91 posts categorized "旅行・地域"

August 19, 2017

北海道(函館・苫小牧・札幌)旅行記(1日目)

 珍しくお盆休みがまるまる取れたので北海道に行ってきた。まだまだ行ったことのない県は多いものの、これで九州・四国を含めて北海道から沖縄まで一応行ったことになる。札幌は亡くなった父が昔仕事で住んでいた所なのでお盆と言うこともあってなんとなく行ってみたかったのだ。

(8/15)
Img_2990
休みは取れたものの直前まで仕事の予定がはっきりしなかったこともあり、行きは飛行機が高かったので開通したばかりの北海道新幹線で向かう。4時間は長いと思ったが乗ってみると飛行機よりもずっと広く、気が向けば立って歩ける事もあって想像以上に快適だった。ここで夏コミで買ってきたシン・虚構と防災などを読む。

Img_2993
電車の旅と言えばお約束の駅弁。最近の駅弁は加熱式になっていて中に発熱剤が入っていて紐を引くと温まるのが凄い。

Img_2995
とは言え発熱剤の分、中身は思ったよりも少なかった…

Img_2996
そして新幹線と言えば通称「スゴクカタイアイス」である。

Img_8198
新函館北斗駅から乗り換え函館に到着

Img_3011
夏で荷物が少ないのでチェックインせずにそのまま観光する。まずは五稜郭。(写真は五稜郭タワー)

Img_8200
五稜郭タワーより五稜郭を望む。

Img_3001

Img_3002
タワーの中には五稜郭の歴史が紹介されていたが、普通の展示の他に子供向け(?)ミニチュアモデルを使った展示があって解りやすい。

Img_8205
五稜郭タワーの中は意外に広い

Img_8206

Img_8207
タワーを出て五稜郭公園に2010年に復元された箱館奉行所を見学する。

Img_8209
箱館奉行所内も再現されてたが、襖や畳縁の装飾が不明なので無地のままだが、現物はもっと華やかだったのだろう。

Img_8213
函館山に向かう途中で見かけた建物

Img_3014
お約束の函館山に登る

Img_8217


函館山展望台からの眺め。噂通りの絶景だったが結構きれいに写真を撮るのが難しかった。あと函館山は観光客(特に中国人)が凄かった。コミケとまではいかないものの都心の通勤電車並みの混雑だった。それと風が強くて寒い。都心の格好だとまず死ぬ。

Img_8229

Img_8230

Img_8223

Img_8226
函館といったら海産物である。そんな訳で店の中と外に生簀があってイカやカニが動いているお店で夕食を取る。予想通り絶品だったが調子に乗って日本酒と料理を散々飲み食いしたお陰で1万円以上になってしまった。(飲み食いしすぎ)

Gopr0078
ようやく宿のカプセルホテルに帰投する。充実した長い一日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2017

赤坂 迎賓館と新宿御苑に行く

Img_8112

Img_8111

Img_8119

Glass_house

Img_8125

Img_2878

Img_2880

Img_2881

Dry_carry

 最後に寄ったのは新宿副都心センタービル内にあるカフェ・ハイチ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2016

ようやく種子島でロケットの打ち上げを見れた(3日目)

12/11
 種子島ロケット打ち上げ見学旅行も今日で最終日になる。ロケットの打ち上げは延期が付き物なので予備日として取っておいたこの日を使って鹿児島観光をすることにした。とは言え夕方の飛行機で羽田に発つので、回れる時間は限られている。そんな訳で鹿児島では桜島を中心に見ることにする。

Sakurajima_port
桜島に渡る桜島港に向かう途中の道から見た桜島。ここからでも既に絶景だ。

Sakurajimamaru
タイミング良く1日1便の寄り道クルーズ船があったのでそれに乗る。

Tokiwa
鹿児島港から桜島に行く途中に海自の補給艦が居た。ググったら「ときわ」らしい。

上陸して早速観光をしようと思ったが、意外に桜島は大きくて歩いて回ると遊歩道を登るちょっとした登山になるので(山だから当然だが)、一時間で桜島港から湯之平展望所を循環している循環バス「サクラジマ アイランドビュー」で回ることにする。これは一日8便運行していて一日乗り放題で1,200円なのがありがたい。当然だが凄い駆け足で回るので各停留所は5分から15分くらいしか止まらないのだが、今回は時間が無いのでかえってありがたい。

Akamizu
赤水展望広場の叫びの肖像。2004年8月21日に桜島で行われた長渕剛のオールナイトコンサートに合わせて作られたオブジェ。

Sakurajima2

Sakurajima3
桜島の火口に最も近い湯之平展望台から見た桜島。

写真は撮り忘れたが桜島のお墓は火山灰や噴石から守る為に屋根付なのが面白い。

Kumamoto_ramen
桜島の道の駅で熊本ラーメンを食べる。なんか国内旅行では各地のご当地ラーメンを食べるのが定番になりつつある。味は豚骨ベースで地元の黒豚を使ったチャーシューが入ってこってりした印象だが、思ったよりもマイルドで食べやすい。

鹿児島港に戻るとだいぶ時間が押していて危なかったので、鹿児島空港行きリムジンバス乗り場までタクシーを拾ったが、乗ったタクシーの運転手が気風の良いおばちゃんで面白かった。何故か宝くじ必勝法の話題で盛り上がる。

Tenmonkann
鹿児島の路面電車

Kumamoto_airport

 幸運にも一回で延期も無く打ち上げを見れて、これで一生のうちで見ておきたい物が一つクリア出来、始めてのロケット打ち上げと鹿児島観光を終えて帰ってきた。以前、仕事が途切れたと書いたが幸か不幸か旅行中に連絡が入り再び仕事が入って月曜からまた忙しい日々が始まる。正直に言えばあと1日休みたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2016

ようやく種子島でロケットの打ち上げを見れた(2日目)

12/10
 2日目の朝は宿の朝食が8時だったので、いつも通り7時には起床する。朝が早いのもまるで田舎に帰省しているみたいだ。なんでも宿の方は普通は畑で作物を作っているそうなので、朝が早いのも当然かもしれない。お陰で宿の食事も自家製野菜や果物がふんだんに使われていて実に美味しいのだ。この日の朝食は典型的な日本の朝の食事で魚、具だくさんのお味噌汁、サラダ、卵、納豆と言った献立に、デザートにヨーグルトに自家製マンゴーの手作りジャムまで付いてきて大満足だった。いつも食事は隣室の夫妻と食堂で取っていたのだが、話を伺うと二人は特に宇宙ファンと言う訳ではなく小惑星探査機はやぶさがきっかけでロケットの打ち上げに興味を持ったという。こんなところでもはやぶさ効果を実感する。
 それにしても今回の宿は実に快適だった。のんびりとした島の雰囲気と島の人から直接種子島のロケットの話が聞けるのは面白い。またごく普通の人でも今回の打ち上げの前にロシアの宇宙ステーション補給機プログレスの打ち上げが失敗しているのを知っているあたり、さすがはロケットの島だけの事はある。
 宿や島の面白い話もいくらでもあるが、そろそろ本題のロケット打ち上げの話に戻ろう。この日は午前中に宿をチェックアウトして夕方の高速船トッピーが出るまで、島の南端にある種子島宇宙センターを観光する。打ち上げの翌日なので施設内の多くは立入禁止だと思っていて油断していたのだが、何でもこの日も予約すれば宇宙センター内部を案内してくれる見学ツアーが行われていたらしい。残念ながら自分が気がついた時には予約が一杯で参加することが出来なかったのだが、今度来ることが出来れば是非とも参加したいと思っている。
 そんな訳で今回はツアーに参加しないと見れない管制センターなどは見ることが出来なかったので、だれでも見学できる宇宙科学技術館やH2ロケット実物大模型、小型観測ロケットを打ち上げる竹崎射場、そしてJAXAやマスコミがロケット打ち上げを報道する時に使われる関係者限定のロケット打ち上げ見学ポイントである竹崎展望台を回ってきた。ロシアやアメリカとは比較にならないとは言え、さすがは巨大なロケットを現実に運用している施設だけあって敷地内は広大で車が無いととても見て回れない。今回はレンタカーを借りて本当に正解だった。

Czr8s2nukaaruxyjpgsmall

Spece_center1

Spece_center2

Spece_center3

Spece_center4
残念ながら今回、宇宙科学技術館は工事中で展示内容の半分しか見ることが出来なかった。

Spece_center5

Spece_center6


JAXA関係者やマスコミ向けの公式ロケット打ち上げ見学ポイントである竹崎展望台

 種子島宇宙センターは世界で最も美しいロケット発射施設だと言われている。最初さすがにそれは自画自賛だろうと思っていたのだが、実際に中を歩き回ってみると本当に種子島宇宙センターは綺麗なところだった。近代的な施設が手付かずのビーチの周囲に点在しているのだ。あまりに見事な砂浜なので、砂浜には「ここでの遊泳は禁止します」と言う立て札が立っていた。因みにここ以外の種子島の砂浜も綺麗な所は一杯あって夏にはマリンスポーツ目当てに多くの観光客が来るそうだ。一度、夏にロケット打ち上げとは別に観光に来るのも良さそうである。

Takesaki1

Takesaki2

Takesaki3
小型ロケット打ち上げ施設の竹崎発射台。ここからは微小重力観測用の小型ロケット(宇宙までは行かない)の打ち上げが行われていた。こんな小さなロケットでも、万が一の事故に備えてロケット管制施設はトーチカのような窓のないコンクリートの建物になっている。

Czsobywviaai6l8jpgsmall

 平日なら種子島宇宙センターの食堂が一般開放されているのだが、今回は打ち上げの翌日の土曜日だったせいもあって、またも昼食難民になってしまったので宇宙科学技術館1階のお土産コーナーでこんなものを買って水分を補給した。心なしか美味い気がする。なんでも昨日打ち上げられた国際宇宙ステーションに物資を運ぶこうのとり補給船に積まれたのと同じ水源から汲んだ水だそうだ。

 夕方に予約していた高速船トッピーの時間に間に合うように余裕を持って車で島の北側にある種子島港に戻ってトッピーを待つ間にパンとおにぎりを買って遅い夕食を取る。それにしても島の売店も売り子というよりは島のおばちゃんや娘さんがやっている感じが良い。あと大阪のおばちゃんじゃないけど何か買うとついでに飴をくれるのも良かった。

Toppy2

 名残惜しいがトッピーで種子島より鹿児島に移動する。

Capcel

 鹿児島港に付いたら日が短いせいもあってすっかり日が暮れていたので、そのまま予約しておいた鹿児島最大の繁華街・天文館通りの側にあるカプセルホテルに帰投する。因みにこの名前の由来は気になって後で調べた所、ヨーロッパ文明を進んで取り入れた島津重豪公が1779年に天文観測や暦の作成などを行う施設「明時館(別名天文館)」に因んだものだそうだ。

Satuma_res

 せっかく鹿児島に移動したので早速、薩摩料理を食べる。種子島の時もそうだったが旅行すると地方では意外に食事できる所が少なかったり、営業時間が短かったりして結構食事難民になることが多いのだが、ここ鹿児島では地元最大の繁華街の天文館近くに宿を取ったこともあり無事に夕食にありつけた。入ったのは現地では結構有名な薩摩郷土料理の吾愛人と言うお店。ここはお一人様歓迎と案内も出ていただけあって、一人向けのセットメニューも色々とあってありがたい。

Satuma_food1
薩摩料理は始めてだが実に美味しそうだ。

Satuma_food2

Satuma_food3

Satuma_food4
鹿児島名物の六白黒豚の一人しゃぶしゃぶを注文した。

Satuma_food5
締めは薩摩汁。見た目よりあっさりしててダシが凄く出てて美味い。なんでも島津藩主時代に行われていた闘鶏で負けた鶏を絞めて汁にしたのが始まりだそうだ。

当然、鹿児島らしくお酒はもっぱら焼酎が中心だったので調子にのって色々焼酎を試したせいでこのあと二日酔いに悩まされるのだが、それは当日は知る由もなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく種子島でロケットの打ち上げを見れた(1日目)

 ようやく種子島宇宙センターからのH2-Bロケット打ち上げを生で見ることが出来た。今回打ち上げるのは宇宙ステーション補給機(HTV)通称「こうのとり」の6号機で、打ち上げ時刻は2016年12月9日
22時26分47秒、これを現在日本の最大の打ち上げ能力を持つH2-Bによって打ち上げるのだ。ロケットの打ち上げは結構見に行く人は多いとは言え、当然集客イベントでも何でもないので打ち上げの時刻は打ち上げる物の事情によって決定されるし、天気などの問題があれば容赦なく延期される。そんな訳で「えっ、この時間にこんな所に行かなくちゃいけないの」と言った事態も当然あり得るし、一応ツアーがあるとは言え融通が利かない分、あと一日待てば打ち上げが見れたのに帰らなくちゃいけないと言った事態にもなりかねない。そんな訳で多くの人は自分で飛行機や宿を手配して来る人が多い。詳しくはやや古い記事だがこちらや同人誌なので入手するのは難しいものの完璧なガイドブックである「宇宙(そら)へ! 第3版 宇宙開発見学総合ガイドブック」が参考になる。
 そんな訳で自分も今回これらの資料を参考に自分で飛行機や船・宿などを手配した。

12/08
Capcel_hotel
 今回の打ち上げは金曜日の夜なので勤め人にも行きやすい日程とは言え、余裕を見て種子島に入るには9日の早朝便の飛行機に乗る必要がある。以前、ロンドンに行った時に羽田発の早朝便を使ったことがあるのだがさすがにきつかったので、今回は前日の夜に羽田空港側のカプセルホテルに前泊することにした。既に旅行気分でカプセルホテルについているサウナや大浴場を満喫したのは言うまでもない。

12/09
Airport

Boing737
打ち上げ当日の朝、羽田空港より鹿児島空港に向けて出発する。

Toppy1


種子島は思ったよりも鹿児島から遠い、今回初めて高速船トッピーに乗るが、さすがジェットフォイル(水中翼船)だけあって座席は指定席でシートベルト着用でまるで飛行機に乗っている感じだった。エンジンもガスタービンのようでエンジン音が更に飛行機に乗ってる感を高める。

Tanagashima1
種子島に到着。思ったよりも遠かった。

Kei_car
離島の常だが種子島でも公共交通機関はあてにならないので、今回はレンタカーを借りて移動した。ロケット用のインフラ整備のお陰で道路の道幅は広く、離島らしく車は殆ど無くのんびりしているので運転はペーパードライバー歴が長かった自分でも快適だった。

Musa1
昼食難民になったり、レンタカーで宿に向かったら若干道に迷ったりしたが、なんとか種子島の宿に到着した。

Musa2
種子島で今泊まってる民宿、物凄く田舎の普通の家に泊めてもらってる感がある(結構気に入ってる)。

 それにしても種子島はまるで田舎に里帰りしたような居心地の良さだった。泊まってる民宿でお茶に呼ばれたり、宿の人の好意で一般には入れない島の人用の見学ポイントに案内してもらったり、食事も田舎に帰省した時のようにすごいボリュームでしかも島だけあって海産物が凄く美味しいのだ。お陰で打ち上げの方も最も射点に近い絵美の湯公園から見ることが出来たのだった。

Czpbuaxusaacijmjpgsmall
ロケットの打ち上げが見える広場は屋台も出てちょっとしたお祭り気分だった。他の方の報告によれば他の場所でもお祭りの出店みたいに屋台などが出ていたらしい。

Obinoyu1
打ち上げを待つ人達。場所によっては数時間前からシートで場所取りをしてる人もいるあたりまるで花見や花火大会のようである。

Eminoyu2
TVなどの動画では大きく見えるロケットも実際の見学場所から見ると、最も近い絵美の湯からでも実際にはこのくらいの大きさにしか見えない。とは言え安全の為にロケットの周囲3km以内は立入禁止なのだから仕方がない。


今回、打ち上げは生で体感するのを目的にしたのと、ロケットの撮影は非常に難しいので動画や写真は撮っていない。そんな訳で共同通信社からの動画を代わりに載せておく。

ロケットの打ち上げを撮るのは難しく、ましてその雰囲気を捉えることは至難の業だ。だからこそ生でロケットの打ち上げを見る価値があるのだが、さすがはプロカメラマンだけあってこの写真は打ち上げ時の雰囲気をとても良く捉えていると思う。まるでその瞬間、昼間のように明るくなり種子島中が照らされるのだ。そしてそれから数秒経ってからロケットの轟音が伝わってくるのがとても不思議な感じだった。  打ち上げは夜の22時26分だったので、無事打ち上げが終わるとそのまま宿に戻ってその日は就寝する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2016

種子島に行く

 明日12月9日に長年の念願の一つだった種子島にロケットの打ち上げを見に行く。思えば何度かトライしたもののその都度仕事が入ったり、船の予約が取れなかったりして行けなかったのだ。
今回、幸か不幸か仕事にぽっかり穴が空いてしまったのでやっと行くことが出来るのだが、そのための準備が想像以上に面倒くさかった。何より大変だったのは、ロケット打ち上げは別に観光イベントでは無いので「こんな時間にこんな場所まで行かないといけない」と言う状況で宿や足がそれに合わせて特別に準備される事が無いことと、その割に見に行きたい人が多いので油断しているとコンサートチケット並みの倍率で宿や交通機関の切符が埋まっていくことである。何でも慣れた人曰く「(打ち上げアナウンスが出た直後の)3ヶ月前が勝負だよね」という事なので、離島という事もあって宿や交通機関のパイも限られてる中で先手先手で予定を立てていかなければならないのだが、本当に休めるのか仕事のスケジュールも不安なら、そもそも打ち上げ自体が天候やトラブルで延期もあり得ると言うギャンブル性があるのである。
 そんな訳で自分の中では下手な外国よりも行くのが大変な感じだったのだが、それもようやく終わりあとは現地に向かうだけである。まだ最後の最後まで天候や無事に打ち上げられるかは判らないが、これまでのJAXAの実績と天候を信じたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2016

鴻巣花火大会

Ekiben

Img_2606

Img_2610

Img_2612

L1002442

L1002469

今回、始めて鴻巣花火大会に行ってきた。
行ってみて知ったのだが、こんなにも大規模で多くの人が集まる有名な花火大会だとは思わなかった。花火大会自体十数年ぶりなのだが、改めていってみるとやはり生で見るのは迫力が段違いだ。
会場は思った以上に冷えるのと花火やアナウンスの音が想像以上で意外に体力を消耗するので、始めて行く人は十分準備して行ってほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2016

徳島・鳴門旅行記(三日目)

8/19
Img_7880
いよいよ徳島も最終日、ホテルをチェックアウトして鳴門観光に向かう。まずはこれに乗る

Img_7881

Img_7883
船を待つ間、すこしうろうろする

Img_7884
これに乗って鳴門の渦潮の側まで行く

Img_7889

Img_7891

Img_7904
鳴門大橋観光中に気付いたが真夏と言うせいなのかもしれないが、多くの人が1km程の距離でも誰も歩かずに30分や1時間後のバスを待つのが不思議だった。自分は一人で次の目的地の鳴門公園に徒歩で向かう。

Img_2524

Img_7905
毎回、観光地では食事難民になりかけるので早めの昼食。鳴門公園のうず乃家

Img_2527
この坂の下に鳴門の突端の孫崎展望台があるらしいが、人気が全くないのでやめておく

Img_2529
鳴門大橋の下を歩けると言う海の道にいく

Img_7910


床にはところどころ窓があって迫力満点。鳴門の渦潮を真上から見ることが出来るが
、安全とは分かってても思わず屁っ放り腰で歩いてしまう。

Img_7911


末端はやはり行き止まりだった。360パノラマ。


自分がさっきまで乗ってた観光船わんだーなるとを上から見るのは不思議な感じがする。

Img_7914

Img_2542
皆は気付かずに上を歩いているが、この床撤去すると下は海なんじゃないか。

Img_2546
大鳴門大橋記念館エディ

 徳島は大塚グループの拠点だけあって、ほとんどの自動販売機でポカリスエットが売られていた。

Img_2549_pano
徳島公園のお茶園展望台のパノラマ

Img_7916

Img_7918

Img_7919

Img_7920
鳴門駅から徳島駅に向かう


鳴門線の列車。電化されていないのが風情がある。

Img_7921
徳島でググると徳島ラーメンが選択候補に出るので帰る前に有名店らしい麺王で食べてみた。

徳島ラーメンを食べてみた感想だが、濃厚なコッテリした甘辛味で確かに美味いのだが「徳島ではラーメンはおかず」と言うだけあってこれだけだとご飯無しで濃いめのおかずを食べてる気がしてくる。やはり現地推奨のこれに半ライスを付けて食べた方が美味そうだ。

Img_2555

最終便の東京行きJAL464便で帰ってきた。写真は出発前の徳島空港。結局、空港ではバタバタしてろくにお土産を買う暇も無かったのが残念である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2016

徳島・鳴門旅行記(ニ日目)

8/18
Img_7851

 2日目は今回の目玉の大塚国際美術館に向かう。事前に調べた情報やエルミタージュ美術館や大英博物館に行った経験から、きちんと見て回ると丸一日はかかりそうなので開館9:30には遅れたものの、10時過ぎには現地に入るべく路線バスで向かう。鳴門に移動しておいたお陰で15分程で現地に到着。

Img_7852

Img_7859

美術館は広大でエルミタージュ美術館や大英博物館を連想する。これで内装も豪華だったらこれら世界の大美術館匹敵するのだが、残念ながら内装は質実剛健でいかにも竹中工務店らしい感じだった。

Img_2456
中ではこんなイベントも

Img_2458
これは面白いアイデア。陶器に描かれた絵柄を見せるために開きのようにして複製している(しかもちゃんと陶器製)


古代美術のコーナーの360度パノラマ

Img_2466
「キリストと十二使徒の祭壇前飾り」12世紀前半のスペインでこんな今の漫画風の描写なのが面白い

Img_7863
中庭も広大

Img_7864
今日は一日中かけて見るつもりなのでランチ。モネの睡蓮をテーマにしたと言うメニューを選んでみた。

Img_7873
ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の天井画

Img_2484
1963年のサロンで風俗を乱すと批判落選したマネの「草上の昼食」と絶賛されたカバネルの「ヴィーナスの誕生」を近くに並べて当時のフランス美術界の体質を浮き彫りにしてる展示方法が気が利いている。

Img_7865

Img_7867

モネの睡蓮のモチーフとなった水辺を再現した庭と本来は昼間の屋外で見られるのをイメージした睡蓮を並べた展示が洒落ている

Img_2486
19世紀末のモッサ・ギュスターヴと言う画家で知らなかったが、今でもイラストレーターで活躍してそうな絵柄とテーマなのが興味深い。

Img_7870
ピカソのゲルニカ

10時過ぎに入って閉館時間の17:00までかけて何とか見終わることが出来た。それでも後半駆け足気味だったがすごいボリュームだ。美術(特に西洋絵画)に関心がある人は一度は足を運ぶ価値がある。特に学生にお勧めしたい。

鳴門駅に戻ったらあわや夕食難民になるとこだったので、ググりまくったら何故かホテルの側に本格的ドイツ料理(ビール)店g'suffa Prostを見つけたのでそこで夕食をとる。

Img_7874

Img_7875

Img_7876

Img_7877
ゲーテも愛飲したと言う世界最古の黒ビール、ケストリッシュー・シュバルツ

Img_7878

Img_7879
デザートはクリームビュレ

鳴門で飛び込んだg'suffa Prost、なんか想像以上にビールが充実していて予想以上に良い店だった。
(三日目に続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

徳島・鳴門旅行記(一日目)

 お盆休みを利用して大塚国際美術館を目当てに徳島に行ってきた。詳しくはLink先を見て欲しいが、ここはレプリカとは言え1000点もの世界中の有名な西洋絵画を原寸大で複製したものを展示していると言うのが売りで最先端の技術で陶器製に複製していると言う特徴を活かして目前で見ることも触ることも出来るのだ。

8/17
Img_2407
羽田空港より出発、今回は格安航空券を当たったところJALになった

Img_2410
徳島空港で食べた徳島バーガー。何でも全国ランキング(何の?)8位だそうだ

Img_2412
空港からリムジンバスで徳島駅に向かう

Img_2414
何処に行ってもポケストップやジムは人が集まってるので一目でわかる。(徳島あわぎんホール前)

Img_7825
まずは観光名所の一つ眉山に

Img_2417
これは…

Img_7830


山頂までロープウェイで向かう

Img_7829

Img_2423
眉山展望台からの風景。可視光線とサーマルビジョン画像。こうして見ると都市が巨大な熱源なのがわかる。

Img_2428
徳島市内にTV・ラジオ放送などを送信している眉山送信所が目前に見える

Img_2431
阿波踊り会館前の休憩所

Img_7835
遊覧船で新町川のひょうたん島を回るツアーがあったので乗って見る


橋の下をくぐる


期待してた以上に楽しい

Img_7837

 こうして昼の観光が終わり夕食を食べようと昼に覗いたお店に行ったら、多分入れると言われていたのに満席、こんなことなら予約しておけばよかったが後の祭り。そして行く先々も満席だったり休みだったりして危うく夕食難民になるところだったが、安兵衛と言う典型的な大衆居酒屋を見つけて入ってみたら当たりだった。安くて美味くて居心地良しと言うレビューを後で見つけたが、まさにそんな感じのお店なのだ。

Img_2446

Img_7845
さすが瀬戸内海が目前なだけあって魚が美味しい

Img_7846
鯨の旨辛煮。見た目は真っ黒だが美味い。

Img_7847

Img_7848
関東地方ではあまり食べられないうつぼがあったので食べてみた。ウツボの唐揚げは初めて食べが、物凄く旨味と脂身が乗っているのにサッパリしていると言う素晴らしい料理だった。

もちろん地酒も飲みまくったが写真を撮り忘れた。

Img_7850
帰りは鳴門まで電車で移動しホテルに帰投。写真は翌朝撮ったもの。

地方に旅行して驚くのは主要な都市間を結ぶ電車の本数の少なさと車両の短さだ。広島-呉間も徳島-鳴門間も東京-川崎や東京-横浜の感覚とつい比べてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧