54 posts categorized "軍事"

February 05, 2017

SM3ブロック2Aの能力は本当か

「防衛省は4日、日米で共同開発中の新型海上配備型ミサイル「SM3ブロック2A」について、米ハワイの太平洋ミサイル発射場で同日試験したと発表した。イージス艦から発射し、弾道ミサイルに模した標的を正常に迎撃した。今後、取得した試験データの詳細な解析を進める。

 同ミサイルは最高高度1千キロメートル超に対処でき、同300キロメートルにとどまる現行のSM3よりも迎撃能力が高まる。日本では2017年度に量産を開始し、19年度に配備する予定だ。」
新型迎撃ミサイル試験に成功 日米共同で

 2017/2/4に掲載されたこの記事だが気になったので少し検証してみた。気になった点はこのミサイルの交戦可能高度である。記事では1000kmとあるが、複数の情報によればその倍以上あると言うのだ。高度2000kmと言えば国際宇宙ステーションの軌道(高度約415km)はおろか衛星電話用の衛星(イリジウム衛星で高度780km)にさえ到達する。つまりSM3ブロック2Aはちょっとした衛星打ち上げロケット並の能力をもつと言う事になる(注:ただしロケットの到達高度と衛星投入高度はイコールではないので、これは正確な比較ではない)。
 このまえ世界最小の衛星打ち上げロケットと話題になった日本のSS-520は本来高空観測ロケットで、その到達高度は1000kmなので少なくともそれ以上の能力はある訳だ。
 通常の弾道ミサイルの最高高度は約1000kmなのでそれ以上の到達高度はオーバースペックのように見える。ただしロフテッド軌道と呼ばれる通常よりも高い高度を通る場合は1000km以上に達する事もあるので、交戦可能高度が1000km以上あっても不自然という訳ではない。2000kmもあればおそらくほぼ全ての弾道ミサイルの最高高度よりも高いので、逆に言えば全ての弾道ミサイルを最高高度でも迎撃可能なスペックをもたせたと考えることも出来る。
 だが本当にそんな能力を持たせているのだろうか? 日米ともに衛星打ち上げロケット保有国なので別に高度2000kmに到達する弾道ミサイル迎撃ミサイルを開発することは不可能なことではない。だがそれにしても本当にそれだけのスペックが必要なケースが現実にどれだけあるかと考えるとSM3ブロック2Aの能力はオーバースペックのように見えるのだ。もしかしたら交戦可能高度はこれよりもずっと高くSM3ブロック2Aの真の目的は相手のGPSに当たる位置情報サービス衛星を破壊すことを見据えているのかも知れない。(とは言えその場合は高度20200kmまで到達する必要がある)
ただ弾道ミサイルが最高高度に到達する場所はこちらからは選べない、そうした点なども考慮するとロフテッド軌道の最高高度である高度2000kmを狙うならそこに到達する分のマージンを考えるとミサイルの到達高度は交戦可能高度よりも大きなマージンが必要なのを考慮するとGPS衛星軌道までとは言わないがおそらく到達限界高度自体はかなりの余裕があると考えてもおかしくはないだろう。

 こうして色々と検証して見るとSA3ブロック2Aの高度2000kmと言う値は全てのICBMを迎撃する点からはそれほど過大な数字ではないようだ。しかし従来のミサイルから見ると随分大きな数字に見える。過去のSDI計画ではないが弾道ミサイル迎撃を真面目に考えるとSFじみたスペックに見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2016

【報告】夏コミで宇宙の傑作機別冊「ソビエト・ロシアの固体燃料式ICBM」を出しました

Cpmfgb9viaavnimjpglarge

 今年も同人誌ながら商業誌レベルの内容と執筆陣の本を出している風虎通信より、再び本を出させて戴けることになったので、「ソビエト・ロシアの固体燃料式ICBM RT-1からTopol-Mまで」を頒布致しました。ソ連、ロシアにおける固体燃料ロケット開発史と構造、核戦略システムを包括した盛りだくさんの内容になります。
 実はTwitterでちゃんと宣伝したものの、Twitterでは検索エンジンに引っかからないのか、後で探すと全くHitしなかったので忘備録として記載します。そんな訳で既に入手困難ですがもし再販等で入手可能になったら再度告知する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2015

横浜大桟橋で一般公開された「いづも」を見に行く

Img_1

Img_2

Img_3

Img_4

Img_5_2
ファランクス艦艇用近接防御火器システム

Img_6

いづも後部飛行甲板パノラマ(クリックすると別画面が開きます)

Img_7

Img_8
SH-60J

Img_9

Img_10

Img_11
厳重に密閉されているがこれは防水のため。なお中は倉庫。

Img_12

Img_13
人が出入りする扉。一見物々しいが横に見える長いレバー一つで周りの留め金が連動して開く

Img_14

Img_15
RAMミサイル

Img_1857
いづもを見学した後は、近くでやっていたよこはま国際フェスタに行ってきた

Img_1853

Img_1855

 三連休の合間に観艦式に参加するために横浜大桟橋に寄港した護衛艦いづもの一般公開に行ってきた。これまでロシア軍の兵器は何故か色々見てきたものの、よく考えたら自衛隊特に海上自衛隊の船を近くで見たことは一度も無かったので、せっかく近くに来ているなら一度見てみたいと思ったのである。それにしても博物館においてある動いていないものと違って現役で動いている巨大な船に乗るのは感慨深い。ありきたりな感想だがとにかく大きくて船というよりは何か巨大な建築物を見ているような感じである。しかも停泊していると言うのもあるのだろうが、甲板に登ってもその巨大さと微動だにしない安定感もあって船に乗った気がしない。あとミリタリーイベントと言うとちょっと敷居が高い感じがあるかもしれないが、何度も公開されて客層のマニア度が下がったせいか(笑)良い意味で普通のイベント風なので普通の人にもお勧めだと思う。実際来ていた人も三連休で横浜に来てたまたま見かけた感じの家族連れも多くて面白かった。
 翌日には横須賀で米空母「ロナルド・レーガン」が一般公開されていてこちらも大人気だったそうだが、とにかくすさまじい行列で、こちらは相当行き慣れた人ではないと見ることすら出来なかったのでは無いだろうか。何でも公開後1時間足らずで入場制限がかかってその日の受付を終了してしまった位なのだ。
 いづもを見終わるとちょうどお昼ぐらいだったので、たまたま近くでやっていたよこはま国際フェスタで昼食を食べて一休みする。最初はちょっとしたイベントかと思って手近な屋台で済ましてしまったが、実は十数カ国の本格的な屋台料理屋さんが出ていて、この手の各国の外国料理が食べられることで有名な東京外国語大学の外語祭に勝るとも劣らない規模だった。最初から知っていればもっと胃袋と時間を調整して色々と食べ歩いたのだが勿体無いことをしてしまった。しょうがないのでお土産にグルジアワインを調達して帰路につくのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2010

「ソ連/ロシア巡洋艦建造史」を購入した

 雑誌「世界の艦船」別冊のアンドレイ・V・ポルトフ氏の「ソ連/ロシア巡洋艦建造史」を購入した。
その手のものが好きな人以外には興味が無いとは思うが、いくつか万人受けしそうな面白そうなところと興味深い部分を上げてみたい。

 ソ連末期に作られたスラヴァ級はアメリカの空母艦隊の防空圏の外から核弾頭付き対艦ミサイルを撃ち込んでそれを無力化すると言う方針で作られたミサイル巡洋艦だが、恐ろしく強力な攻撃力を備え(何せ通常弾頭でも戦艦大和を一発で沈められるミサイルや魚雷を山のように搭載しているのだ)かつ巨大なサイズを誇る巡洋艦である。
だが大きくなると建造費もかかるし維持運用するのにも膨大な手間と金がかかってしまう。そんな訳で巨大兵器というのは得てして歓迎されない物なのだ。
 ところがとにかくソ連・ロシアの軍艦は巨大兵器が多かった。これには様々な理由があるが、最大の理由は軍部が技術上の問題を無視した要求に答えるため、設計官や製造者が勝手に重量やサイズを拡大したために大きくなったと言う事情がある。
ところが現場の開発者達がこうした無茶な要求で困ったかと言えばどうもそんな事は無いらしい。彼らは冷戦時に軍事費が聖域化されて自由に予算が使えるのを良い事に嬉々としてこれらの巨大兵器を作り、また軍やそれに関わる軍事産業の人間もこれで予算が増える事もあり、皆大いに喜んでいたという。
この下りがどうにもマッドサイエンティスト的だと思ってしまう。


 ところでスラヴァ級に搭載された巨大対艦ミサイルだが射程1000kmにも及ぶ為、誘導には偵察衛星・偵察機・レーダー基地などを含むウスペク型(後にレジェンダ型)と呼ばれる総合誘導システムが必要な実に大がかりなものだった。ミサイルを使うために地球全域に及ぶ衛星網が構築され、常にアメリカの空母艦隊の位置が監視され、いざと言うときはその情報を元にはるか遠方からミサイルが誘導されるのである。
 こうして書くと実に大がかりなシステムに見えるし、事実ソ連崩壊の一因はこうした巨大なインフラの維持費にもあるのだが、実は今や軍に限らず多くのインフラはこうした地球規模の大がかりな物になっているのを知ってるだろうか。
 一番象徴的なのは携帯電話で、今や多くの機種に搭載されているGPSは地球全域を取り囲む30個あまりもの衛星を使って位置を割り出し、通話やネットも海底ケーブルや衛星網を使って行われる。いまや我々の日常生活は冷戦時代の米ソもかくやという地球規模の大がかりなシステムに寄って支えられているのが現状だ。
 旧ソ連はこうしたインフラを結局は維持しきれなかったが、果たして我々の生活を支えるインフラは維持しきれるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2010

自動化される戦争

 最近、仕事が忙しいのとtwitterにすっかりはまってBlogの更新が滞っている。
とりあえず生存報告を兼ねて小ネタなど。


 今月の日経サイエンスでロボット兵器の小特集記事が載っていた。軍事雑誌と違うので主に現状分析や背景などが中心で、兵器の解説はあまりないが興味深い分析があった。それは今の戦争は米軍を中心に遠隔化・無人化などに加え自動化がますます進んでいるが、それは兵器がますます高速化し人間の反射神経が追いつかなくなっている為でもあるという。つまりステルス化などで発見が難しくなり、しかも兵器自体のスピードも弾やミサイルのスピードも速くなっているので、戦闘が始まってわずか数秒足らずで決着が付いてしまうようになりつつあり、それに対抗するためにコンピューターが人間に替わって攻撃するようになっているというのである。
 確かに近代兵器の大半は敵の発見から照準まで自動的に行い、人間がやるのは引き金を引くだけになりつつある。記事によると突然の攻撃に対する反撃などはもはや引き金さえ人間が引く必要は無いという。確かに突然ミサイルが飛んできたときに人間が判断する時間はないに等しい。こうしたときにコンピューターが人間に替わって自動的にミサイルを迎撃する事が必要とされているのだろう。
 将来、レーザー兵器などが実用化されれば判断する時間はさらに短くなってくる。また今の無人戦闘機のように何百kmも離れた場所から兵器をコントロールするようになれば、どうしてもタイムラグは避けられない。
 将来は地球との交信に何時間もかかる惑星探査機のように、各種兵器にも高度なAIが搭載され人間に替わって判断までするようになるのだろう。
 しかしどんなに完璧を期してもプログラムで想定していない事態はいつか必ず発生する。その時に兵器の進歩で戦闘がわずか数秒で決するようになっていれば人間のフォローは間に合わず、被害は瞬く間に広がってしまうだろう。
 分野は違うが似たような事態は既に経済分野で起きている。シティバンクのトレーダーが「ミリオン」(100万)単位で注文を出そうとした際、誤って「ビリオン」(10億)と打ち込んだ事が原因(ただしまだ未確定)でNYダウ平均株価が一時1000ドル近く下落した事件があったが、これは自動売買システムがこの価格変動に対応して大量の売り注文を出したことが背景にあるという。
 経済分野では被害はまだ金銭的な範囲でとどまるが、軍事分野で同じ事が起これば被害は直接人命に関わることになる。果たしてその時が来るのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2010

ロシアネタのリンク覚え書き

たまたまTwitterでソ連の怪物航空艇「エクラノプラン」の話題で盛り上がっていたので、そこで出てきたリンクをメモ。

Экраноплан "Лунь" проект 903

 おまけ、ロシア語のエクラノプランの写真を紹介しているサイト。凄い量の写真がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

マニアックな防備録(ロシア潜水艦編)

解体が決まった世界最大を誇るロシアの潜水艦「タイフーン級原子力潜水艦」の公開写真(らばQ)
題名通り。何でも期間限定で一般公開されているそうなので好事家の方はどうぞ(と言うか私自身行ってみたい)。

Подземная база подводных лодок, часть(地下潜水艦基地)
使われなくなった地下潜水艦基地。ここも一般公開されている。

 そういえば、ソ連崩壊後外貨を稼ぐためこれまで秘密のベースに包まれた軍や宇宙開発センターが外国人にも公開され、それを目当てにした怪しげなツアーがいろいろあったものだが、それらはどうなってしまったのだろう。最近はとんと聞かないが、まだまだこうした面白そうな(怪しげな)ところがあるのだからぜひともいろいろ企画して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2009

北朝鮮の「ミサイル」に関してあまりにデマが多いので書いておく

 あまり気が進まないが、あまりにニュースの報道などを見るとデマをあおっているとしか思えないものが多いので、北朝鮮のミサイルこと人工衛星打ち上げに関して書いてみたい。


 まずこれがミサイルか人工衛星かと言う議論は実はあまり意味がない。弾頭に何を入れるかの違いだからだ(注1)。とはいえ手続き的には今回の「衛星打ち上げ」はこれまでの国際慣習に従った正当な手続きに沿っている事も留意しなくてはならない。打ち上げ予定日を告知し、あらかじめ近隣諸国に通達もしているからだ。従って日本以外の国ではほとんど「衛星打ち上げ」と報道しているのである。

 次に問題なのはこの衛星打ち上げに関してどの程度の危険性があるかと言うことだ。ニュースなどを見るとこれを将来の弾道ミサイル開発などと結びつけたりして、まるで今すぐに日本にミサイルが飛んでくるような印象を広めているが、はっきり言って今回の打ち上げは現実の脅威はほとんど無い。まずここまで公式に衛星打ち上げとして手続きを進めている以上、ミサイルとして日本に向けて発射する筈もなく、また仮に何らかの理由で日本に向かったとしても今回のロケットが衛星打ち上げようになっていれば、ペイロードは100kg強に過ぎないからだ(注2)。
なお100kgというとたいへんな重量に思えるかも知れないが、ミサイルの弾頭として見れば非常に小さいものであり、殺傷力はほとんど期待できないものである。

 そして最後の問題は今回これに対応して行われるミサイル迎撃システムの運用についてである。これも報道ではこれを口実に運用規模と予算を拡大しようとする側と、反対に中止もしくは縮小につなげたい側で様々な宣伝が行われているせいで、かえって一般の国民には実情が判らない状況になっている。
結論から書けば、今回の迎撃システムの運用は気休めに過ぎないものだ。それは北が人工衛星として打ち上げる限り、ロケットのコースはミサイルが届かない高度を中心に飛ぶものになり、迎撃するチャンスはほとんど無いからである。また仮に事故や何かで日本に落ちてくる時は、(通常のミサイルと異なる軌道をとる為に)既に手遅れになる可能性が高い上、第2防衛網であるPAC3ミサイルの迎撃範囲は半径十数キロ程度しかなく、命中して破壊しても鉄の破片が大量に落ちてくる可能性があるからだ。
とはいえこの場合でも、被害が出る可能性は低いだろう。直撃でも受けない限り周囲を破壊する能力は無い上に、発表されている軌道から見て居住地域に落ちる可能性はほとんど無いからである。


 最後にまとめるならこう言えるだろう。全ての問題に共通するように何事も絶対というものは存在しない以上、今回の打ち上げのリスクは確かに存在する。しかしその被害を完璧に防ぐことはあり得ないし、完璧を期せば帰すほどかかる費用は膨大なものになってしまう。後は起こりうるリスクに対しどこまで手間と金をかけるべきかと言うことだ。
 そうした点ではマスコミはいたずらに危機を煽るのではなく、リスクを見極めて対策にかけるコストを判断できるよう正確な情報をあげるべきだと言えるだろう。


注1:ただし日本のICBM開発の可能性について検証したときに書いたように、ミサイル向けのロケットと衛星打ち上げ用のロケットでは求められるものが異なり、簡単に弾頭を入れ替えれば済むというものではない。

注2:この100kg強と言う数字は今回の北朝鮮のロケットに準じた構造を持つ、イランの衛星打ち上げ用ロケットから推測したものである。北朝鮮とイランはミサイル開発に関しては技術交流を深めていると言われており、ともに旧ソ連のスカッドミサイルを祖先に持つロケットを開発している。


4/2追記:宇宙開発関係でいつも優れた記事を書いている松浦晋也氏がnikkei BPnetに記事を書いているのを発見した。私の適当な解説より遙かに優れた分析を行っているので、ぜひそちらも読んで欲しい。
近づく「テポドン2」打ち上げ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2008

書評:日本に足りない軍事力

41sxshbyhxl_sl160_aa115_
日本に足りない軍事力

 どのジャンルにも限らずマニアと言うのは口うるさい人種である。逆にそのマニア達からも尊敬を集め、かつTVなどで一般向けの解説までも出来るならその人は専門家としても一流に違いない。
 本書の著者の江畑謙介氏は軍事と言うジャンルにおいてまさにそれが当てはまる一流の専門家である。この本の中ではその著者の視点から、自衛隊における現状の能力で出来ること、出来ないこと、さらにはその原因や解決方法までもが書かれている。その内容は非の打ち所が無く、何故このアドバイスに従ってすぐに改善できないのかと思う程だ。とはいえ庶民と無縁に感じられる「軍事」と言うジャンルでも、いやそうしたジャンルだからこそ、議会や法律の承認が必要だ。本書を読めば判るが自衛隊の問題点のいくつかは現状の憲法や法律が現時点の国際情勢に既に対応できない事から生じている。またどうするかの選択肢も結局は我々が選ばなくてはならない。そうした点からも日頃、軍事に全く興味の無い人でも本書は読んで欲しい一冊だ。
 また逆に日頃勇ましい事を言っている人々も、ぜひこれを読んで本当にそれが出来るのか、またどうしてそれが出来ないのかを知って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2008

ウラジオストックのミリタリーショップ

 前回の旅行では見落としたが、やはりウラジオストックはロシア極東艦隊の司令部があるだけあって、海兵隊御用達のミリタリーショップがあったらしい。もちろん品揃えも軍の制服やバッジや身の回りの日常品を扱っているのは言うまでもないだろう。
 しかもロシアらしい(笑)アバウトさで見るからに関係ない日本人でも何ら問題なく買い物が出来ると言う報告もあがっている。ロシア軍関係のミリタリー製品は日本ではマニアがいるにもかかわらずあまり入ってこない事もあり、ヤフオクなどでは結構高値で売られている。
 そんなわけで次回行く機会があれば、こんどは必ず寄ってみていろいろ買い込みたいと思っている。

お店情報:ФЛОТСКИЙ УНИВЕРМАГ
住所:690000, Россия, г. Владивосток, Светланская ул., д.18
TEL:+7(4232)413003

そうそう書き忘れていたが、日本語はもとより英語も通じないので買い物にはロシア語は必須である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧