149 posts categorized "ロシア"

October 07, 2017

三才ブックスより出版された「旧ソ連遺産」の解説を手伝いました

Soviet_legacys
L_f171006_ussr_6
 以前三才ブックスから出版された「バイコヌール宇宙基地の廃墟」と言うバイコヌール宇宙基地に廃棄されていた旧ソ連のシャトル「ブラン」の写真集を少しだけお手伝いした縁で、今回「旧ソ連遺産」と言う建造途中で廃棄された原子力関連施設やロケットエンジン工場などの写真集の解説を行いました。2011年末、ロシア・エネゴマシュのロケットエンジン工場に女の子が潜入し、撮りまくった写真をネットにアップした事件を覚えている人も居ると思いますが、その彼女の写真集になります。
 自分は主にロケット工場とモスクワ郊外のクビンカ周辺の軍事施設に廃棄された車両やミサイルの解説を行いました。建造途中で廃棄された原子力関連施設、原子炉保護容器、核兵器貯蔵庫、ロケットエンジン工場、軍のバックヤードに遺棄された軍用車両やミサイルなどその手のものが好きな人には必見の内容なので宜しければご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2017

ロシアのインターネット監視システムSORM

 少なくとも一般に目につくところでは誰も訳してないようなので、WikiLeaksに掲載されたロシアのインターネット監視システムに関する資料をざっと訳して解説してみたい。

 まず概略としてロシアのインターネット監視システムとはどういうものか最初に説明しておくと、ロシアでは近年インターネットを中心としたサイバー空間を安全保障に関わる重要な領域と捉えて、単なるセキュリティに留まらないグローバルな情報戦の戦場として認識している。そのためロシアのインターネットに関する統制や干渉は単なるセキュリティだけでなく、プロパガンダや情報統制さらに外国勢力やテロリストを対象にした攻撃的なネットワーク上の破壊活動も含まれている。
 こうした認識の元でサイバー空間の統制は当然ながら一般的なハッキング行為やサイバー空間を舞台にした一般的な犯罪行為だけでなく、鋭い政権批判やデモなどのよびかけも監視対象になっている。サイバー空間の監視活動を主に担当しているのはFSBと内務省のサイバー犯罪担当部署であるK局で、実際にインターネットを監視している手段としては機動捜査活動用技術手段システム(SORM:露語СОРМ)が使われている。SORMについて規定している2000年7月25日通信省令130号によればSORMは電話・移動体通信・無線通信及び電波通信を監視するシステムであり、通信事業者はFSBの指導に従ってSORM用機器を自社の通信システムに取り付けなければならないと規定されている。

SORMについて

SORMはロシアの監視のための技術基盤である。 1995年に最初のSORM-1(電話と携帯電話の通信を捕捉)が構築され、続いてSORM-2(インターネットトラフィックの遮断、1999年より)から現在のSORM-3に進化した。 SORMは現在あらゆる形式のコミュニケーション機器からの情報を収集し、録音や場所を含む加入者に関するすべての情報とデータの長期保存を提供している。 2014年にはソーシャルメディアプラットフォームを含むようにシステムが拡張され、通信省は企業にDeep Packet Inspection(DPI)機能を備えた新しい機器をインストールするよう指示した。 2016年にSORM-3はロシアのすべてのインターネットサービスプロバイダに適用される法律が設定された。 欧州人権裁判所は2015年に人権に関する欧州条約にロシアのSORMに関する法律が違反していると言う判断を下している。
 2000年1月5日にウラジミールプーチン大統領はSORMを介して集められたデータにアクセスする他の7つの連邦治安機関( FSBの隣)に法律を改正する法律を改正した。 新しく付与された機関には以下が含まれる

 •ロシアの税金警察
 •ロシア警察
 •連邦防護サービス
 •ロシア国境軍
 •総務省
 •大統領連隊
 •大統領のセキュリティサービス
 •議会のセキュリティサービス

SORMのシステム

 2017年9月にWikileaksのサイトにロシアの大手通信事業者む向けのOSS/BSSシステム開発企業である、Peter-Service(露:Петер-Сервис)から流れたインターネットプロバイダーやモバイル事業者の加入者を監視する為のソフトウェア開発やそのためのハードウェアの販売に関する同社のウェブサイト内の情報が掲載された。これによると同社の提供するハードウェアやソフトウェアパッケージは加入者の通話記録や使用している基地局のデーターを収集するもので(注1)、ネットワーク監視システムSORMの枠組みに従って開発されたものであった。

注1:具体的には通話やメッセージ記録、IMEI・MACアドレス、IPアドレス、基地局情報

次にその詳細について解説する

システム概要
Img2

PETER-SERVICEが(SORMの仕様に従って)提供する監視ソフトウェアパッケージとハードウェアの概要は以下のようになっている。
基本的なアーキテクチャはデーター保持システム(DRS)(英文資料Link)、SORMコール監視機能( ServiceСП-ПУ)、IPトラフィック分析(TDM)及び、それらのデーターアーカイブにロシア連邦政府機関がアクセスするためのインターフェイスから成り立っている。

IPトラフィック分析(TDM)
Traffic Data Martは登録されている全てのモバイルデバイスのIPトラフィックを記録・監視する為のシステムで、監視する対象がアクセスした全てのドメイン名のリストやキーワードを分類して記録する。これらのカテゴリリストにはブラックリストに載っているサイト、犯罪サイト、ブログ、ウェブメール、武器、ボットネット、麻薬、賭博、侵略、人種差別、テロリズムなどがある。収集された情報に基づいてシステムは指定された時間範囲で自動的にレポートを作成する機能を持っている。レポートでは対象のアクセス方法(ブラウジング、メール、テレフォニー、ビットトレント)とアクセスにかけた時間とやり取りしたトラフィック量も記録される。

データー保持システム(DRS)
データー保持システムはロシア信省令によって事業者に接続が義務付けられている必須のコンポーネントで、全ての通信データを3年間ローカルで保存する。ロシアの情報機関はこのシステムに格納された情報にアクセスするためにDRSに組み込まれたプロトコル538アダプタを使用する(露語資料Link)。PETER-SERVICEの資料にによればこのDRSシステムは1つのクラスタで一日に5億件の接続を処理することが出来る能力を持っている。事業者のデータベースを検索する一日あたりの平均検索時間は10秒程度である。(訳注:だから事業者に接続負荷がかからないと言う意味か?)。

SORMコール監視機能
SORMコール監視機能は、ネットワークオペレータに接続されているサービス制御ポイント(SCP)に集中している。 ServiceСП-ПУは、Peter-Serviceが提供する監視ソフトウェア"SVC_BASE/DRS"とロシア連邦ネットワーク監視システム"SORM"のコンポーネント間のHTTPSに基づくデータ交換インターフェイスである。ServiceСП-ПУは情報機関からの検索要求を受け取り、その結果をイニシエータに返却する。検索要求は裁判所命令に従った合法的な内容である。これらの要求は同システム内のオペレータによって処理される。

※まだ途中です。いつか追記する予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2017

【告知】夏コミで宇宙の傑作機「ソビエト・ロシアの偵察衛星」を出します

Dgqkyemuiaemgji
*告知・紹介で使用する限り上記の画像は自由に使って構いません

 同人誌ながら商業誌レベルの内容と執筆陣の本を出している風虎通信より、今回も本を出させて戴けることになった。
 今回は知られざるソビエト・ロシアの光学偵察衛星について黎明期のゼニットから現用のモルニアまでの開発・構造・運用について解説した内容になる。冒頭には偵察衛星とはなにかといった概論も載せたので気楽に手にとって欲しい。

*本はコミックマーケット92の2日目、8月12日(土)に風虎通信(東ペ-60b)で頒布いたします。会場に行かれる方で興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。なお時期と部数は不明ですが神保町のくだん書房に少数入荷するので、もし会場に行けなくて興味のある方はそちらに当たって頂くと入手できるかも知れません。

2017/8/13追記:本書中に以下の間違いがありました。現在確認している訂正個所は以下の通りです。
・P99:貼られているソビエト・ロシアの偵察衛星運用期間にZenit-6TMが抜けていました。正しい表は以下の通りです。
Reconnaissance_satellites


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2017

再び「男は家を出ていった」について

だいぶ前にロシアの詩人ダニエル・ハルムスの詩「男は家を出ていった」について書いた
その時には元のロシア語の文を見つけられなくて記載する事が出来なかったのと、以前にTwitterで外国語で何か喋って欲しいと言われた時には詩を詠唱してあげれば良いと言う話が気に入ったのと、勉強を兼ねていつかロシア語の詩を暗誦したいと思っていたので自分が一番気に入っているこのハルムスの詩を暗誦したいと思っている。
その教科書と言うわけでは無いが再びダニエル・ハルムスの「男は家を出ていった」の全文と日本語訳、そしてロシア語の朗読を貼っておこう。それにしても今回、この詩の朗読を探して気づいたのはさすがはロシアでは学校の勉強で詩の暗誦をさせる国だけあって、有名なロシアの詩は軒並み朗読している映像が見つかることだ。もしロシア語で気に入っている詩があれば探してみたらきっと見つかると思う。

男は家を出て行った

Из дома вышел человек С дубинкой и мешком И в дальний путь,
И в дальний путь Отправился пешком.
Он шел все прямо и вперед И все вперед глядел. Не спал, не пил,
Не пил, не спал,
Не спал, не пил, не ел.
И вот однажды на заре Вошел он в темный лес. И с той поры,
И с той поры,
И с той поры исчез.
Но если как-нибудь его Случится встретить вам, Тогда скорей, Тогда скорей,
Скорей скажите нам. (1937 年)

男は家を出ていった
棍棒片手に 袋をもって
遠い旅路へ
遠い旅路へ
歩いて出かけていった

ずっとまっすぐ進んでいった
ずっと前を向いていた
眠らず 飲まず
飲まず 眠らず
眠らず 飲まず 食べもしないで

そしてある日 明け方に
暗い森へ入っていった
その時以来
その時以来
以来 姿を消してしまった

でももしあなたが
男をたまたまみかけたら
そのときはすぐに
そのときはすぐに
すぐに わたしたちに教えてほしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2017

ロシアの宇宙食2

Spacefood1

Spacefood2

 だいぶ前にロシア宇宙施設を見学する機会があって、その際にロシアの宇宙食を買ってきた事があるが、その時は宇宙施設や専門の博物館でしか買えないもので、しかもえらく高くてとても気楽にお土産に出来るものではなかった。昔はそもそもお土産に売っている事など無かったのが、ソ連が崩壊してロシアになってそこそこ商売っ気が出てきたとは言え、まだまだ宇宙関係では商売ベタだと感じたのを覚えている。
それが最近のニュースではようやくロシアでも宇宙食がお土産用に普通に空港やモスクワ周辺の人が集まる施設で売られるようになったらしい。気になったので丁度ロシアに行く方がいたのでお願いして買ってきてもらったのがこのチューブ入りのボルシチである。ちなみにこの他にラッソーリニク(きゅうりのピクルスが入った酸味のあるスープ)やトヴァローク(ロシアでよく食べられるカッテージチーズのようなもの)などもあるらしい。値段はすべて300ルーブルでレートによっても異なるが日本円でだいたい600円から900円くらいだろうか。
気になる味のほうだが見た目は滅菌処理のせいかボルシチの赤みも飛んでいるうえに、チューブ入りにしたせいで大きな肉や野菜もペースト状になってしまっていてイマイチなものの、味は意外に悪くない。これだけで食べるのを想定しているのか意外と薄味なものの風味や香りはチューブ入りとは思えないほどしっかりしている。まあこれをちゃんとした食事のつもりで買うとしたら割高なのは否めないがちょっと宇宙に興味がある人へのお土産用には結構お勧めだと思う。
ちなみに補足すると、実は今の宇宙食はロシアに限らずどの国も宇宙飛行士の士気を高める目的もあって、実はちゃんとしたプレートに盛り付けられる普通の食事に近い形態になっていてチューブで食べるのはもう何十年も前の話なのだが、製造元曰く宇宙食というといまだにチューブ入りのイメージが強いのであえてこんな形式で販売しているそうだ。

参考Link:モスクワの自販機で買った宇宙食を食べた!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2016

ロシア語のロケット・宇宙開発略称2

ロシアの宇宙開発関係のページを見ていたら宇宙開発関係の略称のまとめがあったので忘備録代わりに貼っておく。以前、自分でまとめたページと重複しているものも多いと思うが、いずれ整頓してちゃんと訳してまとめたい。

АПО - система аварийного подрыва объекта;
緊急自爆装置
ББР - блок барометрических реле;
(圧力変動調整用)圧力タンク
БКС - бортовая кабельная сеть;
電力ネットワークケーブル
ГЖТ - газожидкостный теплообменник;
液体ガス熱交換器
ДУ - двигательная установка;推進システム
ЖРД - жидкостный реактивный двигатель;液体燃料ロケット
ИСЗ - искусственный спутник Земли;人工衛星
КА - космический аппарат;宇宙機(宇宙探査機を指す事が多い)
КК - космический корабль;宇宙船
КДУ - корректирующая двигательная установка;姿勢制御エンジン
КПЛ - крышка парашютного люка;パラシュートの蓋
КС - камера сгорания;燃焼室
ЛКИ - летно-конструкторские испытания;
ОКБ - опытно-конструкторское бюро;
ОР - ориентатор;
ПО - приборный отсек;
ПТДУ - пороховая тормозная двигательная установка;
РН - ракета-носитель;
РРГ - регулятор расхода газа;
РРЖ - регулятор расхода жидкости;
СА - спускаемый аппарат;
СИО - система исполнительных органов;
СО - система ориентации;
ССО - солнечно-синхронная орбита;
СТР - система терморегулирования;
СУ - система управления;
ТДУ - тормозная двигательная установка;
ТЗП - теплозащитное покрытие;
ТИМ - теплоизоляционный материал;
ТНА - турбонасосный агрегат;
ЭВТИ - экранно-вакуумная теплоизоляция.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2016

【報告】夏コミで宇宙の傑作機別冊「ソビエト・ロシアの固体燃料式ICBM」を出しました

Cpmfgb9viaavnimjpglarge

 今年も同人誌ながら商業誌レベルの内容と執筆陣の本を出している風虎通信より、再び本を出させて戴けることになったので、「ソビエト・ロシアの固体燃料式ICBM RT-1からTopol-Mまで」を頒布致しました。ソ連、ロシアにおける固体燃料ロケット開発史と構造、核戦略システムを包括した盛りだくさんの内容になります。
 実はTwitterでちゃんと宣伝したものの、Twitterでは検索エンジンに引っかからないのか、後で探すと全くHitしなかったので忘備録として記載します。そんな訳で既に入手困難ですがもし再販等で入手可能になったら再度告知する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2016

指小型の話

 ロシア語では日本語ほど男女の言葉の違いは無いものの、動詞が主語の性の影響で変化すると言う性質のお陰で明確に話し手が男性か女性か判るようになっている。また指小形と言う愛称や小さいものを指し示す形があり、一部の語は単に小さいものを指し示すものの、例えばсобачка(子犬)などは日本語で言えばワンちゃんと言うニュアンスがあるので、日本語同様に女性が使うことが多い。
よく外国語を学習する一番良い方法は外国人の彼女を作るのが一番良いと言う話があるが、そんな訳でロシア語で異性から言葉を学ぶと主語のの格変化の違いや指小型の使い方から女ことば(or男言葉)になってしまうという罠があるのだ。
名前は出さないものの、結構有名人のロシア関係者でもこの罠に嵌っている人がたまにいるので外国語を学ぶときは注意する必要があるだろう。
実はこうした罠はロシア語に限らない。米軍基地のマッチョな米兵がガールフレンドから日本語を学んだせいで、妙にオネエ言葉の日本語を話すという話はよく聞くし、日本語ですら日ごろ使わないジャンルの言葉が彼女(彼氏)の影響で女性化・男性化していると言う事は意外に多いのである。
かく言う自分ですら、小さい子供や動物の呼称は以前付き合っていた娘の影響で「ちっこいの」「わんこ」と言う癖がついている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2015

宇宙で使うロシア語の覚書

この前、ロシアNOWに「ロシア語を学ぶ宇宙飛行士」と言う記事で、宇宙飛行士が学ぶロシア語が幾つか紹介されていたのでその覚書。

先ずは宇宙旅行者も学ぶ簡単な単語から。
「オン」(включить - vkluchit')
「オフ」(выключить - vykluchit')
「押す」(нажать - najat')

続いてちょっと複雑な言い回し
「気密性を確認する」(проверить герметичность - proverit' germetichnost')
「圧力を均等にする」(vyravnivat' davlenie)
「ハンドルを保持する」(удерживать ручку - uderjat' ruchku)

次に100ページ以上ある宇宙飛行士が学ぶロシア語の宇宙管制用語からその一部を紹介
「減速しなさい」(замедляйся - zamedlyaisya)
「加速しなさい」(ускоряйся - uskoryaisya)
「…のモードに移行しなさい」(переходите в такой-то режим - perehodite v ... rejim)
「スピードを落としなさい」(гасите скорость - gasite skorost')
「シグナルを発信しなさい」(выдайте сигнал - vydaite signal)
「現在の燃料消費をコントロールしなさい」(контролируйте текущий расход топлива - kontroliruite tekuschii rashod topliva)
「ブレーキをかけなさい」(тормозите - tormozite)
「軌道離脱噴射しなさい」(выдайте тормозной импульс - vydaite tormoznoi impul's)

これ以外にもどんな言い回しがあるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2014

ロゴジンは今後の宇宙政策の主要課題を定義した

たまには宇宙・ロシアネタとして、ノーボスチ通信に掲載されたロゴジン副首相のインタビューについて訳してみた。なお、著作権的配慮(と言うか単に語学力の問題)で訳は必ずしもロシア語原文通りではありません。

(以下、翻訳記事)
ロゴジンは今後の宇宙政策の主要課題を定義した。

モスクワ発3/7のノーボスチ通信の記事より。
ロゴジン副首相は金曜日に行われていたロスコスモス(ロシア連邦宇宙局)の役員会で、ロスコスモスの2016年から2025年の主要な課題は、2040年までに宇宙技術を発展させるための基金に対する支出を増加させ、ロスコスモスと防衛庁および民間パートナーとの協力を深める必要があると述べた。
その中でも特に注意すべきことは2016年から25年までの予算は連邦宇宙プログラムの形成の為に払うべきであると述べ継続的発展の為に予算配分の重要性を強調した。
ロゴジンが特に強調したのは、今後数年間でロシアは地球近傍空間の成果を得るためにロケットの近代的な運用手段が不可欠になり、それは近年および2020年、30年、40年のニーズに応じたもので無くてはならないと述べ、また宇宙分野での国際協力の重要性を強調した。
「私達はもはや(宇宙分野における)国際レベルでの遅れを許容することは出来ない」とロゴジンは述べ、この問題では延滞は認められない事を指摘し、業界に対する技術的基金の作成を考えていると語った。
副首相に同席したロスコスモスと国防省は次世代ロケットは軍民ディアルユースに使えるもので、どのようなペイロード量と軌道であるかについて議論する必要があると語った。また開発の為に防衛庁と共に真剣に取り組むと述べた。
またロスコスモスは宇宙プログラムについては「閉じる」べきではないと述べ、特に公共・民間のパートナーシップの発展に注意を払うべきであると述べた。
なお、もう一つの側面として外部資金の調達は国際宇宙市場における役割とも結びついている。恥ずかしい事に国際市場での取引におけるロシアのシェアは3%に過ぎない

(注)とロゴジンは述べている。
注:全世界の打ち上げの40%、製造される衛星の20%を占める巨大な産業基盤がありながら、国際市場での取引におけるシェアは3%に過ぎない。

原文:Рогозин определил основные задачи космонавтики на ближайшие годы

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧