは言えさすがに年の功でこれでもある程度セーブしたせいか、それとも泡盛が上等だったお陰なのか一日爆睡したら完全回復することが出来た。泡盛はもちろんのこと料理も実に美味かった筈なのだが、若干記憶が怪しい(そもそも最後に頼んだデザートの写真を取り忘れた)ので、またそのうちリベンジしたいと思っている。

| | Comments (0)

May 31, 2022

新宿のスンガリーでランチを食べて久しぶりに秋葉原に行く

Georgia_wine

Omelet

Xalcho

Shkmeruli

Russain_tea
ロシアンティー

Tirol_choco

Akiba

 タイトルだけで済むといえば済むが、少し前に久しぶりに秋葉原に行ってきた。
まずは新宿で待ち合わせたのだが、そこで寄ったヨドバシカメラ新宿西口本店でジョージアワインコーナーが出来ていた。もともとヨドバシのお酒コーナーの充実ぶりは素晴らしいのだが、これは時間があるときに開拓して色々買い込む必要がありそうだ。
最初に秋葉原にいく前に腹ごしらえにずっと気になってて一度は行ったものの満席で入れなかった新宿三丁目のスンガリーでランチ。時制柄少しは空いてるかと思ったら流石は人気店らしく相変わらず予約しないと入れない人気ぶりだった。そういえば前回もコロナの余波が残る中、ここだけはそれとは無縁の人気ぶりで入れなかったことを思い出した。
 そんなわけで今回はきちんと予約して行ったのだが流石は人気店だけあってほぼ満席の状態だった。肝心の料理だがロシア・ウクライナ・ジョージア料理の定番のコース料理からジョージア料理をチョイスする。以前ロシアに行ったときにたまたまホテルの近くにジョージア料理店があって通った事もあってジョージア料理はお気に入りの一つなのだ。
 肝心の味のほうだがさすが人気店だけあって素晴らしいの一言に尽きるのだが、想像以上のボリュームにもビックリした。もう若くないとはいえ大の男の自分でもちょっと多いかなと思うくらいなのだが、周りの普通の女性客もぺろりと平らげていて流石は美味しいだけの事はある。それにしてもこれは秋葉原で結構歩いて消化する必要がありそうだ。

 肝心の秋葉原だが例のごとくマニアックな店を中心に回ったので写真はない。とはいえ秋葉原もマニアックな店が減ってだいぶ普通の店が増えた気がする。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧